名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011東北冬紀行8・日本三景松島
DSCN0090_convert_20120330112421.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの8回目。今回は日本三景の一つ、松島の模様です。ここは松島湾に浮かぶ島々が防波堤代わりとなったものの、それでも1mほどの津波が襲い大きな被害を出したそうです。
 松島町民やボランティアの懸命な復旧作業の結果、被災後2ヶ月が経過した頃には観光客を再び迎える準備が整ったものの、被災地を含む東北地方全域への観光を自粛する動きが加速し、福島第一原発事故の影響もあって風評被害を受けてしまいました。売店の方にお話を聞くと、お客さんの数は例年の半分以下だったとか。街中には観光客の姿もありましたが、やはり少なかったです。でも、松島湾遊覧船も運航を再開し、松島湾ではカキ養殖も再開しているそうです。
 観光地・松島は復旧しています。ぜひ、遊びに行ってください。
DSCN0088_convert_20120311192535.jpg
 クルマを走らせ、山の上にある展望台へ向かいます。
「松島や、ああ松島や松島や。」
 天気はイマイチでしたが、良い景色です。これだけ見ていると、あの震災がウソのようです。
DSCN0086_convert_20120330112639.jpg
 しかし、震災の爪痕は展望台の真下に広がっていました。
DSCN0093_convert_20120330114409.jpg
 クルマを石巻方面に走らせます。すると、JR仙石線の列車代行バスのポールが。仙石線ではJR東日本によって列車代行バスが運行されており、乗車券や青春18きっぷでも利用可能です。では、この陸前富山駅の様子を見に行きますと、
DSCN0094_convert_20120330114546.jpg
 津波被害を受けているのがよく分かります(陸前富山駅から石巻方面を望む)。
DSCN0095_convert_20120330115052.jpg
 家屋の1階が破損しているところを見ると、2m近い津波が押し寄せたことが分かります(陸前富山駅から仙台方面を望む)。
DSCN0096_convert_20120330115417.jpg
 先ほど、松島は復旧したと述べました。しかし、それは観光地松島の一帯だけの話で、松島中心部から少し外れると津波被害の爪痕が随所で見られました(陸前富山駅から松島湾方面を望む)。
 では、松島湾の外側に位置するエリアはどうなっているのか、クルマを更に進めて東松島市内へ向かいます(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1070-d4cac742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。