名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多治見市「根本おでかけバス」2
DSCN9914_convert_20120329114823.jpg
 岐阜県多治見市での社会実験「根本おでかけバス」レポートの後編です。前編では多治見市根本地区における公共交通事情についてまとめてみました。後編では実際に「根本おでかけバス」に乗車して、沿線の状況を見てみたいと思います。
 根本地区の交通結節点となるJR根本駅。当然、ここも「根本おでかけバス」は通るのですが、ここを発着点とはしていません。その理由は画像をご覧頂くと分かる通り、駅前広場は自転車駐輪場とタクシー乗り場が既にあるために、新たにバスが立ち入るスペースが無いためです。
 そもそも、バス路線を考える場合、駅を発着点にする必要性があるかどうかについての考察をするべきです。田舎では既にクルマ社会です。同時に駅前商店街もシャッター通りや崩壊状態の街が増えています。田舎の街で増えているのは、郊外にショッピングセンターが開業するケース。でも、そこへ行くバスが無いために利用できないという症例が多いです。もし仮に駅経由でショッピングセンターまで路線を延長し、ショッピングセンターを発着点とすれば利便性が増し、利用者本位のバス路線となるわけです。
DSCN9917_convert_20120329124251.jpg
 根本おでかけバスでは、JR根本駅から徒歩5分ほどのところにスーパーの「バロー」根本店があるため、ここを発着点としています。根本地区で最も大きいスーパーですので、地域住民の日常的な依存度も高いはずですから、ここを発着点とすれば一定の利用需要が発生するはずです。
 ショッピングセンターに乗り入れるバス路線は、多くがもっと建物に近い位置にバス停を設けていますが、今回は期間限定の社会実験ですので、その点ではあまり突っ込まないことにします。田舎の人はよく歩くからという説もありますが、やはりもう少し店舗に近い方が理想的です。まぁ、バスが本格運用になってから変更しても遅くないと思います。利用者から要望も出るでしょうし、利便性が向上すればお店にもメリットが出るはずですし。
DSCN9918_convert_20120329124616.jpg
 「根本おでかけバス」は多治見市が東濃鉄道に運行を委託しています。バスは月曜日から金曜日までの9時から15時台まで、13時台を除く毎時1本・1日6便運行され、経路は「バロー根本店→北丘団地→バロー根本店→JR根本駅→明和団地→旭ヶ丘→松風台→JR根本駅→バロー根本店→北丘団地→バロー根本店」の順で一方通行に進みます。午前中は先に北丘団地へ寄ってから明和団地方面へ向かい、午後は先に明和団地方面に向かい北丘団地は最後に寄り道する具合で、時間帯によりバスが回る順番が異なりますが、基本経路は変わりません。
 では、バスに乗り込むことにします。客は私だけでしたので、しばらく運転士さんからお話を伺いました。初めは地元の方が興味本位で体験がてら乗りに来るケースが多く、1日60名近い利用があったそうですが、運行開始時の体験乗車が地元住民で一巡すると利用者数は激減し、私が乗車した1月下旬には1日平均30名程度で落ち着いてきたとのことでした。運行開始2週間で落ち着くというのは少し心細いのですが、このバスの性格上、根本地区で周知が完了するのに時間がかからなかったのかもしれません。
DSCN9922_convert_20120329124744.jpg
 「根本おでかけバス」運賃は1乗車200円均一、運賃後払い方式。300円の一日乗車券もあり、往復利用ならこちらの方がお得です。運賃は後払いで、ドア脇の料金箱へ下車時に入れます。
 ピーク時の利用者60名がすべて片道運賃を支払ったと仮定して、運賃収入が1日当たり12,000円。私が乗車した時期はこの半分です。ガソリン代が何とか捻出できるかのレベルで、採算ラインへのハードルを越えるレベルには至っていません。やはり、通勤通学客を利用者対象としない平日昼間限定という条件下では、運賃収入で運営経費を賄うのは難しいということは、ここでも例外ではないようです。
DSCN9923_convert_20120331232929.jpg
 私が乗車したのは15時台の終バスでしたので、まず明和団地へ向かいます。JR根本駅でオバチャン2人が乗車し、コテコテの東濃弁会話に耳を傾けます。オバチャン達は良い情報を提供してくれました。このバス、バロー根本店への買い物客需要を当て込んでいるのですが、昨年に名古屋の激安スーパー「タチヤ」がこのエリアからクルマで5分ほどのところ(多治見市希望ヶ丘)にオープンしたために、近隣スーパーの利用客も含め、こぞってタチヤに流れるようになり、地域住民の買い物動向が変わってしまったそうです。運転士氏も利用者数の伸び悩みについて、この影響を認める発言をしていました。タチヤは根本おでかけバスのエリアと離れた、クルマでないと行きにくいところにありますので一見無関係のように見えますが、週末に家族のクルマで出かけてまとめ買いを行い、平日の買い物動向に影響を及ぼしていると見ることはできるかと思います。
 バスは旧国道248号線(現在は県道83号線)を一旦南下します。昨年秋の集中豪雨被害が、3ヶ月以上だったこの時期でもまだ完全復旧していませんでした。昨年の集中豪雨では、この道路脇の川が氾濫し、近くで集団下校中の小学生が濁流に流されて犠牲となる事故もありました。正面奥に走る国道248号線高架橋のすぐ手前で脇道に入ります。
DSCN9927_convert_20120331233158.jpg
 明和町2丁目。マイクロバスの走行上は問題ないですが急勾配な道や対向車とのすれ違いが困難な地域が続出します。このエリアには有史以来初めて定期バスが乗り入れています。バスは小刻みに右に左に曲がります。明和町3丁目バス停を過ぎてすぐの下り坂はかなりの急坂で、「積雪時は相当慎重に運転しない突き当たりの民家に突っ込みかねない」と厳しいコメントの運転士氏。コミュニティバスにありがちな事情でもあります。
