名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011東北冬紀行12・気仙沼の夜
DSCN0222_convert_20120311201550.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの12回目、今回は宮城県気仙沼市の夜の様子です。
 実は、今回の旅で重大なミスを犯しました。それは日没時間の読み誤り。名古屋の感覚では夕方5時頃までは大丈夫という思い込みがあったのですが、南三陸町を出発した午後4時の時点で日が沈み始め、気仙沼市に入った午後5時には完全に真っ暗になってしまいました。
 気仙沼市到着時点で予定工程を3時間遅れ。本来の予定では陸前高田市で日暮れを迎え、気仙沼で食材を買い集め、夜通しでクルマを走らせて、仙台郊外のスーパー銭湯で仮眠という予定でした。
DSCN0224_convert_20120422011541.jpg
 今回の旅の目的地・岩手県陸前高田市の奇跡の一本松まで、あと25km。ここまで来て名古屋へ戻るなんて、何のためにここまで来たのかという話になります。しかし、レンタカーの返却期限は翌朝9時に仙台市内。陸前高田市から気仙沼まで約1時間。気仙沼から仙台まで最速経路で約2時間半。日の出時刻は朝6時過ぎ、撮影できる明るさになるのは朝7時頃。どう考えても無理な工程なので、レンタカー返却時間を急遽延長することに決定しました。
 まず、気仙沼駅に着くと送迎目的のクルマがズラリ。一関からのJR大船渡線列車が着くと、一斉に利用者が迎えの車に乗り込んで行きました。地元のクルマに交じって岩手ナンバーのクルマの多いことに気づきます。
DSCN0227_convert_20120422011756.jpg
 震災の影響でJR大船渡線は一関~気仙沼間の区間運行にとどまっており、JR大船渡線の気仙沼~盛間とJR気仙沼線の気仙沼~柳津間は復旧の見込みすら立っていません。そして、列車代行バスは気仙沼線は1日4往復、大船渡線に至っては1日2往復という惨状(2011年12月28日時点)で、隣町に行くのもままならない状況でした。
 気仙沼も陸前高田・大船渡も、遥か遠い仙台や盛岡へ行くバスは1日4~6本あるのに、JR大船渡線沿いエリアでも往来が困難な状況。もともとは同じ陸前国気仙郡なのですが、やはり県境によって引き裂かれた現実なのでしょうか。
 気仙沼駅発、本吉駅前行きJR気仙沼線代行バス最終便の出発を見送りました。JRの振替輸送になっておらず、運賃は地元バス会社ミヤコーバスの運賃体系になっているため、JR線に比べ非常に割高な運賃になっています。
2012042400481829.jpg
 ただ、車中泊だけは予定通りでしたので、予定通り気仙沼市内のスーパーを数軒ハシゴして食材を確保、魚売場で驚いたのはこのカレイの山。三陸から仙台辺りにかけての地域では、カレイが正月に欠かせない定番料理なのだそうです。
 地元ではナメタガレイと呼ばれるのですが、正確には「ババガレイ」という魚。12月に北海道から南下して三陸や仙台沖にやってくる頃が産卵期で、お腹にたっぷりと卵を抱えていることから「子孫繁栄の象徴」として珍重され、酒・砂糖・醤油・みりんなどで煮つけて食べるのだそうです。
 カレイは底引き網や刺し網で取るが、三陸沿岸から仙台湾の水揚げは減少傾向にあり、現在は宮城県内でも北海道産のカレイが売られていることが多いそうですが、年末になると通常価格の3倍以上に高騰するほどの需要があり、地元では欠かせない素材なのだそうです。
 当方は宮城県産ビンチョウマグロを軸にした刺身盛りと総菜売場でごはんを調達し、即席の刺身定食を堪能。
DSCN0234_convert_20120422012029.jpg
 気仙沼市内をクルマで徘徊。気仙沼市内というと、震災の夜に市街地で火災が発生し、自衛隊機の撮影した映像に言葉を失いましたが、震災被害の大きい港近くの旧市街地に対し、郊外店舗の多い新市街地は高台にあり、津波の被害は軽重だったようです。
 しかし、噂にも聞いていましたが、パチンコ屋だけは夜も大盛況でした。被災地では震災に起因する解雇で失職したまま再就職できない人が多く、することがないからとパチンコに興じてしまい、失業保険までを軍資金に充ててしまい自暴自棄になっている人もいるといいます。泥の書き出しや瓦礫撤去に参加するボランティアに対し、パチンコに興じる人々。どちらも無収入で終日過ごすことに変わりないのですが、その内容については明らかな差があります。震災に起因する喪失感の強さから再建に踏み切れない人々をいかにサポートするか。これは難しい問題です。複雑なものを感じました。

 気仙沼市内を走り、国道45号沿いの仮眠スポットを探すも暗いところばかりで治安上の不安を感じ、結局JR気仙沼駅前の有料駐車場に飛び込んで就寝。しかし、未明から雪が降りだす悪天候。寒さで目が覚め、時折暖房をかけながら仮眠し、朝を待ちました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1086-5ef1d1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。