名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2011東北冬紀行17・仙台市中心部
DSCN0337_convert_20120706085256.jpg
 昨年12月27~30日にかけての東北レポート第17弾、今回は宮城県仙台市の模様です。
 仙台市の中心部は予想以上の大都会でした。さすが、東北最大の都市だけのことはあります。今回の旅で震災の傷跡が残る街を訪ね続けていたこともあり、仙台市中心部の賑やかさは際立っていました。
 ところで、仙台で昨年夏以降、復興特需が起こっているという噂を幾度も聴きました。仙台市中心部は震災の被害が軽重だったため、被災した沿岸部の復旧関連工事に携わる人々の拠点となり、沿岸部からは被災し避難してきた人々が集まってきました。仙台市の人口は震災後から増加傾向にあり、過去最高の105万人を越えているそうです。更に避難者や短期滞在者など住民票を移していない人も相当数いるため、近隣地域からの日常的流動も加えると仙台市中心部への流動は歴史的な規模となっており、それが大きな経済効果を生みだしているといわれています。
DSCN0001_convert_20120311185210.jpg
 夜、仙台市の繁華街・国分町や一番町を歩いてみました。この画像と下の画像、何時頃の画像だと思いますか?名古屋の錦なら21:00頃でも十分通用する内容ですが、実はこれ、23:30過ぎの様子です。年末だったというのもありますが中心部は深夜も人であふれ、その賑やかさは人口が2倍である名古屋のそれを凌駕していました。
 ただ、その賑やかさには影があるようです。東北地方では建設工事関連や瓦礫輸送を行うダンプカーなど、特定業種に限り人手不足が深刻だそうですが、その雇用は不安定な短期雇用ばかりで展望が見えないそうです。また、建設関係の美味しいところは東京の大手企業に持っていかれているとか。
 更に小売業ではパートアルバイトの確保が難しいとの情報もありますが、これは既存の小売業者ではなく、特需を当て込んだ東京辺りの業者が大挙して仙台入りしたことによるそうです。
DSCN0002_convert_20120311185323.jpg
 地元の経済界が求めているのは製造業の回復。しかし、求人が好調なのは自動車部品など独自技術を持つ一部企業にとどまっており、その雇用も期間工員など不安定なものが多いそうです。これはどこでも同じ傾向ですね。
 製造業の盛んな東海地方でも軸になっている自動車産業がエコカー補助金などニンジンぶら下げて、数年先の需要を無理矢理前倒しして辛うじて生産量を確保している状態ですから、テレビなどの家電メーカーの様に行き詰ってしまえば一巻の終わりです。これは東北だけでなく、日本全体、いや世界的な傾向ですから、本当に難しい問題だと思います。
 そして、もう一つの問題は仙台市中心部が特需に賑わう一方で、沿岸部との復興格差拡大が深刻になっていることです。
DSCN0349_convert_20120103161953.jpg
 石巻、気仙沼もそうですが、この仙台市中心部からバスで20分ほど乗った同じ仙台市内にも、集落そのものが壊滅的になってしまった地域が存在しているのです。弊ブログでは、その地域も訪ねてきました。
2011東北冬紀行7・仙台市若林区荒浜
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-1067.html
 つまり、仙台市中心部の特需は沿岸部をはじめ周辺地域の経済需要が一極集中したために発生していることであり、ある意味これもハリボテの経済ということができます。持続的な発展は維持できず、いつかは行き詰ってしまうことでしょう。
 復興計画の進行の遅れには私も怒りを覚えます。住宅・建設関係から徐々に生活分野へと傾斜式に予算配分を行うことで阪神淡路の時の様な劇的な復興ができるものと思っていましたが、今回は範囲の大きさもあって特に沿岸部の復興は目処が立っていない地域もあります。以前にも書きましたが、資材が動けば物流が動く。物流が動けば、それを支えるサービス業が動き、その潮流に乗りたいと思う人材が集まり、更に経済活動が循環していきます。経済活動の循環を止めた状況で復興を叫んでも、人やモノは動かないのです。これはトップマネージメントで取り組むべき課題であり、それを棚に上げて消費税増税を叫ぶこの国の政治は明らかに失敗です。
 沿岸部では水産業による経済復興を望む人が多いようです。これはある意味当然です。製造業を誘致しても高速道路が無いなど道路事情等から、他の立地と比べても不利だからです。地の利を活かした産業を再び根付かせることによって、住み慣れた地域に暮らし続けることこそが復興への近道なのです。
 自分の利害を主張するだけで平行線をたどる議論はもう不要です。皆が一つずつ折れて折衷案を提示し、一刻も早い被災地の復興を第一に考えて欲しいものです。青葉城址の伊達政宗なら、東北の復興をどう考えていたのでしょう。少なくとも現在の政府よりスピーディーな判断を下していたのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1099-818119d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)