 新明公民館分館と新明公民館で一人ずつ乗車、バスは5人の乗客を乗せて進みます。明和町3丁目北から旭ヶ丘6丁目までは1km以上バス停がありません。この区間、明和団地や旭ヶ丘の団地から微妙に外れていますが、この2団地から医療機関やデイケアセンターのある東濃メディカルゾーンやJR根本駅方面への移動需要がどの程度あるかを見極めることができただけに惜しまれます。既存の東濃鉄道路線バスへの影響を考慮しているのかもしれませんが、旭ヶ丘循環の根本方面へのバスは1日4本で「おでかけバス」の運行時間帯で競合するのはうち2本。「おでかけバス」が同じ東濃鉄道の委託運行というのもありますが、同一車内で競合しないために利便性を敢えて下げることになったのは非常に残念なことです。
DSCN9908_convert_20120327230350.jpg
 バスは既存バス路線が乗り入れていない旭ヶ丘6丁目地内の超年代物の市営住宅や小さな団地をΩ状に細かく回ります。5人の乗客のうち、3名がこのエリアで下車。この辺りは短距離でも坂を上り下りすることから、バスの需要があることを証明しています。旭ヶ丘6丁目と同2丁目は東濃鉄道と同じ位置にバス停があり仲良く並んでいました。
DSCN9909_convert_20120327230306.jpg
 東濃メディカルゾーン。デイケアセンターや内科・外科・歯科・調剤薬局などが集まった地域の医療基地。ここもまた、おでかけバスの利用者需要を発掘する貴重な沿線施設です。ただ、このバスは一方通行であるため、すべての利用者が行き帰りのいずれかで大回りで時間がかかってしまう欠点があります。双方向にバスが走ればこの課題は楽に克服できますが、バスの採算性や運営予算を考えると「根本おでかけバス」の輸送レベルでは難しいのかもしれません。ただ、通院にタクシー乗るより安く行けるというのは、十分なPR条件であるかと思います。
DSCN9936_convert_20120331234717.jpg
 バスは脇道に入り、松風台団地へ向かいます。この団地も丘の上にあり、有史以来初めて定期バスが入ります。この団地住民は最寄りのバス停まで徒歩10分ほど、JR根本駅まで徒歩20分。バスがあれば利便性は飛躍的に向上するはずです。
DSCN9942_convert_20120331234959.jpg
 ここまでは大半の区間で、道を譲り・譲られながら進みます。既存の路線バスでは運行が難しいでしょうが、マイクロバスやリエッセやパンチョなど更に小さいバスなら十分対応できるはずです。
DSCN9944_convert_20120401003454.jpg
 一旦、JR根本駅・バロー根本店まで戻り、今度は北丘団地へ向かいます。根本からしばらく快走路が続くのですが…
DSCN9945_convert_20120401003555.jpg
 しばらく走ると道が狭くなります。北丘団地は多治見駅から直通のバスが1日数本走っているものの、10年程前に国道248号バイパスが付近に開通するまでは非常に不便なところでした。国道のバイパスが開通すると名古屋への直通高速バスも開業するも、肝心な根本駅や多治見駅への交通手段が非常に貧弱というアンバランスな状況が続いていた地域です。坂を登ると北丘団地に到着です。
DSCN9951_convert_20120401003657.jpg
 整然とした北丘団地。遥か向こうに旭ヶ丘の団地街が見えます。北丘団地を細かく回り、バロー根本店に到着。55分の根本地区小旅行は終了です。
 多治見市根本地区は既存バス路線の今後の改善が期待できず、クルマが無いと生活できない地域に転落する危機に瀕していました。今回、「根本おでかけバス」は、これまで路線バスが乗り入れていなかった地域住民へ制約条件がありながらもバス交通サービスの恩恵を体験し、地元住民の足を確保するにはどうすべきかを考える良い機会だったと思います。
 根本地域では「おでかけバス」の1日乗車券とJR太多線乗り継ぎを併用すると、多治見駅までの運賃は片道330円で行くことができ、既存の路線バス(400~430円)より17.5%以上安くなります。バスが自宅近くまでやってきて、しかも運賃が安くなれば、一石二鳥じゃないですか。地元住民の実態に合わないバス路線から、地元住民の実態に近い「おでかけバス」への移行という手も選択肢としてはアリだと思います。
 しかし、「おでかけバス」も課題は山積みです。如何にしてお上への公費補助依存から脱却し、バス事業を軌道に乗せるかは都市部のコミュニティバスでもなかなか達成できない厳しい課題です。また、利用者増加策として安易に通勤通学客も取り込もうと早朝夜間にもバスを走らせ、逆に経費が増大し赤字が拡大するケースもあるようです。
 ただ、地域の人口も減少し、平均年齢も上がり高齢者が増える一方です。そこで地域の公共交通をどうするかを地域で考える時期に来ています。なぜなら、将来クルマの運転が難しくなったときに、住み慣れた街に暮らし続けることが困難になる恐れがあるためです。したがって、今の家で今後も住み続けるためには、公共交通についても関心を持つ必要があるのです。
 今回の社会実験を踏まえて、根本地区の人々が「おでかけバス」を必要とするかどうか、よく話し合って自分達の街の将来像を描いて欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
Re: 多治見市「根本おでかけバス」
 大変詳細なレポートありがとうございます。サポートする立場として参考になりました。
 この実験運行は、国交省の補助(今年度のみ)によるため、1月10日から3月31日までを予定していました。その後、24年度も市が単費で続けることとなりましたが、その額と現状の利用者数で現ルートを運行すると秋頃までしか持たないため、地域と市とで協議の上、5月よりルート・ダイヤを変更するとともに、月水金の週3日運行になる予定です。

