名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名鉄バス・リバイバル五箇山号
gokayama.jpg
 乗り物好きを長年やっていますが、狙っていた路線に乗車する機会が無いまま廃止の日を迎え、悔しい思いをしたことは過去に多々あります。その路線の一つが名鉄バスの「五箇山号」です。1966年12月~2000年9月まで運行していた、当時の路線バスとしては国内最長の名古屋~金沢間約250kmを運行していた路線で、名古屋から郡上八幡や白川郷、五箇山を経由し、金沢駅まで約8時間半かけて結んでいました。晩年は東海北陸自動車道経由となりましたが、高速道路が完成するまでは全区間下道で10時間近くかけて走っていたそうで、予約不要であることから白川郷や五箇山を目指す旅行者や地元の方にも重宝されていました。
 その「五箇山号」が10年あまりの眠りから甦ったのが今回のイベントです。バスも赤と白のツートンカラーによる名鉄バスカラーをこのバスの為に復活。2000年の運行終了時のダイヤグラムをできる限り再現し、運賃も当時と同じ片道6,900円に設定。
20120517013604771_20120517021441.jpg
 ただ、1つだけ異なるのは、今回の主催は名鉄バスではなく、同じ名鉄グループの名鉄観光サービスが主催している点。バス事業者が運賃を徴収してバス路線を運営するためには免許が必要ですが、五箇山線の事業免許を改めて取得するには手続きが必要なため、これをリバイバル「バスツアー」として行うことで実現させています。
 ちなみに、名古屋~金沢間の高速バス運賃は4,020円。名古屋市内の一部金券ショップでは回数券のバラ売りで2,900円で利用可能になっています。それを思うと6,900円というのは、かなり割高でかつ強気な設定ですが、このツアーがバスファンを中心にした乗り物好きをターゲットにしているので、運転終了時の運賃に忠実に合わせた方がお客さんのハートを掴むのかもしれません(画像は名古屋市内某金券ショップでの高速バス回数券バラ売りの模様)。
DSCN0367_convert_20120517010259.jpg
今回は、
名古屋出発日:平成24年5月11日(金)~5月19日(土)
金沢出発日:平成24年5月12日(土)~5月20日(日)
と期間限定運行で、3日前までに予約する必要がありました。

 金沢行きは名古屋を8:40に出発し、ひるがの高原・白川郷・越中五箇山などで休憩しながら、金沢へ17:00頃到着。名古屋行きは金沢を9:40出発し、五箇山・白川郷・ひるがの高原などで休憩しながら、名古屋へ18:00頃到着という行程でしが、名古屋行きに限れば20分程度の早着することが多かったようです。
 前述しましたが、復刻カラーの車両を実際に見て感動しました。名鉄って、ヲタを毛嫌いする傾向が近年特に強いイメージがあったのですが、ここまで気合を入れてくれるとは!!
DSCN0368_convert_20120517010434.jpg
 さすがに方向幕車は名鉄バスに残っていなかったようですが、LED方向幕でも「越中五箇山 白川郷 名古屋」なんて方向幕を出されると乗り物好きにはたまらないものになります。手が込んでいます。

 5月19日名古屋出発便では23名の乗客があったという情報がネット上でありました。また、最終日の金沢出発便の乗客は11名でした。やはり、平日の利用は少なく、5月15日の金沢出発便は乗客1名貸切。18日の金沢出発便は乗客ゼロでした。名古屋側・金沢側双方とも営業が芳しくなかったようですが、最終日は名古屋から前泊で金沢入りして、最終便に乗り込む熱心な趣味の同業者さんもいたようです。
DSCN0373_convert_20120517010740.jpg
 せっかく復刻した車両。このイベント終了後はどうなるのでしょうか? 元に戻すのは簡単ですが、何かもったいないですね。
 乗り物好きの同業者さんのなかには、ここ10年程で劇的に進んだ名鉄のイメージチェンジに寂しさを感じるという声もあります。確かに名鉄は表面的に随分洗練されてきました。しかし、その背景には徹底的な合理化もあって無味乾燥としてしまった感はあります。古き良き名鉄の伝統カラーを敢えて残すことで、懐かしのレア車両として継続するのも一考かと思います。名古屋中央営業所所属車両ですから、高速バスで利用されるので、各地の乗り物好きの注目されるかも?
DSCN0374_convert_20120517010906.jpg
 今回のイベント「五箇山号」は運行終了で再び過去帳に消えてしまうかというと、決してそうではないようです。沿線には地域に根差す路線バスとして複数のバス会社が継承しており、岐阜市を起点に金沢までバス路線がつながっています。厳密には岐阜県の関・美濃から郡上八幡までは高速バス又は長良川鉄道を使いますが、これ以外は路線バスが残っています。今年4月より白鳥交通による郡上八幡~白川郷線も開業し、冬季以外は本格的な路線バス乗り継ぎ旅も可能になりました。
 五箇山号の経路は、国鉄バスの有名路線「名金線」の経路でもあります。五箇山号と名金線。この長大バス路線のDNAを継承するバス旅は時間とお金はかかりますが、私も一度してみたいものです。
DSCN0372_convert_20120517010609.jpg
 正直なところ、今回の企画は動員数が非常に寂しい内容でした。しかし、「懐かしのリバイバルシリーズ第1弾!」と銘打っているのですから、名鉄観光さんには懲りずに第2弾を企画して欲しいと熱望します。第2弾は名飯急行線(名古屋~足助~稲武~根羽~飯田)とかどうです?観光地あり、道の駅あり、温泉あり…。寄り道しながら回れば面白いバス旅になると思うけどなぁ。
DSCN9943_convert_20120521153540.jpg
 運行最終日の5月20日の模様。17:55到着。復刻カラーの2台目を撮影。「FUSO」のマークのカッコイイこと。
DSCN9945_convert_20120521153411.jpg
 「名鉄」の字体も懐かしいですね。
DSCN9947_convert_20120521153710.jpg
 バスが到着するとお出迎え組、乗車組双方による合同撮影会スタートです。危険な同業者さんがリバイバル五箇山号の姿をカメラに収めていました。私も含め、この業界の皆さんの服装パターンに法則性があることが良く分かりますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント
実は5/19に乗ったクチ
実際乗った23人の1人です(笑)。この23人が一番多いというのだから確かに寂しいですね。

