名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2011東北冬紀行11・宮城県南三陸町
DSCN0183_convert_20120406092641.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの11回目です。
 今回は、宮城県南三陸町志津川の模様です。
DSCN0152_convert_20120406093006.jpg
 石巻から三陸自動車道と国道45号線を経て、柳津町経由で南三陸町に入りました。途中は山間部の様な風景が続きましたが、峠を越えて南三陸町に入ると一気に視界が開け三陸海岸に来たのだということがよく分かりました。
 この辺り、まだ南三陸町中心部まで数kmあるのですが、既に津波被害で国道45号線の両サイドやJR気仙沼線の線路は流されてしまっています。リアス式海岸であるため、湾に入り込んだ津波が集約され、湾の最奥にある街を一気に襲ったため、海岸から離れた内陸部まで津波被害が出ているのです。
 しかし、これは南三陸町の被害状況を把握する序章に過ぎませんでした。
DSCN0164_convert_20120406093149.jpg
 南三陸町の中心・志津川地区に入ると、被害の大きさに言葉を失いました。JR気仙沼線の高架橋もズダズダに破壊され流されてしまっています。
DSCN0166_convert_20120406093301.jpg
 頑丈なビルだけを残し、街の建物という建物すべてが流されてしまっています。瓦礫の片付けは終了していますが、その跡には荒涼とした風景が広がっていました。画像のビルも3階までは完全に水没したそうです。ビルの奥には行き先を失った瓦礫の山が残されています。
DSCN0184_convert_20120406093606.jpg
 街を望む高いビルを探すも、津波による損傷や私有地ということもあって立入ることのできるビルなんて無く、時間の都合で山へ登ることもできずに困っていると、JR気仙沼線がこのエリアでは高架になっていることを思い出したので、駅へ行ってみることにしました。
 カーナビを頼りにJR志津川駅へ向かいます。カーナビは、この先に志津川駅があることを教えてくれていますが、その先に広がっていた風景は…。
DSCN0186_convert_20120406093719.jpg
 駅らしい建物は見当たりませんでした。広いスペースがここに駅があったことを教えてくれました。駅があった場所にはコンクリート製の枕木が積み上げられていました。柵も無く、立ち入り禁止の看板も無いので、ホームに上がってみることにしました。
DSCN0182_convert_20120406093825.jpg
 志津川駅ホーム上から気仙沼方面を望む。津波は高架だったホームを軽々と越えて更に山側の地域にも襲いかかったのが分かります。ホームから見た志津川の街に息を飲みました。それが冒頭の画像です。津波でビルの4階まで冠水し、木造の建物など低層の建物は無くなっていました。瓦礫は片付けられていますが、それは逆に街の被害が甚大であったことを伝えています。
 JR気仙沼線のレールは既に剥され、線路があった場所は整地されていました。JR東日本はJR気仙沼線の被害状況が甚大であることから、鉄道線としての復旧を諦め、線路跡地をバス専用道路としてBRTと呼ばれるバスシステムを導入する方針であることを発表しています。
 志津川に限らず、三陸地方の街では明治時代から100年にも渡る鉄道建設運動を展開し、志津川では昭和50年代になって、ようやく鉄道がやって来たのです。今回の被害は甚大でしたが、鉄道の無い街に戻ることによる南三陸町民の落胆は大きいことでしょう。この件については別の機会でしっかり考えを書いてみたいと思います。
DSCN0169_convert_20120311202004.jpg
 南三陸町といえば、今回の震災被害を象徴する建物となってしまった南三陸町防災総合庁舎を見逃すことはできませんので早速行ってみました。
 本来、南三陸町の防災拠点として街の人を守る重要な役割を果たすはずだったこの建物。しかし、その建物も津波でほぼ完全に水没してしまいました。しかし、この建物の3階では津波に襲われるその時まで、南三陸町の職員が自身に津波の危険が迫っても、決して避難することは無く最後の最後まで町民の安全の為に防災無線を通じて避難を呼びかけ続けていたそうです。この放送で救われた人もきっといたことでしょう。犠牲となられた町職員の方には、本当に頭が下がるばかりです。私も手を合わせてきました。
 すると、観光バスがやってきて、ジャージ姿の高校生が降りてきました。よく見ると「広島観音高校サッカー部」と書いてあります。冬休みの合宿・練習試合の帰りに寄り道したのでしょう。生徒が自主的に手を合わせ、先生が生徒を集めて、ここでの出来事について説明を始めました。素晴らしい教育だと思います。やはり、現地を実際に訪れて現場を見ないと、この震災被害の大きさは分からないのです。今年は修学旅行を東北地方に変更する学校も増えているそうです。教室では分からない生きた教科書がここにあります。
DSCN0179_convert_20120406094108.jpg
 この脇で柳津行きのJR気仙沼線代替バスを発見。「ミヤコーバス」と書いてありますが、このバス、どこかで見たことがあります。これ、岐阜県にある東濃鉄道のバスで、JR東海バスから移籍してきた笠原車庫所属のバスじゃないですか。一発で分かりました。
 津波被害によって東北地方の沿岸部ではバスが冠水し運行不能となり、一時は公共交通が完全に麻痺してしまいました。宮城県内では運行可能なバスの台数が不足したことから、ミヤコーバスと親会社・宮城交通が資本関係にある名鉄に要請、名鉄グループのバス会社が協力し、震災直後に宮城交通とミヤコーバスにバスを派遣して地域住民の輸送に貢献していたのです。まさか、ここで馴染みのあるバスに再会できるとは思いませんでした。
DSCN0187_convert_20120406094214.jpg
 最大で15mもの津波が襲った南三陸町。だから、3階建てのマンションの屋上にクルマが止まっているありえないような光景が見られるわけです。
 甚大な被害を受けながらも、地元で暮らしたいという方が多いのは救いです。南三陸町では復興をもじった「福興市」なる仮設商店街も完成し、賑わいを取り戻そうと頑張っておられました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1076-992fdd06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)