 以下はコメントです。

>「旭ヶ丘循環」線
>最短距離・最短経路でJR多治見駅北口に乗り入れず、わざわざ多治見市街地を渦巻き状に大回りし多治見駅前まで行く非効率な経路設定

 以前は多治見駅北口のバスのりばや周辺道路が整備されておらず、駅から遠いところに停留所がありましたので、北口のメリットは高くなかったのですが、今となっては不合理な感は否めません。しかし、住吉町・弁天町・宮前町1で無視できない人数の利用があり、なかなか北口発着に変更できないという事情があるそうです。これは緑ヶ丘線も同じで、桜ヶ丘からも旭ヶ丘からも、北口・南口両方に行ける路線にしている理由です。

>北丘団地へは多治見駅から直通のバスがあるものの、・・・非常に遠回りな経路であるため

 この路線は「旭ヶ丘=小泉線」という名の通り、昔は旭ヶ丘10丁目が終点でした。旭ヶ丘は1丁目から順に開発されましたし、光ヶ丘~高根町~大森口は家がありませんので、集落が連なる池田~小泉~根本を通って旭ヶ丘に入るという路線はそれなりに合理的でした。
 しかし、旭ヶ丘の人口が増え、旭ヶ丘循環線だけで成立するようになると、旭ヶ丘=小泉線が旭ヶ丘に行く必要がなくなり、その代わり後で開発された北丘団地に入った、という経緯です(ご案内のように、根本駅は旭ヶ丘側にあり、折り返しができないため経由できません)。県病院への流れはありますが、ごく少ない量です。抜本的に見直したいところですが、公的補助を出していない東鉄の自主路線ですから、口出しするのは難しい状況です。

