名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

「松坂屋前」停留所
DSCN9875_convert_20120408124843.jpg
 4月1日、名古屋のど真ん中に新しい名鉄バスの停留所ができました。その名は「松坂屋前」。大した話題じゃないんですけど、乗り物好きには結構奥深い出来事なので取り上げます。
 1985年、日本初の中央走行方式バス路線「基幹バス」が、名古屋市交通局と名鉄バスの共同運行によってスタートし、それまで栄を避けるように走っていた名鉄バスが栄のど真ん中・大津通を走るようになりました。しかし、名鉄バスは栄から矢場町までの間、約700mの大津通を素通りする状況が、基幹バス開業以来27年間続いてきました。この間には松坂屋・パルコ・ナディアパークなど、集客能力の高い商業施設や公共施設が集まっており、郊外からのバス利用者の利用需要は潜在的にあったのですがバス停留所は開設されないまま、わざわざ渋滞する大津通へ突っ込んでいたわけです。同時にバス利用者は松坂屋など栄ミナミ地区へ向かう場合は、栄バス停から随分歩かされていたわけです。
 この背景には名古屋市交通局との競合防止説もありますが、この辺りのバス路線は名鉄バスと競合しないので、警察・公安委員会による利用者不在の論理で名鉄バス停留所の開設ができなかった説が有力です。
DSCN9869_convert_20120408123543.jpg
 もう一つ興味深いのは、「松坂屋前」という停留所名。平凡なんですが、名古屋では結構サプライズに感じる部分もあるのです。
 名古屋市でほぼ独占状態の名古屋市交通局をはじめ、特に公営交通事業者は駅名や停留所名に企業名を採用するのを、公共性に反するとか企業の公平性などの理由で採用しない傾向にあります。数少ない例外が東京都交通局で、「三越前」や「上野松坂屋」などの採用例があります。この方が利用者にはわかりやすいという背景があるようです。実は名古屋でも唯一、「日清紡前」というバス停留所が数年前まで存在していましたが、工場の移転もあって名称変更されてしまいました(決して、この類のツッコミ対策ではないらしい)。
DSCN9866_convert_20120408123716.jpg
 この停留所の近くには「白川通大津」と昼間だけ停車する「ナディアパーク前」と2つのバス停留所がありますが、停留所名を揃えずに敢えて否定した名鉄バスの判断は正しいと思います。いずれかに名称を合わせてもバス停留所が離れていては利用者にはわかりにくく、別の名称にした方がかえって分かりやすくなります。また、白川通の位置が名古屋の事情に明るい人でないと分かりにくい点や、ナディアパーク自体が停留所から離れておりデータイムしか停車しない中途半端さから、分かりやすさでは「松坂屋前」がシンプルかつベストなんです。
 名鉄バスセンター行き乗り場は松坂屋本館前。実に分かりやすいところにあります。一方、引山方面行き乗り場は、このお向かい。アップルストアの前にありました。
DSCN9882_convert_20120408125028.jpg
 大津通は路上駐車が非常に多い道でしたが、左折できる交差点が少ないことや警察が駐車違反の取り締まりを徹底したことなどの効果で、南へ下る流れについては随分改善されてきましたが、北へ向かう流れは歩行者が途切れないために左折車渋滞が発生しやすい上に、引山方面行き乗り場付近は以前から路上駐車の多いエリアです。したがって、停留所までバスが近寄れないケースが往々に発生します。同時にバスが道の往来を完全に遮断してしまうので、渋滞の温床になってしまう危険性もあります。せめて、路上にペイントぐらいできないのでしょうか。まぁ、この程度で解決するレベルではない気もしますが。
 あと、景観対策でなのか、バス停が低いので分かりにくく、雨よけの屋根等も無いのは残念です。屋根については、歩道の幅が狭いから無理だったのでしょうか。
DSCN9874_convert_20120408123858.jpg
 歩行者天国などのイベントで大津通が通行止めになる時は、栄~白川公園間を錦通・伏見通経由で迂回運転する様です。
DSCN9893_convert_20120408125134.jpg
 先日、早速ここから名鉄バスセンターまで乗ってみました。矢場町交差点をうまく右折できれば、後は快適に進みます。栄ミナミエリアから名古屋駅へ(又は逆のケースで)急ぐ場合などに有効です。地下鉄に乗ったり、市バス栄758系統より速く結ぶ「松坂屋前」からの名鉄バスは使えます。
 今回、バス停留所の開設の目的は表向きには利便性の向上ですが、裏側の目的は共同運行の相手・市バスからの利用者奪還じゃないかと思います。ICカード「manaca」が導入されて1年が経過しましたが、この基幹バスをはじめ、市バスと名鉄バスが競合する区間で朝夕を除く名鉄バスの利用者数が最近少なくなっているような気がします。やはり、10~30%ポイント還元の市バス対して、2%しか還元しない名鉄バスを見限る利用者の動きが出てきているのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
i-バスは案内図にも
民間企業名をバス停に付けないことに関連して。

一宮市のi-バス。
これも停名に民間企業名をつけていません。
コミュニティバスのですので、細かいとこちょこちょこ走るンですが、停留所の位置図にも近隣の目標物に、民間の企業や商店の名前を記さない徹底ぶり。
そのため近くに適当な公共施設が無いと、それなりに近いところの目標物から、「間省く」記号で書く始末です。

おかげで、どこ走るのか、すごい判じ物でした。
地元の方は分るのでしょうけど、先般も普段乗らない系統を調べた際に、地図2種類出して首っ引きでした。、
【2012/04/29 22:11】 URL | kisomitake #nwhvIVzA [ 編集]

Re: i-バスは案内図にも
>kisomitakeさん
>民間企業名をバス停に付けない
 これは自治体によって大きな差があるようですね。徹底的に採用しない名古屋市や一宮市の様な例もあれば、岐阜市や美濃加茂市のようにガンガン採用する例もあります。路線図などはもっと悲惨で、土地勘が無いとまるでわからない例もあります。要は行政サービスとして利用者視点でモノを考えて提供する意思があるかどうかなのだと思います。
 コミュニティバスの担当者自身が、ろくに公共交通を利用した経験のない職員というケースも実際にあるようです。そういう人が立案するバスというのは、利用者よりも監督官庁や予算しか見ていない、利便性の低いモノになりがちですね。
 三重県ではスポンサーを募って運営するコミュニティバスがありますが、お上もどうして市民や企業から支援を受けないのか不思議でしょうがありません。やはり、余分な仕事(細かい経理作業など)をしたくないというお役所意識なのかもしれません。
【2012/05/12 17:45】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1078-bd5e118e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)