名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市議会議長にしがみつく見苦しさ
DSCN9860_convert_20120314000750.jpg
 減税日本によって市議会の流れをひっくり返したはずの名古屋市議会ですが、ひっくり返すどころか混乱と紛糾を繰り返す惨状で、逆に悲惨な状況になっているようです。これまで何度も起きているので、市会を見ている方には「またですか?」って感じなのですが、今回だけはさすがにひど過ぎるので取り上げます。
 名古屋市議会は議員の任期が4年ではあるものの、慣例として議長は1年で交代することになっているそうです。ところが、現在議長を務めている減税日本の中村孝太郎市議が交代を拒否し議会を紛糾させているそうです(画像は中日新聞2012年3月13日夕刊より)。
 しかも、その理由が

「慣例を打ち破りたい」
という漠然として具体性の無い独善的理由。要は「市議会議長に居座りたい」というだけ。公人として市議会議員としての自覚のかけらも無い意識の低さに呆れるばかりです。議長に居座れば普段の議員活動をしなくても議長という理由で免除されるぐらいの発想ではないかと疑いたくなります。4年間議員バッチを握りしめ、年間800万円、4年間で3,200万円を確保しようと考えていたりして。これでは少し前まで年収1,600万円を得ていた旧市議会の連中と考えが同じです。
 DSCN9861_convert_20120314000843.jpg
 中村氏が名古屋市議会議長にしがみつく騒動を起こしたのは、今回が初めてではなく実は2度目です。
 昨年6月に議員辞職した則竹勅仁前団長の政務調査費の不明朗処理について「問題は無かった」と発言し、市議会議長を続投する意向を示したことから、野党側が早期辞任を求めて激しく反発し市議会が紛糾したことがありました。その際、減税日本が自民・公明・民主の各会派に9月議会までに辞任すると受け取れる発言をしたものの、会派の所属議員に伝えた9月に設定した理由が「(中村氏自身の)7月24日の同窓会に議長として出たい。辞任はそれ以降」という公私混同甚だしいデタラメな理由で、結局辞職せずに議長に居座り名古屋市民に大きな失望感を与えました(参考:2011年6月28日読売新聞)。要は同級生に議員バッチを見せびらかしたかっただけじゃないのかという、議員以前に人としてどうなのか疑問を感じる出来事でした。

 更に中村氏が公約とした議会報告会などの議会改革案は、未だ具体的に着手された様子が見られず、議長就任後に市政記者から「議長と呉服屋とどちらが大変か?」との質問に迷わず「呉服屋」と答えたこともあるそうで、正直なところ「ボランティア議員だから、議会以外では働かないということか?」と皮肉ってみたくなります。更に腹立たしいのは、中村氏が我らが昭和区選出であること。選挙事務所は自宅から歩いて10分ほどのところです。先回の選挙では別の候補に票を投じて正解でした。

 野党はもちろんのこと、減税日本からも交代の声を受けながらも居座りを決め込んだ中村氏。夕方のニュースによれば、中村氏は減税日本ナゴヤを脱会して議長職を続投、議会改革を続けていく意向を表明したとのこと。呆れてモノが言えません。
 本来、議長ならば各党の意見を集約し調整を図りながら、円滑に議会改革を進めていく調整役としての役割が求められるのですが、身内だった会派の声にも耳を傾けなかった中村氏は、自民党など野党はおろか減税日本の議員ですら信頼が全く得られない状況になったため、議長に居座る限り名古屋市会が混乱に陥ってしまうのは避けられない状況になってしまいました。課題山積なのに、またしても足踏みを続ける名古屋市議会。本当にレベルが低いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

名古屋は1年ですか。ウチの方は慣例で2年となっており、昨年議長及び副議長が交代しました。
【2012/03/19 06:18】 URL | 八楽 #ze7WGCEs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1063-1d1aab53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。