>「バロー」根本店
>ショッピングセンターに乗り入れるバス路線は、多くがもっと建物に近い位置にバス停を設けていますが、今回は期間限定の社会実験ですので、その点ではあまり突っ込まないことにします。

 運行開始直前に、あそこに置けることが決まったという状況です。クルマとの交錯や駐車スペース・動線確保の問題など、スーパーに停留所を置くのも一苦労です。

>名古屋の激安スーパー「タチヤ」

 バローは根本にほど近い大針に本部がありますが、タチヤも本部は緑区神沢とはいえ、同じバローグループですからね・・・。

>明和町3丁目北から旭ヶ丘6丁目までは1km以上バス停がありません。

 競合もありますが、この地区が今回の運行実験に関わっていないためというのが最大の理由です。つまり、通らざるを得ないので通ったというスタンスです。もちろん、需要はあると思いますが、停留所を置くためには地元の協力も必要ですし、既得権も生じるので、ちょっと考える必要があります。結果的に、新ルートではここを通らなくなる予定です。

>東濃メディカルゾーン。

 現ルートですと行きづらいため、新ルートではどこからも往復利用できるように変更予定です。
 
>今回の社会実験を踏まえて、根本地区の人々が「おでかけバス」を必要とするかどうか、よく話し合って自分達の街の将来像を描いて欲しいものです。

 今回は、国交省の社会実験の予算が先につき、その場所として市が根本地区を選定し地元に話を向けたという経緯だったため、地域の盛り上がりが必ずしも十分でない面がありました。そこについては当方もいろいろ考え、盛り上げを図っているところです。今後、ルート・ダイヤの再検討や、協力体制構築について地元住民主体で取り組み、8月頃に再度変更を行うことが想定されております。
 当方も、根本の皆さんがこのチャンスを生かして、地域をどうしていくべきかをよく考える中で公共交通を支えていっていただけるようサポートするつもりです。先日、住民協議会に参加し、直接そのことを話したところです。
 今後ともぜひご意見をいただければ幸いです。では、失礼いたします。

【2012/04/03 23:42】 URL | Hirokazu Kato #ZPbuKh.w [ 編集]


素人考えですが、根本駅→松坂→旭ヶ丘→明和→根本駅のコースもありかなと思います。現行ルートだと明和→根本駅、根本駅→松坂が遠回りになってしまうもので…
【2012/04/05 20:27】 URL | 八楽 #ze7WGCEs [ 編集]

Re2:多治見市「根本おでかけバス」
>Hirokazu Katoさん
 こちらこそ、稚拙な文章にコメントありがとうございます。
 根本おでかけバスに乗って、未訪の団地群にも行くことができ見聞が広がりました。

>5月よりルート・ダイヤを変更するとともに、月水金の週3日運行になる予定です。
 継続は力なり、その継続が報われる改善に期待します。住民への浸透はもちろんですが、根本地区内の自治会クラスでの横の連帯がどの程度構築できるのかがカギになるかと思います。

>「旭ヶ丘循環」線
>住吉町・弁天町・宮前町1で無視できない人数の利用があり、
 久々利線の駅前発着も長年の疑問ですが、郊外からの流れでもあるのでしょうか。

>この路線は「旭ヶ丘=小泉線」という名の通り、昔は旭ヶ丘10丁目が終点でした。
 そうでしたね。根本駅前には東濃鉄道のバス停が残っていました。総合福祉センター行きバスの停留所に使われているようで。余談ですが「旭ヶ丘=小泉線」や「久々利線」など、バス路線名と運行実態が一致しない路線が増えていますね。

>バローは根本にほど近い大針に本部がありますが、タチヤも本部は緑区神沢とはいえ、
>同じバローグループですからね・・・。
 バローグループ内では業態の違いなどで住み分けはできているという判断なのでしょう。ただ、タチヤのインパクトに対してバロー根本店のそれが弱いのは否めないようで、買い物目的の利用客数に影響を与えそうですね。

 根本おでかけバスを軌道に乗せるためには既存の路線バスに退出していただき、旭ヶ丘方面や北丘団地から根本駅でJRに乗り換えて多治見駅へ向かう流れを構築することが必要ですが、これまで向いていなかったベクトルに向きを変えるのは結構大変な作業になるかと思います。ただ、短距離でも利用する需要があることも判明したわけで、根本地区の方々に地域の将来像を考えてもらいつつ、バスの果たす可能性を説き続けないといけないでしょうね。
【2012/04/13 03:19】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

