名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2011東北冬紀行7・仙台市若林区荒浜
DSCN0006_convert_20120327015700.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの7回目。今回から宮城県内の模様をお届けします。画像が多くなります。また、震災被害の様子が多くなりますのでご注意ください。
 12月29日朝、仙台市内でレンタカーを借り、気仙沼方面に向けて出発です。まず向かったのは、津波で甚大な被害を受けた仙台市若林区荒浜です。
 仙台市中心部からクルマで走ること10分ほど。若林区に入ります。若林区は仙台市を構成する5つの区のうちの1つで人口は約13万人、面積は約50平方キロメートル。仙台市南東部に都心から太平洋までカバーする区で都心部・郊外部・工業地帯・田園部・海浜部と多彩な顔を持つ地域です。
 仙台市都心より海岸に向けて走り出しましたが、住宅街を走っていると街は何事も無かったように平穏としていますが、よく見ると電柱が傾いているのが分かります。これも地震の影響だったのでしょうか。
DSCN0010_convert_20120327015830.jpg
 国道4号線を過ぎると家もまばらになり、徐々に農村風景に入っていきます。非常に気になるバス停があったので撮影。この近くで仙台市を代表する河川「広瀬川」が名取川に合流しています。この先に高架の道路が見えてきます。国道6号線のバイパスである「仙台東部道路」です。この高架が防波堤の役割を果たし、津波の被害を防いだといわれています。
DSCN0016_convert_20120327015932.jpg
 高架脇には瓦礫が残っていました。地震発生後、このエリアでは避難する人のクルマが殺到し、仙台都心部へ向かう道路は軒並み大渋滞。更に停電してしまったので信号も機能せず、この辺りはパニック状態になったそうです。そして、津波が到達。間に合わないと思ったドライバーはクルマを道路に捨て、着の身着のままでこの土手を駆け上がり難を逃れた方がたくさんいました。その模様は「NHKスペシャル」でも放送されていたので、私も印象に残っていました。
DSCN0017_convert_20120327020206.jpg
 仙台東部道路を過ぎると風景は一変します。典型的な田園風景なのですが、道路両サイドの田んぼの土は黒ずんでおり、耕作の形跡がありません。仙台東部道路から海寄りの地域は、津波による塩害で耕作不能になってしまったわけです。また、海岸地域では地盤沈下もあり、マンホールが道路の真ん中で飛び出している所がいくつもありました。この近くでクルマのお腹を擦ってしまいました。屋根が破損しているところを見ると、5m近い大津波がこのエリアを襲ったとみられます。
DSCN0021_convert_20120327020515.jpg
 遠くに海岸の松林が見えると、荒浜地区に到着です。
DSCN0022_convert_20120327020925.jpg
 荒浜地区には海岸沿いに仙台港の工業地帯と仙台空港を結ぶ県道10号線が通じているため、大型トラックも進入できる立派なガソリンスタンド。ガソリンスタンドは災害発生時にも対応できるように頑丈な構造になっていると聞いたことがありますが、津波によって全壊していました。
DSCN0025_convert_20120327021257.jpg
 県道10号線を越えて海岸最前線の荒浜地区。言葉を失い、しばらく茫然と眺めていました。瓦礫は片付けられていましたが、住宅の基礎部分を残し津波に流されてた荒浜地区。基礎部分がこの辺りに集落があったことを教えてくれています。震災前に荒浜地区には800世帯・約2,700人の方が暮らしていたそうですが、電柱が無いところ、このエリアには住民が戻っていないということです。住宅を再建している様子もありませんでした(どうも、規制がかかって建設できないらしい)。
DSCN0024_convert_20120327021200.jpg
 荒浜小学校。学校の体育館は災害発生時に避難所となることが多いですが、津波によって体育館の上部が破損しています。津波で校舎2階まで冠水し、体育館は水没したそうです。この学校に避難した約500人の方は校舎の3階・4階・屋上に逃げ、自衛隊によって無事に救助されたそうです。海岸沿いでは体育館でも危険であるという判断が、荒浜地区住民の命を守ったと言えます。
DSCN0030_convert_20120327021457.jpg
 海岸に並ぶ松林も津波で流されてしまったようで歯抜けになっています。そんななか、松林の下で津波に耐えた小さな鳥居が印象に残りました。津波で犠牲になった方、さぞ無念だったことでしょう。そして、難を逃れた方も財産を失い大変かと思います。テレビで何度か見た荒浜の光景ですが、現地を実際に訪れて改めて感じた震災の爪痕。思わず涙が出てきました。
 この画像を撮影した場所の脇に供養塔が立っていました。ここへやってくる人が後を絶たず、私も手を合わせてきました。そして、海岸線に立ちます。
DSCN0027_convert_20120327021349.jpg
 荒浜地区深沼海岸。仙台市唯一の海水浴場として、夏場は賑わうのだそうです。
 私が荒浜地区を訪れることにした理由は、震災発生当初に「荒浜に200~300体の遺体が打ち上げられている」という、TVのニュース速報に飛び込んできた一報で記憶していたことからでした。「この地震の被害は甚大である」、直観的に思いました。そして、この速報は情報が錯綜するなかで、その後犠牲者が爆発的に増えていく前触れでもありました。
 この前日、夜に仙台市の繁華街である一番町や国分町を歩きました。夜11時過ぎでも賑わい続ける東北最大の繁華街の人通りは名古屋の栄以上で、これを見ているだけなら既に復興しているのではないかと錯覚してしまうところですが、同じ仙台市内でも都心からクルマで20~30分、直線距離で10㎞ほどのエリアでは、地域が壊滅し復興の目処も立っていない、このような風景が広がっていることを知っていただきたいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1067-435e00a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)