名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011東北冬紀行9・東松島市
DSCN0097_convert_20120311192706.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの9回目です。日本三景の松島は被害が軽重でしたが、松島湾の外海(太平洋)寄りは大きな被害を受けているというので、松島からクルマで東松島市内に向かいました。
 JR仙石線野蒜(のびる)駅。この辺りは海水浴場があり、夏場は海水浴客でにぎわうエリアだそうです。しかし、観光客を迎え入れる状況ではありません。線路内で山のようになっていたがれきは撤去されていましたが、線路が砂に埋もれており、被災直後から線路には手がつけられていないということが分かります。
 東日本大震災が発生した2011年3月11日午後2時46分、定刻通りに野蒜駅を出発した上下2本の電車は、発車直後に発生した大地震に巻き込まれ明暗を分けます。下り(石巻行き)電車は丘の上で停止、電車に駆け寄った地元住民のアドバイスに従って乗客は車内にとどまり無事。一方、上り(あおば通行き)電車は災害時に緊急停止した場合に乗務員は最寄りの指定避難所などに乗客を誘導するJR東日本の内規に従い、乗客を近くの避難所に誘導するも、その避難所が津波に襲われ犠牲者を出してしまったそうです。
DSCN0099_convert_20120402234335.jpg
 野蒜駅には津波による残骸がまだ残されていました。柱がポッキリ折れてしまった道路標識や頑丈そうな柱がグニャっと折れ曲がっています。津波の威力がいかに大きかったかを教えてくれます。
DSCN0103_convert_20120402234731.jpg
 野蒜駅舎自体は一見被害が少ないように見えますが、津波によって1階の窓ガラスは割れ、中の壁もぶち抜かれていました。隣のコンビニも店舗が破損したままになっていました。
 野蒜駅を含む、高城町駅(松島町)~陸前小野駅(東松島市)間は線路流出など被害が大きいため復旧の目処が立たず、JR東日本仙台支社は2012年(平成24年)1月にこの区間の一部を内陸移設などによって、2015年(平成27年)度までに全線復旧させる方針を発表しました。この区間の復旧工事の費用は100億円超という膨大なものですがで、2013年(平成25年)度中に着工、野蒜駅は震災前よりも500メートル程度内陸に移設されるとのことです。
 駅の周りには早期復旧を願うノボリが掲げられており、沿線住民の鉄道復活と地域の復興を目指す強い意志を感じることができました。画像では分かりませんが、駅舎中央に時計があって、午後2時46分を指したまま止まっているのが印象に残っています。
DSCN0105_convert_20120402235001.jpg
 東松島市野蒜、石巻湾に注ぐ鳴瀬川河口にある消防署の分所でしょうか。津波の爪痕がハッキリ残っています。本来、救助に駆けつけねばならない緊急車両は津波で流されてしまったのでしょうか。
DSCN0106_convert_20120403002232.jpg
 鳴瀬川を渡り、国道45線を石巻方面に走ると、JR仙石線はバラストも交換され整備されていました。こちらの石巻側は昨年7月16日に矢本駅~石巻駅間の営業が再開されましたが、電化設備が復旧していないことなどから、電車を走らせることができないため、気動車による運行が行われているそうです。それでは、石巻に向かいます(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1072-adaaf40a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。