名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011冬・東北行軍ダイジェスト3
DSCN0237_convert_20120422012202.jpg
 12月27~30日に行きました東北の旅3日目のダイジェスト報告です。
 12月30日、朝5時。JR気仙沼駅前の駐車場で朝を迎えました。JR大船渡線・一関行き始発列車の汽笛で目が覚めました。気温-2℃。未明に降った雪で辺り一面真っ白。まだ薄暗い中、5時半に出発します。
 6時15分。岩手県大船渡市のJR盛駅前到着。いつもなら、始発列車が出発準備を整えているはずですが、駅は静まり返っていました。三陸鉄道南リアス線とJR大船渡線は不通のまま、貨物専用の岩手開発鉄道が細々と輸送を再開するのみにとどまっているからです。釜石行きの方向幕を出した三陸鉄道の列車が再び動き出すのは、2014年度中の予定とのこと。一方、JR大船渡線は再開の目処が立っていません。
 大船渡市は大きな街で、大きく分けて役所などが集まる盛町と臨海部の大船渡町で構成されています。今回の震災では大船渡町エリアが甚大な影響を受けており、その爪痕を至るところで確認できました。
DSCN0254_convert_20120103161743.jpg
 大船渡市碁石海岸。朝焼けに光る入江。養殖イカダの脇を進む船のエンジン音を聞きながら日の出を迎えました。これだけ眺めていると、本当に癒されます。明けない夜はない。どこでも朝は平等にやってくるのです。確かに今回の震災での被害は甚大でした。しかし、悲しみにくれる時期に区切りをつけねばなりません。起きたことを振り返るよりも、これからに向かって立ち上がらねばならない時期に来ています。
 被災者の方々だけでなく、それは自分にも通じるものがある。こんな苦境からも立ち上がり復興へ向かう東北の皆さんに対して、自分の悩んでいることが如何に小さなことなのかという情けなさ。スタートラインはいつからでも引くことが出来る。行き詰ったから腐るのではなく、行き詰ったのなら底から方向転換すればよい。いつも通りにやって来た朝焼けに染まる海岸を眺めながら、そんなことを考えていました。
DSCN0262_convert_20120103125426.jpg
 朝7時半、陸前高田市到着。前夜に気仙沼から予行演習を兼ねて走ってみましたが、あの津波で街が壊滅してしまったことは、言葉に表せないほどの漆黒の闇でよく伝わりました。難を逃れた丘の上で僅かに灯る家々の明かりが、陸前高田の存在を辛うじて教えてくれました。
 日が昇るにつれ、陸前高田の実情が把握できました。本当に何もなくなっているその喪失感、瓦礫が片付けられたことで更に極まる荒涼とした更地が広がる街に驚かされました。
 そのなかで、1本だけ残った奇跡の一本松。今回の旅・最大の目的地にたどり着くことが出来ました。朝早かったので、見物客などの姿は一切無し。朝7時半に奇跡の一本松をしばらく独り占めできました。感動のあまり、松の下でしばし休息。本当によく耐えたと思う。一本松は塩害で再生不能と言われていますが、この一本松が放ったメッセージは重く受け止めておきたい。この点については別項でしっかりと特集します。
 そして、陸前高田の復興を心から願います。
DSCN0282_convert_20120422032041.jpg
 8時30分。前日に回れなかった気仙沼市内の様子も見てきました。JRの駅前に流されたまま残る大型漁船。地盤沈下に沈む気仙沼の港と復興が進まない臨港地域。でも、地元の方による復興への動きは始まっていました。
三陸の街で見た出来事を目に焼き付けて、仙台に戻ることにします。
DSCN0313_convert_20120430135115.jpg
 レンタカーの返却時間を3時間だけ延長。正午までに仙台にレンタカー返却するため、気仙沼市を9時半に脱出。一関市まで国道284号線を爆走。カーナビの到着予定時間が12時25分だったので、意地でも短縮させようとあまり飛ばせない道でした。一関インターから東北自動車道を約80kmを爆走。この時点でカーナビが示す仙台到着予定は12時15分。
DSCN0314_convert_20120430135139.jpg
 気仙沼や一関では積雪ゼロだったのですが、途中、猛烈な雪に見舞われ本当に大変でした(画像は長者春サービスエリア)。ホント、スタッドレスタイヤを選択して正解でした。古川インター付近でカーナビの仙台到着予定自国が11時55分を示しまずは一安心。しかし、一般道での渋滞が心配で落ち着かず、仙台市の泉インターまで東北道をひたすら爆走。雪や融雪剤やらで泥だらけの見苦しい状況で、仙台市のDate-FM(FM仙台)の隣にあるレンタカー店に飛び込んだのは返却期限4分前の11時56分。
 3時間延長しただけでレンタカーの延長料金は4,200円。奇跡の一本松が見られたので費用対効果では許容範囲と思うのですが、3時間延長3150円に加え、別立てで掛け捨て保険を強制され1,050円増し。更に支払いは現金のみに大激怒。やはり、場所は変われどニッポンレンタカーとは相性が悪いのだと痛感。
DSCN0349_convert_20120103161953.jpg
 その後は仙台市内を散策。小雪の舞う恐ろしく寒い中を青葉城址へ。仙台市内は賑やかで、飲食関係や宿泊関係が特需とかいわれていますが、その噂は確かにわかる気がしました。仙台市内のデパート見学を済ませて、2日ぶりに青春18きっぷにお出まし頂き、午後4時過ぎの電車で仙台を後にしました。
 その後、郡山・黒磯・宇都宮と乗り継ぎを繰り返し、東京・上野にたどり着いたのは深夜23時半過ぎ。カップ酒を2本空けた宇都宮で、携帯とデジカメがダブルでバッテリー切れという大失態。そこで寝落ちして目が覚めたら既に赤羽。困った挙句、上野駅前のマクドで充電休憩。店内にはコーヒー一杯とか、ハンバーガーとコーラSだけで夜を過ごす明らかにマクド難民の皆さんと共に時間を過ごすも、深夜2時半に蛍の光が大音響で流れ始め、追い出される羽目に。幸い、近くのTSUTAYAが24時間営業だったため飛び込み、4時半過ぎまで必死の立ち読み。「朝まで生立ち読み」という経験は35歳にして初めての経験。その途中で店の前でタクシーとバイクの正面衝突事故に遭遇し、風俗店の呼び込み兄ちゃん達が必死に救出する一幕もあり、いろんな意味で下層生活を地で這うような濃い夜でした(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1091-5d15ebc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。