巡回ルートバスのルート選定
>八楽さん
>素人考えですが、根本駅→松坂→旭ヶ丘→明和→根本駅のコースもありかなと
>思います。現行ルートだと明和→根本駅、根本駅→松坂が遠回りになってしまうもので…
 バス1台で1時間ヘッド運行のパターン化するには、相互方向運行ができなかった背景もあるのでしょう。一部区間の本数を減らすのも一考ですが、こういうバスは特に運転回数で差をつけると問題になりますから。

 私は根本駅から先に明和町へ行くのがポイントだと思います。明和町は必ずしも根本へのベクトルが強固な地域ではないからです。地図を見ていただくと分かるのですが、根本駅より小泉駅の方が近いのと、根本に特別強い集客力が無いため、根本から遠い明和町のベクトルは多治見市街地へ向きやすいです。
 仮に逆で先に松風台(松坂町)を経由し最後に明和町と回ると、お客さんは根本駅を出ると減る一方で、明和町を過ぎるとお客さんがいなくなる恐れがあります。お客さんが常時入れ替わるのが巡回ルートバスの理想像ですから、右回り・左回りを考えるに当たって、先に明和町を回れば旭ヶ丘でお客さんが入れ替わり、根本駅に向かう利用者の流れがでてきますから、このルートの方が利用実績を上げやすいと判断したのでしょう。
 このバス、メインは北丘団地~根本駅~旭ヶ丘の利用者を軸に考えた方が現実的といえます。加藤さんの情報によれば、相互方向運転についても検討されているそうですので、この問題はいずれ解消するでしょう。
【2012/04/13 03:55】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

Re3:多治見市「根本おでかけバス」
広堂様>
>久々利線の駅前発着も長年の疑問ですが、郊外からの流れでもあるのでしょうか。

 はるか昔、久々利線でD51レストラン「ちから」に行ったことを思い出しました。あ
の頃は本数が多く便利でした。
 小名田・高田から上野町3・宮前町1への利用が若干あるようです。高校通学や通
勤の利用です。若干と言っても常連なので侮れません。
 また、住吉町5交差点は特に南行が渋滞し、朝夕ラッシュ時は北口バス停周辺も渋
滞するので、虎渓山からまっすぐ多治見駅北口に行く経路は必ずしも速達性で優位と
ならず、定時性にも不安があります。加えて、北口は朝夕に乗降・待機スペースも足
りなくなるそうです。

 5月からの新しいルートは、バロー→旭ヶ丘6→バロー→ステーションパーク
→バロー→松風台→バロー→明和町2・3→バローを予定しております。
 東濃メディカルゾーンへのアクセスについては、旭ヶ丘方面と大森方面が分かれる
松坂町1に停留所を新設し、ステーションパークや明和から行きやすくするよう考え
られています。根本駅へのアクセスも早くなります。午前3回、午後2回の運行です。
 それにしても、根本駅も含め、太多線の駅前はインフラが貧弱で、整備する土地も
なくやっかいです。無意味にだだっ広い駅広は不要ですが、古虎渓ぐらいには整備さ
れていてほしいと思います。今度建設される根本市民センターも駅から中途半端に離
れています。駅直結ならいいのにと思うのですが。

 では、失礼いたします。
【2012/04/21 02:16】 URL | Hirokazu Kato #ZPbuKh.w [ 編集]

Re4:多治見市「根本おでかけバス」
>Hirokazu katoさん
 ありがとうございます。多治見市公式サイトより、根本おでかけバスのリニューアル概要を拝見しました。条件が少し厳しくなりましたが利便性は向上していますので、あとは地元の方に実績を叩き出してもらうしかないですね。あと、夏休み期間中どの程度利用者数の変動が出るのか、ちょっと気になります。
 実際に乗ってみての感想ですが、根本のケースでもマイクロバスの座席を埋める程の利用は無い気がします。輸送レベルとしてはワゴン(ジャンボタクシー)の方が良さそうな気がしますが、コストで考えると差は無いのでしょうか?
 可児市の「電話で予約バス」の前例を踏まえて、周辺自治体でコミュニティタクシーの検討が始まっているようですね。美濃加茂は導入、土岐市は断念と明暗分かれているようですが。ただ、タクシーで賄える程度の輸送量で運転本数や運転日を限定しているということは、利用者数が根本的に少な過ぎるという裏返しなのかもしれませんが。
【2012/05/12 17:30】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1071-19c56eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。