名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

北名古屋市へ名古屋市バスの路線延長要請
DSCN0080_convert_20120425010926.jpg
 名古屋の殿様・河村たかし市長がお隣の北名古屋市役所を訪ねたところ、北名古屋市長から北名古屋市内への名古屋市営バスの延伸を要望され、河村市長が「考えます」として、今後の検討課題とする姿勢を示したそうです。(画像は2012年4月18日朝日新聞朝刊「名古屋」より)。
 名古屋市営バスを運営する名古屋市交通局は、これまで隣接自治体へのバス路線延長について極端に消極的な姿勢をとっており、名古屋市水道局浄水場建設の見返りとして大治町にバス路線を持つ他は、清須市の「古城」や尾張旭市の「旭桜ヶ丘」など、止むをえず通行せねばならない経路について例外的にバス停を設置していた程度でした。長久手市の愛知淑徳大学に至っては、大学の前でありながら私立大学という理由でバス停名称を立地と全く関係ない「猪高緑地」と歪曲する有様でした。
 ところが、数年前に豊明市の藤田保健衛生大学病院まで路線を延長、そして名古屋ガイドウェイバスが名古屋市交通局による運行に一本化されると、名鉄バスから引き継ぎ春日井市の高蔵寺駅乗り入れも実現しました。
 高蔵寺駅乗り入れの際、読売新聞の報道で明らかとなったのは、名古屋市外に市バス路線を開設する場合は、名古屋市議会の議決が必要であるということです。これまで名古屋市交通局は利用者を集めた地域懇談会の席で隣接自治体へのバス路線延長を「まずは市内交通から」と要望を聞き入れる姿勢すら見せなかったのですが、実態は交通局が議案を提出していなかっただけという有様だったわけです。

 今回の要請の背景としては、北名古屋市が名鉄犬山線沿いのエリアを除いて公共交通が不便である実態が挙げられます。コミュニティバスもありますが、十分に利用者ニーズに応えているかは疑問です。特に旧師勝町エリアからは、地下鉄上小田井駅や庄内緑地公園駅、西区にある大型ショッピングモールのmozoへの道路アクセスが良好なのに、バス路線が無く不便で、これが地域発展に支障をきたしています。ただ、市バスを走らせるにも採算性を重視しないと現実性に乏しい赤字路線になりがちです。しかも、市バスは上限200円の均一運賃ですから短距離でないと採算が取れません。上小田井駅を起点にバス路線を形成すれば、路線距離も短いので採算性も上がるかもしれませんが、名古屋市が重い腰を上げるでしょうか。
 今回、北名古屋市長が要望したのは、「尾張名古屋共和国構想」の一環として、自治体の枠を越えた公共交通網の整備を期待しているのかもしれません。

 現在、名古屋市の外縁部では、市内交通に縛られているために本来の機能を発揮できない、利便性の悪い市バスの終着点がいくつもあります。
・有松町口無池(緑区):大府市のJR共和駅まで約1.2km。
・如意住宅(北区):春日井市の名鉄味美駅まで約1km。
・志段味支所北(守山区):春日井市のJR神領駅まで1.2km
・戸田(中川区):蟹江町のJR蟹江駅まで約1km、近鉄蟹江駅まで約1.5km
・河合小橋(港区):蟹江町の近鉄蟹江駅まで約2㎞
 終着点に近づくにつれ、乗客が減っていく効率の悪いバス輸送が各地で展開されています。これを地域の利便性に合わせて、名古屋市のターミナルだけでなく、隣接自治体のターミナルも結ぶ路線にすれば、都心への一方的流れではなく、郊外部でも実体経済に見合った双方向への流動が可能になり、公共交通の利便性も向上すると思います。公共交通を考えて見ると、交通事業者の硬直した体質と思考を痛感することが度々あります。
 さて、名古屋市がどう動くか。今後期待してきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
「硬直した体質と思考」を打破して欲しいです。
>名古屋市外に市バス路線を開設する場合は、名古屋市議会の議決が必要であるということ
>実態は交通局が議案を提出していなかっただけ
何ともまあ御粗末な事でしょうかねぇ。でも、最近の状況を見る限り、以前に比べれば進歩しているんじゃないでしょうか。これも、読売新聞が実態を明らかにしてくれたお陰なのでしょうね。

