名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2011東北冬紀行5・いわき湯本温泉
DSCN9972_convert_20120311173631.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの5回目。今回は旅の話らしく温泉の話を。
 昨夜からの旅では、3時間ほどの仮眠以外は移動の連続。更にいわき市で約2km、広野町で約7km歩き、汗もかきましたので温泉に行くことにしました。いわき駅から1駅。湯本駅に到着です。
 湯本温泉は那須・有馬・道後・玉造と並んで日本三古泉の一つとして知られます。三古泉なのに5つもあるというのは、資料によって諸説あるためです。湯本は江戸と仙台を結ぶ浜街道の温泉宿駅として栄えました。この辺りは地層が断層で断絶し、温泉鉱脈が盆状構造となったために温泉が滞留し、滞留した温泉が断層の割れ目から地上に自然に湧出する構造だったそうです。この地域では自然湧出する場所を「湯壷」として整備し、自然の恵みを生活に活かしていたそうで江戸時代には53もの湯壷が存在したそうです。

DSCN9982_convert_20120311183606.jpg
 幕末から昭和40年代までの120年間は、この地域は本州最大の常磐炭田地帯として栄えました。石炭1トン掘るたびに温泉が20トンも湧いてくるため、お湯は捨てるほどあったわけです。ところが、中央資本による石炭産出の影響で温泉水脈の水位が下がり、遂に大正8年に一度湯本温泉の湯壺は枯渇。昭和17年までの21年間は温泉の出ない温泉街としての苦しい時代もあったそうです。
 戦後、エネルギー革命により昭和51年に常磐炭鉱は全面閉山。温泉会社が新たに掘った新源泉から毎分5トンもの膨大なお湯が湧き、現在の温泉街が形成されています。常磐ハワイアンセンター、現在のスパリゾートハワイアンは、いわき湯本温泉最大のリゾート施設として有名です。この施設は常磐炭田閉山後に造られた施設です。数年前、話題となった映画「フラガール」の舞台がこの湯本温泉です。常磐炭田閉山からのいわき市がどう地域振興を行うかを描いています。
DSCN9970_convert_20120311173214.jpg
 JR湯本駅前で待つ路線バス。いわき市をはじめ、福島県浜通り地方では新常磐交通というバス会社がバス路線を展開しています。
DSCN9971_convert_20120311173431.jpg
 側面の小さな「新」の字が印象的です。だったら、「旧」常磐交通はどうなったのかというと、多額の債務を抱えていたことから、2006年2月1日に子会社の「常交中小型自動車」へ営業譲渡。社名を「新常磐交通」に改称し、100%株主で東京のタクシー会社である「グリーンキャブ」の傘下となって、再出発しているバス会社だそうです。なお、グリーンキャブは長野県のバス会社千曲バスも傘下に入れているそうです。
DSCN9978_convert_20120311175327.jpg
 駅前の街並みを歩くと、温泉街独特の雰囲気があります。さすが、日本三古泉だけのことはあります。そして、温泉街を象徴する建物がこの「温泉神社」。
DSCN9977_convert_20120311173840.jpg
 この神社、平安末期に完成した「延喜式神名帳」という文書に「陸奥国磐城郡温泉神社」の記載があり、この神社は千年以上の歴史を持つ神社なのだそうです。
DSCN9979_convert_20120311175636.jpg
 今回のお風呂は地元の温泉銭湯「さはこの湯」に行きました。さはこの名は湯本温泉のかつての俗称「三函の湯」によるもの。今の施設は1995年オープン。火の見櫓を模した変わった建物だ。中は思ったより狭く、公営温泉らしい雰囲気。自動券売機で券を買い受付に出す。入場料220円! 浴室は岩風呂の「宝の湯」と檜風呂の「幸福の湯」があり、この日は宝の湯。
 よく室内は程良い硫黄臭。含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉、源泉の泉温59.7℃の源泉かけ流し。WEB上では「湯が熱い」というレポートが多いが、時期的なモノもあってか適温。大浴槽が中央にあり、それに続く小浴槽が左手にある。右手にも2人程度の熱湯の浴槽がある。天井はやや低く湯気が籠り結構暑い。湯はさらりとしており、ヌルヌル感は無い。カランの湯まで温泉なのは、湧出量の多い証拠。さすが湯本温泉。
 滞在時間は夕方の40分ほどでしたが、その後も湯冷めせずに夜まで体を温めることができました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1059-0970fc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)