名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011東北冬紀行10・石巻市街
DSCN0110_convert_20120406091309.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの10回目、今回は宮城県石巻市街地の模様です。
 石巻市は人口16万人、漁業が非常に盛んな宮城県第2の都市です。石巻市は宮城県出身の漫画家・石ノ森章太郎の協力を得て、マンガを活かした創造性ある街造りに取り組んでいます。その一環として、石ノ森萬画館の最寄り駅であるJR石巻駅から石巻市の駅前商店街を経て石ノ森萬画館までの道を「マンガロード」と銘打って、石ノ森章太郎作品のキャラクターモニュメントを19体を見ることができます。やはり、石ノ森作品といえば「仮面ライダー」ですよね。ただ、商店街はシャッターが下りており、津波被害を受けて休業状態の店舗も見られました。
 石ノ森萬画館は北上川の中州にあり、こちらも津波被害を受け1階の施設やグッズ売り場はすべて流されてしまったものの、1960年のチリ地震津波被害を前提に設計されていたこともあって建物の倒壊は免れ、2階以上に展示してあった石ノ森章太郎の遺稿は無事だったそうです。訪問当時は休館中でした。
DSCN0112_convert_20120406091519.jpg
 クルマを石巻港方面に走らせます。せっかくだから、昼食は魚でもって思っていたのですが、石巻の街でもこのような風景が続くと、その食欲は自然と失われてきました。
DSCN0113_convert_20120406091657.jpg
 石巻港に入ります。石巻魚市場付近。この辺りは地震による地盤沈下と津波より壊滅的な被害を受けていました。地盤沈下してしまったため、道路部分に砂利を敷いて嵩上げし走行できるようになっていましたが、ダートですので砂埃が立つ状況で水たまりなどもあって下手に脇見すると脱輪なんてこともありますので、慎重に走ってきました。
 石巻は「金華サバ」のブランドで知られる真サバをはじめとする漁業や水産加工業が盛んな街でしたが、震災の影響で2011年の水揚げ量は例年の9割減という状態だったそうです。三陸沖で操業していたた漁船団も石巻での水揚げを諦め、青森県八戸や千葉県銚子へ変更しているとか。魚市場がこの状況では、その理由も何となく分かります。港が復旧しないから魚が揚がらない。魚が揚がらなければ加工できない。加工できねば出荷できない。出荷できねば売上や収入が無い。したがって、雇用も生まれない。つまり、港に魚が来ないことには地域経済が動かず、何ともならない負のスパイラルが延々続くのです。

DSCN0132_convert_20120311192845_20120406093419.jpg

 石巻港臨海道路をしばらく走ると、中央の巨大タンクが現れました。決してモニュメントではありません。このタンクは津波によって工場から流出してきたタンクです。「鯨大和煮」と書かれた、この巨大なタンク。どうも、昨年11月まではタンクが道路にはみ出し通行の支障なっていたので、ボランティア等の協力を得て道路にはみ出していたタンクを中央分離帯に移動したそうです。このタンクを撤去するかどうかはまだ決まっていないそうですが、「震災の象徴でもあり保存したいが『恐怖がよみがえる』という話もあり、所有していた水産加工業者が300メートル離れた会社敷地内に運ぶ予定」とのことです。
 この先の橋を渡ると、水産業地帯から、工業地帯にガラリと変わりわります。
DSCN0136_convert_20120406091855.jpg
 橋を渡り終えると、道路の両サイドにクルマの山。どうも、津波被害によって廃車処分されたクルマがあまりにも多すぎることから、こちらに堆く積まれているようです。更に前方奥には瓦礫の山が聳えています。石巻市では市全域の40%以上が津波被害を受けたことから瓦礫の量が非常に多く、その処分には10年以上かかるといわれています。
 被災地の瓦礫をいかにして焼却処分するかが問題になっています。被災地では100年分の瓦礫が発生してしまい、その処理には数十年かかるという説も浮上しています。一方、その震災瓦礫に対して全国各地で分担すべきという意見と、残留放射能を気にする反対派が激しい論戦を行っています。
 しかし、東京都や静岡県島田市が瓦礫焼却に理解を示し、この動きが全国に波及しようとしています。私は個人的に関東地区の自治体を軸に分散させるべきだと思います。特に震災で問題が浮き彫りになった関東地方は福島第一原発など、東北で発電した電力を享受する受益地であることや、季節風の関係で陸地に焼却時の煙が飛びにくいことから、焼却立地が良いためです。逆に貨物列車や船舶で九州や四国まで瓦礫を運ぶのは逆に非効率で輸送コストばかりかかることから、適切ではないと思っています。
 東日本大震災。これは国難です。だから、各自治体がエゴを主張するのではなく、全国の自治体が受け入れを表明し、少しでも早く瓦礫処理が終わるように手を差し伸べるべきなのです。
DSCN0137_convert_20120406091949.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1075-f0355627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。