名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

manacaポイント1100万円分失効
DSCN0039_convert_20120417235903.jpg
 東海地方ですっかり定着した交通ICカードのmanaca(マナカ)。利用実績に対してマイレージポイントが貯まるのが最大の魅力なのですが、意外にもそのポイント還元を行っていない利用者が多く、名古屋市交通局だけでも昨年2月に利用し、同年3月10日に還元された分の約6.3億円分が利用者に還元されないまま3月末で失効する恐れがあったのが報道され(参考:朝日新聞2012年3月16日朝刊)、その後は利用者の還元が相次いだものの、結局1,100万円分のポイントが失効していたことが明らかになりました。(画像は中日新聞2012年4月11日朝刊県民版より)。
 6億円もの未還元ポイントが、1ヶ月ほどで1,100万円まで98%も減るとは大したものです。マスコミの報道効果もあるでしょうが、それよりも恐るべき名古屋人のがめつさ。素晴らしい。

 私の場合、名古屋市内で移動が完結することが多いことから、名古屋市交通局のポイントは積極的に集めますが、名鉄電車や名鉄バスはめったに乗らないため、こちらのポイントはハナから諦めており、名古屋市交通局で貯めたポイント還元を名鉄電車や名鉄バスで使うようにしています。
 悩むのは週末の利用。manacaでポイント還元を狙うより、3回以上乗るなら「ドニチエコきっぷ」で元を取る方が数段楽なので、ドニチエコに流れて意外とポイントが貯まらなかったりします。 

 今回の様な報道の背景にはmanaca利用者に共通するのは、ポイント還元の煩わしさの問題が挙げられます。事実、還元方法が分からないなんて人は珍しくありません。また、ポイント還元制度があることすら知らないなんて人もいるそうです。還元が無かったら、わざわざICカードにせず、現金投入していたらいいじゃないですか。また、黄色のL社製の機械が非常に使いにくいという意見も目立っていますね。
 更にポイント還元においては、その機会が少ない地域があるのも事実です。名古屋のお隣、春日井市のJR春日井・勝川両駅から名鉄バスを利用するエリアの利用者は、近くに還元できる駅などの設備が無いため、名古屋市内か小牧市まで行かないとポイント還元ができない状況です。同様な例は東郷町や長久手市でも見られます。

 ポイントを無駄にしないためには、manacaを利用する人は毎月1回、ポイント還元の有無を確認する、これを徹底させねばなりません。私は毎月やっていますよ。これは習慣にしないと。
 ただ、ポイント集めというのは非常に根気の要るものであり、同時に自己責任が問われるものです。事実、「ポイントなんてあまり興味無い」という人も結構います。そういう人はそれでいいと思います。そんな人の失効ポイント分でポイント制度が支えられているというのもまた事実ですから。最近は目先のポイントに血眼になる人が多過ぎることから、ポイント制度が改悪されるケースが後を絶ちません。
 個人的には、ポイント制度を改悪されないためにも、この問題についてはあまり触れて欲しくないと願っています。

 今回、名古屋市交通局が行った発表。本来なら不必要なものです。だって、6億円もの引当金を浮かすことができるというのに。しかし、こんなバカ正直な発表をせざるを得ないのは、名古屋市交通局が公営企業だからです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1081-65fdd1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)