名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011東北冬紀行13・岩手県大船渡市
DSCN0244_convert_20120422013001.jpg
 12月27~30日にかけて訪問した東北探訪シリーズの13回目、今回岩手県大船渡市の模様です。
 12月30日、朝5時15分に雪の気仙沼駅前を出発し、1時間ほどかけてJR盛駅前までやってきました。大船渡市は人口4万人。漁業はもちろんのこと、市内に石灰石鉱山があることからセメント工業も盛んな街であるため、三陸地方の街でも石巻市や気仙沼市とは街の趣が異なります。
 また、大船渡市街地は行政・司法の中心である盛町と交通・商業の中心である大船渡町で構成されており、2つの街が一体化しているため、大船渡の街は随分大きなイメージを持ちました。
 盛駅は大船渡市の内陸部にあります。この辺りは無事なように見えますが、津波被害で一部冠水したそうです。この駅にやってくるJR大船渡線(一関~気仙沼~盛)と三陸鉄道南リアス線(盛~釜石)は甚大な被害を受けてしまっていることから、JR大船渡線は再開時期未定、三陸鉄道南リアス線も2014年度中の再開予定となっており、当面この駅は事実上機能しないということになります。
DSCN0237_convert_20120422012202.jpg
 一応、利用者対応として日中は駅員が常駐しているそうでしたが、訪問したのが早朝6時ということもあって、駅舎は施錠されておりました。幸いにも駅のすぐ脇に線路の向かい側へ渡る跨線橋がありましたので橋の上から駅構内をのぞいてみました。
 ホームには釜石行きの方向幕を出したまま停車している三陸鉄道の車両が停まっていました。エンジンさえかかればいつでも動き出しそうですが、この駅から再び釜石行きの列車が走りだすまでには、もうしばらく時間がかかりそうです。この駅には三陸鉄道の車庫もあり、南リアス線の列車運用の要になっているようですが、三陸鉄道には他に北リアス線(宮古~久慈)もあります。車両のやりくりとか大丈夫なんでしょうか?
 一方、JRの車両は1台もありませんでした。どうも、早々に運び出したそうです。
DSCN0242_convert_20120422012542.jpg
 実は盛駅にはもう1つ、鉄道が接続しています。それは岩手開発鉄道。1992年まで旅客輸送を行っていた鉄道で、現在は石灰石輸送に特化した貨物専用鉄道です。こちらも地震と津波被害を受けましたが、東日本大震災から7か月後の2011年11月7日に本格運行を再開しました。貨車には「気仙の底力」「がんばっぺし」「太平洋の復興とともに」などのメッセージが掲げられていました。
DSCN0248_convert_20120422013524.jpg
 盛町から大船渡町に移動します。小高い丘の上から大船渡町を眺めます。海に面していることもあって、津波被害をまともに受けたようで、丈夫なビルを除いて建物が無くなり更地になっていましたが、仮設の店舗が続々とできあがり、元の街の賑わいを取り戻そうとする動きを感じました。
DSCN0249_convert_20120422013657.jpg
 ちょうど、東京池袋からの夜行高速バスがやってきました。では、街中へ行ってみることにします。
DSCN0250_convert_20120422013832.jpg
 JR大船渡線大船渡駅付近。駅はおろか、線路も流されてしまっています。この辺りでも約10mの津波が押し寄せたそうです。JR大船渡線は復旧の目処が全く立っていません。
DSCN0246_convert_20120422013207.jpg
 大船渡町。大船渡市商業の中心エリアとのことですが、見る影もない状況でした。冠水防止なのか、水避けの装備がなされているのが特徴です。大船渡町では大半の道路でアスファルトも剥がれたままでした。
DSCN0254_convert_20120103161743.jpg
 大船渡市から陸前高田市へ向かう途中の風景。いつも通りの朝がやってきました。養殖イカダが整然と並ぶ先を船が港へ続々と戻ってきます。非常にのんびりとした風景に癒されました。3・11が無ければ、旅情を掻き立てられる風景なのですが、あの日からここまで復興の道を歩んだ地元の方々が平穏な朝を迎えられるようになるまでの苦労は計り知れません。

 名古屋を出発し、福島県いわき市から仙台市を経由して三陸の街々をまわり、ここ大船渡市まで北上してきました。更にこの先、釜石市や宮古市、壊滅的被害を受けた大槌町や逆に津波被害から奇跡的に逃れた野田村など、訪ねたい街はまだまだあったのですが、時間的な制約もあって大船渡で折り返すことにしました。kン会訪ねることのできなかった街も、いずれ必ず訪問したいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1088-19b25435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。