名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2011東北冬紀行14・陸前高田市
DSCN0231_convert_20120311201713_20120422144922.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの14回目、今回岩手県陸前高田市の模様です。陸前高田市は岩手県沿岸部最南端に位置し、人口約2万人。宮城県南三陸町や岩手県大槌町と並んで、東日本大震災による大津波で壊滅的な被害を受けた街の一つです。

 実は下見を兼ねて、12月29日夜に陸前高田へクルマを走らせました。その様子がこの画像です。夜間撮影が苦手なデジカメであるためピンボケ画像で恐縮ですが、JR陸前高田駅付近で撮影したものです。クルマのライトはハイビームで、デジカメの感度を最強にしてこんな感じです。市街地は抜け殻のようになった一部ビルを除いて全く建物はなく、電柱はあれど街灯は一切ないためです。冗談抜きで漆黒の闇。月明かりだけが照らす陸前高田の夜。
DSCN0255_convert_20120422013943.jpg
 山側にわずかに残る家々から灯る明かりが、陸前高田の街がここにあるということを教えてくれました。山奥でもないのに真っ暗な街。でも、自宅へ帰るのであろう地元の方のクルマが行き交います。仮設店舗や仮設住宅などは山側にあるそうですが、そちらへの訪問は自粛することにしました。

 翌30日朝、大船渡市から南下、夜が明けた陸前高田に戻ってきました。これまで何度も映像で見てはいましたが、過疎の村などが廃村になる様に徐々に衰退するのではなく、地震と津波によって一瞬のうちに街が消えるとこのようになってしまう、その喪失感を強く印象付けました。やはり、実際に見て空気に触れないと、この感覚は分からないかと思います。
 国道45号線から陸前高田の街を眺めます。5階建てのマンションの4階までが完全に破壊されています。10m近い津波が押し寄せたことを教えてくれます。
DSCN0256_convert_20120422014135.jpg
 生活の営みが完全に消えています。周辺には建物はありません。道路に沿って電柱が並ぶのみ。建築規制がかかっているようで、街が復興する様子はありません。
 もう少し市街地に近づきますが、状況は変わりません。津波は陸前高田の人達が培ってきた歴史や財産を根こそぎ奪いました。市街地の瓦礫は撤去されており更地になっていますが、一部では瓦礫の山がまだ残っていました。陸前高田市では津波で市街地の70%が壊滅したと言われています。画像右奥が市街地の中心となります。街の根本が破壊されてしまっているため、再び街を再生させることは時間も費用も並大抵のことではありません。そして、再生までの時間が長引くほど、避難生活をされている皆さんの負担も大きくなるのです。行政の利害問題もあるでしょうが、避難生活を続ける市民のために一刻も早く再生に着手して欲しいものです。
DSCN0257_convert_20120422014427.jpg
 国道45号線・気仙沼方面を望む。右側が陸前高田市街、左側が太平洋です。この街には海岸沿いに7万本もの松が並ぶ、立派な高田松原がありました。その高田松原も例外なく津波被害を受けました。しかし、その大津波に耐えた松が、陸前高田をはじめ被災地に限らず、世界中に大きな勇気を与えました。その奇跡の一本松を見に行きましょう(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1087-9130f57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)