名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

多治見市「根本おでかけバス」1
DSCN9916_convert_20120327225919.jpg
 お久しぶりの乗り物レポートです。
 全国各地で運行されるようになったコミュニティバス。しかし、多くのコミュニティバスが赤字を税金で補助する慢性的な赤字体質から脱却できておらず運営難に苦しんでいます。一方、各地では公共交通を確保しようとコミュニティバスの運行実験が行われています。
 今回は1月24日に乗りに行きました、岐阜県多治見市根本地区で今年の1月10日より3月31日までの期間限定で運転されている「根本おでかけバス」の模様を2回に分けてお届けします。1回目は多治見市根本地区における公共交通の現状についてまとめます。
 多治見市は岐阜県の南東部にある人口11万人の街。東濃西部地方の拠点都市で、陶磁器の街としても有名ですが、名古屋へのベットタウンとして住宅団地が多いことでも知られます。1970年代から郊外の丘陵部に大小様々な住宅団地がタケノコのように各地で開発され、急激な人口増加と共に発展してきました。
DSCN9956_convert_20120329181547.jpg
 ところが、多治見市内の公共交通事情は非常にお粗末な状態で、市内にはJR(中央線と太多線)の駅が5つあるものの、多治見駅以外でのバス乗り換えという利用形態は現実的ではなく(というか、そういう選択肢自体が実質的に無い)、路線バスを利用するも東濃鉄道のバス路線が多治見駅に一極集中しているため、JRの駅から遠いエリアに暮らす方は、一旦多治見駅まで出ないとどこにも行けない構造になっています。
 JR多治見駅から郊外団地向けのバス路線もありますがカバーするのは大型団地の幹線道路沿いのみであるため、必ずしも利便性はよくありません。更に小さい団地は団地へ入る道路が狭く、団地が袋小路でバスが折り返すために適当な場所や道路も無いなどの事情でバスが乗り入れることができず、多くの住民がクルマが無いと生活できない状況です。
DSCN9989_convert_20120327225726.jpg
 もし、団地住民の高齢化によってクルマの運転が難しくなると、その住民は生活が成り立たなくなってしまう危険が潜んでいます。近年では団地在住者のなかには将来の生活を鑑み、名古屋市内への都心回帰を行う動きが始まっており、ベットタウンだった多治見市もその例外ではなくなっています。
 多治見市はこれまでも公共交通の改善を目的に、コミュニティバスを走らせる試みを行ってきました。まず、旧市街と新市街地を結ぶ路線と多治見駅から郊外の観光施設を結ぶ路線で構成する「ききょうバス」。次にJR古虎渓駅と市之倉の団地を結ぶ予約制のバス「古虎渓よぶくるバス」。これらの事例が既存路線バスがカバーしていない隙間を埋める一定の成果を示したことから、今回の「根本おでかけバス」の運行実験につながっています。(画像は2012年1月12日中日新聞「東濃」より)。
DSCN9913_convert_20120327230103.jpg
 「根本おでかけバス」の舞台となる根本地区は多治見市の北部に位置する、JR太多線根本駅を中心とするエリアです。根本駅の周辺には青色に塗られた郊外団地をはじめ、大小様々な団地が点在しています(画像はJR根本駅前の地域案内図)。しかし、JR根本駅にアクセスするバス路線は無く、JRを利用する場合は根本駅まで直接自転車で乗りつけるか、家族のクルマ又はタクシーで送迎してもらう形態が一般的です。
 このエリアのJR太多線より北側(画像では下の方)には多治見駅から「旭ヶ丘循環」という多治見駅前→明和団地→大森口→多治見駅前の順に右回りに走るバスと、多治見駅前→大森口→明和団地→多治見駅前の順に左回りに走るバスが終端部で循環するバス路線があり、これが各団地へのアクセスとして利用されていますが、道路事情や輸送効率などの観点もあって団地の細部までバス路線はカバーすることができないため、各団地を効率的に結ぶことに重点が置かれています。
DSCN9911_convert_20120329114621.jpg
 したがって、利用者ニーズに十分応えられないのが現状で、団地在住のバス利用者は自宅から坂を下り、最寄りのバス停まで10分程度かけて歩いてバスに乗るのが一般的です。行きは坂を下るので良いですが、帰りは登りとなりますので、買い物帰りなどの場合は負担が大きくなります。
 途中、「大森口」バス停がJR根本駅から200~300mほどの場所にありますが、バスが多治見駅へ直通することや乗り継ぎの手間と路線バスとJR太多線との接続が考慮されていないことから、ここで乗り継いで多治見駅へ向かう人は皆無で、流動の少ない可児・美濃太田方面へ行く人が稀にいる程度です。
 バス停ポールが軒先にある大森口バス停。一見さんでは発見が難しいバス停です。バス利用者の利便性より地権者の利益(駐車スペースの確保)が優先されている、公共交通としてはありえない姿です。
DSCN9964_convert_20120329181012.jpg
 更にこの「旭ヶ丘循環」線を追及すると、このバス路線には致命的な欠陥が多々見られます。
 まず、経路の問題。最短距離・最短経路でJR多治見駅北口に乗り入れず、わざわざ多治見市街地を渦巻き状に大回りし多治見駅前まで行く非効率な経路設定をしており、利用者には所要時間の増大と割高な運賃を支払う二重のデメリットを長年強いています。
 次に、市街地から団地エリアに入ると、たった1区で150円も跳ね上がる運賃設定(画像は多治見駅前バス停ポール掲載の運賃表)。終端部で循環となる路線の特徴で、どちらのバスの乗っても運賃が同じとするための合法的な設定なのでしょうが、遠回りさせられて更にこの運賃では利用者に見放されるバスになるのは自然な流れなわけです。東濃鉄道の無策ぶりが際立っているバス路線の一つです。
DSCN9907_convert_20120327230209.jpg
 そんな欠陥だらけのバス路線でも、1990年代は右回り左回り共に1時間に2本運行する多治見市内の幹線路線でした。しかし、不満や要望も多かったようで、東濃鉄道が多治見駅北口発着の名鉄緑台線を大型団地の明和団地・旭ヶ丘まで延長する短絡路線を開設すると、旭ヶ丘循環の利用者はそちらにシフトし幹線路線は一気に没落します。そりゃ、所要時間も半分以下に短縮され、多治見駅北口からの運賃も明和団地260円、旭ヶ丘290円ですから、それまでの旭ヶ丘循環線の運賃400円と比較するまでも無いわけです。
 一方、大型団地から外れた旭ヶ丘から根本地区寄りのエリアは救済・改善されることは無く、旭ヶ丘循環線はダイヤ改正の度に運転本数が減らしていき、いまや右回り左回り共に1日4本ずつの惨状。根本寄り地域の沿線住民の利便性は著しく落ち込み、クルマが無いと生活できない状況になっていました。
 また、北丘団地へは多治見駅から直通のバスがあるものの、最も近い根本駅には寄らず、お隣のJR小泉駅前から県病院(岐阜県立多治見病院)を経由する非常に遠回りな経路であるため運賃も割高となるので利用されず、1日3往復(土日祭日は2往復)しか運転本数の無い場末のバス路線となっています。

 多治見市根本地域の交通事情を長々とまとめてみました。地域内にコミュニティバスを走らせて地域の足を守ることができるのか、後半では「根本おでかけバス」に乗車して、その可能性を追ってみます(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1068-f43f0998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)