名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

基本も知らないジジィにキレる
職場では下っ端の私が、50歳過ぎの先輩が発したバカ発言にキレてミーティングで思わず大声を上げてしまった。先日も職場に外回り営業の基本である「御用聞き」をする奴としない奴がいて、しない方が「不公正」だとのたまったから怒り狂ったのを別の先輩に制止されたばかりである。今回の議題も「外回り営業での少額決済における、つり銭所持の必要性」というアホらしいものでハッキリ言って時間の無駄なもの。自分のサービスレベルが低いことを棚に上げて、「できない」と「やらない」を混同して当たり前のことをしないだけじゃないか。まるで公務員みたいなジジィどものバカさ加減には常に呆れているので、この場をつかって愚痴ってみたい。奴らはこのブログはおろか、PCすら触れないはずだから。
 うちの職場では40歳以上の転職組やOBの再雇用組のオッサンがいる。これまでイスに座っていたような人がヒラとして現場に出てくるというのだから、その根性だけは認めてあげたいが、あまりにも現実離れした発言・行動で顧客から苦情が来ることも度々あって、下っ端の私が苦情処理班状態になることも少なくない。
 職場では外回り営業の現場で掛売りの他に何十万円・何百万円から、まるで駄菓子屋のような「数十円」の超少額の現金決済もやっている。数十円なんて人件費も賄えない赤字事業なのだが、客を差別しない会社の方針であるから仕方ない(このおかげで私のような奴でも仕事が来るのだが)。だから、書類と共に小銭を持ち合わす電車の車掌や酒屋の配達員みたいな状態でいつも外回りをしているのだ。
 今回の議題は後者に対するもの。「会社がつり銭を用意・支給しないから用意していない」などと、客の前で幼稚園児のような言い訳をいい歳したオッサンが平気で言うのだ。確かに会社が若干の現金を持たせれば済むことである。会計事務の簡素化を表向けに実際は着服を恐れているチキンな会社の対応が最大の問題だが、980円の釣りや少額なのに1万円札が出てこない限り、2・300円ぐらいの小銭なら身銭でその場をしのいで、帰社後会計を通じて精算すればいいし、「今日は持ち合わせが無くて…。」と逃げることも1度きりなら何とかなるだろう(2度目は絶対通用しない)。
 こんなこと、柔軟な対応で何とでもなるのだが、自己中なジジィどもは凝り固まった思考で完全決着しないと気が済まないと職場のメンバーを集めてミーティングまでやる始末。昼休み潰すなつーの。老害達のせいで無駄な仕事ばかり増えて本当に迷惑だよ。客の立場になってモノを考えて行動しろ。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/11-6d0026ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)