名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011冬・東北行軍ダイジェスト2
DSCN0051_convert_20120311185407.jpg
 12月27~30日に行きました東北の旅2日目のダイジェスト報告です。
 12月29日はいよいよ今回の旅本番となる、三陸地方の街を巡ることにしました。本当はJRの鉄道線が不通になっているため、列車代行バスを乗り継ぐ予定だったのですが、JR気仙沼線代行バスのダイヤグラムがあまりにも厳しく、気仙沼方面へ乗り継ぎ旅を行うためには土日祝日ダイヤの日に不通区間の起点となる柳津駅8:05のバスに乗らねばならず、逆算すると仙台駅を6:00の始発に乗らねばならないことが判明。更にJR東日本のお客様センターに電話したところ、気仙沼線と大船渡線の代行バスには青春18きっぷが利用できないことが判明。散々考えた上、仙台からレンタカーで現地入りすることにしました。
 今回は楽天市場から予約。ポイント還元10%でスタッドレスタイヤ標準装備だったので、久々にニッポンレンタカーを利用、三菱のekワゴンで580km爆走しました(画像は仙台空港にて撮影)。
DSCN0023_convert_20120311185526.jpg
 まず出かけたのが、仙台市若林区荒浜。同じ仙台市内、一番町や国分町など繁華街から10㎞も離れていないというのに、仙台都心部の喧騒がまるで嘘の様な空間が広がっていました。街が完全に消えてしまっていました。普段はここまで来ているバスも2㎞手前までしか来ない惨状。つまり、荒浜には現在住んでいる人がいないということです。普段は仙台市内唯一の海水浴場として、特に夏場は賑わっていたそうです。その砂浜には震災の時は津波の犠牲者が何百人も流れついていたそうです。供養塔に手を合わせる人が絶えず、私も手を合わせずにはいられませんでした。
DSCN0041_convert_20120311185716.jpg
 次に訪れたのが仙台空港。ここも震災の時は津波で飛行機やクルマが次々と流されていくシーンをテレビで見たのを覚えています。近くの郵便局窓口氏の話では、津波で2m近くの高さまで水没したそうです。
DSCN0055_convert_20120311190146.jpg
 国道6号線のバイパスとなる自動車専用道路「仙台東部道路」から石巻を目指します。この道路、自動車専用道路なので高速道路の様な規格なんですが、地震の影響でしょうか段差が非常に多いのが印象に残りました。震災の時はこの道路が高架式であったため防波堤となり、仙台市若林区や名取市は津波被害を大幅に軽減したそうです。NHKスペシャルで避難者がクルマで一斉に逃げだしたところ渋滞が発生し、津波の襲来でクルマを放棄してこの道路の高架へよじ登って難を逃れた方の映像を見ました。
 沿岸沿いの県道10号線が工事車両優先で一般車の通行ができなかったので、名取市閖上を時間の都合でカット。非常に悔しい思いをしました。
DSCN0065_convert_20120311190844.jpg
 仙台東部道路は、国道45号線の自動車専用道路「三陸自動車道」に名前を変えます。
DSCN0076_convert_20120311190954.jpg
 三陸自動車道は片側1車線の道路ですが、交通量は多めでした。
DSCN0082_convert_20120311191152.jpg
 その最大の理由がこれ。東北地区ではETC利用者の高速道路・有料道路の通行料金が無料だったからです。
DSCN0088_convert_20120311192535.jpg
 日本三景の1つ松島。震災の津波は松島湾の島が防波堤となって、1mほどの冠水で済んだそうで、早い段階で観光地として復興したのですが、風評被害で深刻なダメージを負っていたそうです。
DSCN0097_convert_20120311192706.jpg
 松島が最小限の被害で済んだ分、松島湾の沿岸地域の被害は逆に深刻でした。松島が平常を取り戻しつつあるなか、隣接する東松島市内の津波被害は深刻なものでした。JR仙石線の野蒜駅付近は被害が深刻で、鉄道復旧には相当な時間がかかる模様です。
DSCN0132_convert_20120311192845.jpg
 石巻市内で渋滞に巻き込まれながらも、市内の被害状況に言葉を失いました。中央のタンクはモニュメントではありません。油のタンクで津波で流されてきたものだそうです。本当は女川町も行きたかったのですが、時間の都合で今回はカット。本当に惜しい思いをしました。
DSCN0169_convert_20120311202004.jpg
 南三陸町志津川、防災総合庁舎。防災とな何かを考えさせられる象徴的な建物となってしまいました。志津川の街は本当に壊滅していました。防災庁舎では南三陸町の職員が地震の危険を顧みず、最後の最後まで町民に対して防災無線で避難を呼び掛けていたそうで、本当に心が痛みました。花が供えられており、私も手を合わせてきました。
DSCN0222_convert_20120311201550.jpg
 東北の冬は日没の速さが象徴的で、16:30には既に真っ暗でした。ここまで来て、旅の目的地・陸前高田市いある奇跡の一本松を見ず名古屋へ帰ることなんてできない。相当の出血を覚悟でレンタカーの返却延長を決める。
 夜の気仙沼駅では、一関方面からの列車から降りてきた乗客が家族の送迎するクルマで家路に向かう姿が目立ちました。そのクルマに岩手ナンバーのクルマの多いこと。その理由は陸前高田方面へのバスは1日2往復しかないためです。仙台や盛岡からは1日に何本もバスがやってくるのに、隣接地域へのバスの運転本数が少ない矛盾。理解に苦しみました。
DSCN0231_convert_20120311201713.jpg
 翌日の予習を兼ねて、陸前高田市と大船渡市へドライブ。途中の陸前高田市は建物も街灯も一切無い、完全な暗黒の夜でした。震災の夜、被災者の方はさぞ寂しく寒さの中で救援を待っていたのかというのを、何となくわかった気がしました(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1062-6cbb4280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。