>北名古屋市が名鉄犬山線沿いのエリアを除いて公共交通が不便である
>コミュニティバスもありますが、十分に利用者ニーズに応えているかは疑問です
北名古屋市の「きたバス」は「市内循環バス」と銘打っておりますので、西春駅と市内の主要施設との間の連絡に主眼を置いており、周辺の自治体の駅とかmozoといった商業施設への路線延長まで考慮しておりません。これに対して、隣の豊山町ではコミバスが小牧市方面と黒川・県庁・栄方面に伸びており、随分違いがあります。北名古屋市の市長さんも、河村名古屋市長に直談判するのも良いですけど、逆に「きたバス」の路線を市外へ延長する事を考えても良いのではありませんかね?
(お金が無いのかもしれないけどね《爆》。)

>市内交通に縛られているために本来の機能を発揮できない、利便性の悪い市バスの終着点
この中では志段味支所北のバス停が私の家から近い所にありますが、志段味地区の住民の中には中央線の高蔵寺駅や神領駅から名古屋方面(場合によってはその反対方向)へ通勤通学に利用する人も多くいると思います。せめて一部の便だけでも、市バスの志段味巡回系統を神領駅南口へ延長したらさぞかし便利だろうなと思いますけど。
他のバス停についても、同じように考えている方々がいらっしゃるでしょう。藤田保健衛生大学病院とか高蔵寺駅への乗り入れが実現できたのなら、更にこのような施策を実行しても良かろうと思いますけど、果たしてどうなりますやら。
【2012/04/26 21:05】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: 「硬直した体質と思考」を打破して欲しいです。
>でも、最近の状況を見る限り、以前に比べれば進歩しているんじゃないでしょうか。
 外部から有識者を招聘して内部から、外部からはマスコミが斬り込んだことで、外堀を埋めてきたという軌跡があります。最近では弊ブログでも取り上げましたが、毎日新聞の2人の記者が昨年夏から名古屋市の情報公開条例を利用し、不正を徹底的に調べ上げた件がありました。また、朝日新聞も伝統的に交通ネタを頻繁に取り上げる傾向があり、最近も興味深い記事を連発しています。また、読売新聞も侮れません。

>隣の豊山町ではコミバスが小牧市方面と黒川・県庁・栄方面に伸びており、
 実は市バスの如意車庫は豊山町との境界線近くにあることから、豊山町では何とかならないのかと思っていた人もいたそうです。ただ、バスが赤字経営だった場合、市外の路線に市の公費を充てることを名古屋市民に説明できるのか(又は豊山町がどの程度負担するのか)とか、200円均一運賃での採算性の問題など課題もあり、市バスが北部市場まで路線を伸ばした時期もありましたが、豊山町中心部への市バス延長は実現しないままでした。
 結局、あおい交通が壁をこじ開けたのですが、あおい交通の運営システムも区間制運賃ながら運賃先払いとか、ICカード・バスカード等一切非対応とか、停留所表記の不親切さや運転士の資質など、正直なところバス会社としては微妙な印象があります。

