名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共交通の利用方法を学ぶ
 鉄道やバスなど公共交通機関の「利用方法が分からない」という人、身近なところにもたくさんいます。しかも、その障壁となっているのは何かを尋ねてみると、「電車の切符はどのようにして買うのか」「駅の自動改札はどう通過すればよいのか」「バスは前後どちらの扉から乗れば良いのか」「運賃を支払うのは乗る時か降りる時か」「ICカードはどう利用するのか」など、普段公共交通を利用している人にとっては考えられないレベルで引っかかっていることが分かります。また、「高校卒業以降、公共交通機関を利用したことが無い」など、公共交通機関との縁のない生活を送っている人も多く、これらの要因が公共交通の利用者が減少する要因の一つとも言われています。
DSCN0455_convert_20120812184758.jpg
 名鉄バスが愛知県東郷町で高齢者に対して「バスの乗り方教室」を開催したそうです(画像は2012年7月19日朝日新聞朝刊「名古屋」より)。今回は名鉄バスが東郷町内にバス路線を新規に開設したことから、沿線の高齢者を対象にバスの利用方法についてレクチャーする目的で行ったとのことです。公共交通事業者がバスを利用してもらうための取り組みを行うことは非常に良い傾向だと思います。なお、名鉄バスは9月に瀬戸市でも行うそうです。
 愛知県を中心にしてICカード「manaca」が普及して1年。名古屋市交通局では利用者が利用実績により貯まったポイントを還元しておらず、失効の危機にあるポイントが金額換算で億単位に上っていたことが少し前に明らかになりました。つまり、利用者サイドでは回数券などが無くなってしまったので、仕方ないからmanacaを使っている程度の認識にとどまっていることが多く、その利用方法については理解が進んでいないことがわかります。なかには「ポイント還元の方法が分からない」という人も多いと聞きます。その累積が億単位の還元ポイント失効を招き、利用サービスの提供が的確に行われない結果が「実質値上げ」などと誤った解釈につながり、公共交通離れを招きかねないわけです。
DSCN0573_convert_20120812202855.jpg
 三重県では、亀山市の小学生が実際に自分で切符を購入して鉄道の利用方法を学ぶ体験学習が行われたそうです(画像は2012年6月6日伊勢新聞より)。このイベントでは関西線関駅から津駅までJRを利用し、津駅で近鉄に乗り換えて松阪駅まで行く行程で、JRと近鉄とのシステムの違いを知りつつ鉄道の利用方法を学ぶ、なかなか手の込んだ内容だったようです。
 公共交通を利用することによって、社会のルールすなわち公共道徳を学ぶことができます。できるだけ早いうちからこのような教育を行うことによって、社会のルールを学ばせることは非常に大切なことだと思います。また、一人で切符を買って遠出ができた、この成功体験は子どもたちにとって大きな自信につながることでしょう。

 大人も子どもも、地域の公共交通の利用方法ぐらいは社会ルールや社会常識の一つとして、利用頻度の如何を問わず覚えておくべきです。また、交通事業者も利用して欲しいのなら、積極的に地域で「乗り方講座」などのイベントを行ったり、利用者の声に耳を傾けるべきです。双方の意見が乖離したまま歩み寄りがないから、公共交通において国や自治体の補助金を得て様々な社会実験を行っても、地域住民に周知が及ばない「笛吹けど踊らず」状態が各地で展開されているのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1064-6e59d46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。