>北名古屋市の市長さんも、河村名古屋市長に直談判するのも良いですけど、
>逆に「きたバス」の路線を市外へ延長する事を考えても良いのではありませんかね?
 私も最初、そう思いました。「きたバスを上小田井駅バスターミナルに乗り入れさせてください」の方が本来は筋じゃないかと。北名古屋市へバスを走らせる恩恵を受けるのは北名古屋市民であり、受益者負担の原則に基づき、北名古屋市が頭を下げ、場合によっては予算を付けて対応するのが当然の様に思うんですよね。
 名古屋市交通局管轄バスターミナルへの他社乗り入れは前例があり、今は無き名古屋駅バスターミナルの1番乗り場に、平和コーポレーションのセントレア発・県営名古屋空港経由で中津川インターまで行く空港連絡バス(既に廃止されましたが)を乗り入れさせた前例があります。上小田井駅は、それ以前にも名鉄バスが乗り入れていた時期がありましたよね。
 あおい交通が春日井市との不仲な関係の様なことは、名古屋市との間には無いと願いたいです。そういえば、少し前からJR勝川駅バスターミナルにあおい交通のバスが乗り入れるようになりましたが、あれも勝川だけという事情から、県営名古屋空港アクセスの関係で愛知県が春日井市を指導している様子がアリアリと感じられます。

>志段味地区の住民の中には中央線の高蔵寺駅や神領駅から名古屋方面
>(場合によってはその反対方向)へ通勤通学に利用する人も多くいる
 特に神領駅は相当数いるようですね。また、中志段味にある県立守山高校では、生徒の大半が神領駅から歩いているそうです。
 個人的には有松町口無池~JR共和駅間のバス延長により、名古屋のハズレで名鉄名古屋本線(有松)とJR東海道線(大府市共和)を連絡する地域間連絡バス路線があると、結構化ける気がするんです。交通局はJR南大高駅開業で無理矢理路線を伸ばし妄想案を潰しましたが、南大高駅~有松町口無池間は人家も少なく、イオン大高へ向かう人しか乗らないダメ路線で収支も芳しくありません。
【2012/05/03 01:03】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

Re2: 「硬直した体質と思考」を打破して欲しいです。
 管理人様の鋭いご指摘にいつも感服いたしております。
 少しだけコメントさせていただきます。

>名古屋市外に市バス路線を開設する場合は、名古屋市議会の議決が必要であるということ
>実態は交通局が議案を提出していなかっただけ

 当方の知る限り、交通局が議案を出したくないというよりは、市議会で通らないので
出さないという方が正しいです。議員さんから見れば、市バスは(便利かどうかでなく)
市外よりも市内で走らせたいという気持ちが結局勝ってしまうようです。
 また、交通局のバス事業は現在、「経営健全化計画」に拘束されています。これは
民間で言えば経営再建中にあたり、経営内容は総務省のチェックを受けています。事
業拡大や増車は明らかに黒字が出る時以外は不可能となっています。そのため、もし
市外に路線をつくれば市内を切らなければなりません。この状態で市外延伸ができる
のか疑問です。ガイド系統を引き受け高蔵寺に延伸したのは、他に引き受ける事業者
がいなかったためで、交通局としては増車・赤字拡大にもなりましたがやむを得ない措
置です。


>隣の豊山町ではコミバスが小牧市方面と黒川・県庁・栄方面に伸びており、

 とよやまタウンバスはもともと運行していた名鉄バス路線の廃止代替バスの意味も
あり、赤字のため豊山町が欠損全額を補助してきました。ただし今年度からは国の新
しい補助制度の対象となり、半額を出していただけるようになりました。


>>北名古屋市の市長さんも、河村名古屋市長に直談判するのも良いですけど、
>>逆に「きたバス」の路線を市外へ延長する事を考えても良いのではありませんかね?

 関係者にきいたことがあるのですが、市内に人を集めたいので、ワンダーシティや
上小田井駅への乗り入れは考えていないとのことでした。


> 名古屋市交通局管轄バスターミナルへの他社乗り入れは前例があり、今は無き名
>古屋駅バスターミナルの1番乗り場に、平和コーポレーションのセントレア発・県営名
>古屋空港経由で中津川インターまで行く空港連絡バス(既に廃止されましたが)を乗
>り入れさせた前例があります。

 名古屋駅バスターミナルは、JR東海の子会社で名古屋市も出資する「名古屋ター
ミナルビル」の所有・管理でしたので、2階も交通局管轄だったわけではありません。
1番乗り場は当時はあいていたため、調整の結果、セントレアアクセスのため平和コー
ポレーションの路線が(使用料を払って)乗り入れたという経緯です。


>上小田井駅は、それ以前にも名鉄バスが乗り入れていた時期がありましたよね。

 上小田井バスターミナルは(徳重も同様ですが)住宅都市局の管轄ですので、交通
局も名鉄バスも同じ立場となります。したがって、あおい交通も乗り入れは可能と思わ
れます。黒川バスターミナルは(鳴子北と同様)交通局の持ち物ですから不可能でしょ
うが。


>あおい交通が春日井市との不仲な関係の様なことは、名古屋市との間には無いと
>願いたいです。

 あいさつをきちんとせずに名古屋栄バス停をおいてしまったので、残念ながら必ずし
も仲がよいとは言えません。


>少し前からJR勝川駅バスターミナルにあおい交通のバスが乗り入れるようになりま
>したが、・・・
>県営名古屋空港アクセスの関係で愛知県が春日井市を指導している様子がアリア
>リと感じられます。

 道路財源を使用して駅前バスターミナルを整備した場合、道路財源の趣旨から、駅
周辺の混雑緩和を図ることが求められ、そのため周辺のバス停をターミナルに収容す
ることが原則となっています。


>志段味地区の住民の中には中央線の高蔵寺駅や神領駅から名古屋方面
>(場合によってはその反対方向)へ通勤通学に利用する人も多くいる

 個人的には、神領駅に志段味巡回を乗り入れさせたいです。


>個人的には有松町口無池~JR共和駅間のバス延長により、名古屋のハズレで名
>鉄名古屋本線(有松)とJR東海道線(大府市共和)を連絡する地域間連絡バス路
>線があると、結構化ける気がするんです。

 黒字がとれるなら、名鉄バスにやってほしいですね。しかし、名鉄の廃止路線を交
通局が引き受けている状態ですので・・・。いずれにせよ、この付近の路線は大改革
したいところです。

 では、失礼いたします。

【2012/06/13 01:16】 URL | Hirokazu Kato #ZPbuKh.w [ 編集]

Re3: 「硬直した体質と思考」を打破して欲しいです。
>Hirokazu Katoさん
 「運輸と経済」の記事、拝見しました。交通統計の必要性については私も同感です。

>当方の知る限り、交通局が議案を出したくないというよりは、市議会で通らないので
>出さないという方が正しいです。議員さんから見れば、市バスは(便利かどうかでなく)
>市外よりも市内で走らせたいという気持ちが結局勝ってしまうようです。
 これって、従来からのスタンスと基本は変わっていないということなのでしょうか?まぁ、名古屋市長や市議会第一党の連中を見ると、公共交通については疎い人ばかりのようですが。

>また、交通局のバス事業は現在、「経営健全化計画」に拘束されています。これは
>民間で言えば経営再建中にあたり、経営内容は総務省のチェックを受けています。事
>業拡大や増車は明らかに黒字が出る時以外は不可能となっています。そのため、もし
>市外に路線をつくれば市内を切らなければなりません。この状態で市外延伸ができる
>のか疑問です。
 市内のターミナルまで延々バスに乗せるよりも、隣接自治体にある駅を経由した方が名古屋都心部へのアクセスが向上する隣接自治体との境界線付近に在住する名古屋市民が相当数いることから、この人達への利便性向上について光を当てても良いのではないかと思っています。加藤さんも言われる通り、JR神領駅を利用する守山区志段味地区は典型的な例です。
 市外に限らず、市内でもこのような地域があります。守山区の守山新堀バス停は、地下鉄上飯田駅まで1km弱ですが、なぜ路線を伸ばせないのか。また、茶屋11の猪子石団地も上社までなぜ延長しないのか、個人的に疑問です。
【2012/07/22 02:43】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1090-58637db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)