感想としては、想像以上によかった、の一言。
一宮の営業所に寄った時には、外にいた職員の人達が手を振ってお出迎えしてくれてましたし、ひるがの高原にあるレストランが休みとわかっていると、いっそのことひるがのの休憩は20分にして白川郷に充てようというフレキシブルさも発揮して、かなりいいサービスでしたね。

正直、宣伝が足らないの一言に尽きると思います。このあたりは少々私のブログでも書いていこうかと思います。
【2012/05/22 00:14】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

元は一宮担当
この復活「五箇山号」、平日にも運転(ではないですね、旅行日設定だな)されたところみると、必ずしもバスファンだけでなく、かつての名金線で合掌集落へ旅行された方々へのアッピールもあったと思います。

いくつかブログにありましたけど、概して空席の方がはるかに多かったようですね。
これも「リバイバル再現」だったりして・・・。

半分冗談ですけど、運行当時は結構空いていました。
運行経路に旧22号線があり、途中停留所に尾張一宮駅前停。
時々見かけていました、番号2101~2103の車両。
これが一宮担当で、当時の一宮営業所所属バス車内にある管内路線図に、名金線も記入されていました。
いつごろから「五箇山号」という愛称がついたのだろう。


今年の春に京都バスですごい免許維持路線ができました。
運行は一年間に片道一回。
元は観光路線だったものをダイヤ改正で、こんな形となったものです。
名鉄バス、あくまでリバイバルなのでツアーバス形式になりましたけど、ここは一つ、乗合事業許可を得られないものだろうか。
事業路線と運行系統があれば、お客が見込まれるときに運転できます。(事業計画は必要)
・・・まず無理だろうな。愚案ですいません。
【2012/05/26 10:16】 URL | kisomitake #nwhvIVzA [ 編集]

Re: 実は5/19に乗ったクチ
>アレックスさん
>実際乗った23人の1人です(笑)。
 うらやましい!

>ひるがの高原にあるレストランが休みとわかっていると、いっそのことひるがのの休憩は
>20分にして白川郷に充てようというフレキシブルさも発揮して、かなりいいサービス
 アレックスさんのブログ拝見しました。金沢日帰り強行軍だったようで、お疲れ様でした。五箇山号の報告が続々とWEBに上がっていますが、運転士さんの機転利かせた対応、大変ありがたいですね。
【2012/05/27 02:02】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

Re: 元は一宮担当
>kisomitakeさん
>半分冗談ですけど、運行当時は結構空いていました。
 五箇山号は予約制でなく、予約不要の乗合バスであったことも魅力でしたね。私は郡上で2度見かけましたが、やはりガラガラでした。ただ、白川郷・五箇山へ向かう貴重なバスとして、岐阜側なら郡上八幡や白鳥、富山県側ならば城端や福光から、利用する観光客が少なくなかったそうです。拡大路線を貫いていた古き良き名鉄のDNAを持ったバス路線でした。

>今年の春に京都バスですごい免許維持路線ができました。
>運行は一年間に片道一回。
 これ、すごいですね。名古屋の節分バスや国府宮裸祭り限定の名鉄バス・秋竹~国府宮とか、レアなバスがありますが、ここまで来ると究極ですね。沿道で撮影するのも数年がかりですね。

 そういえば、名鉄色に復活したバス2台のうち1台(2523号)は、そのまま高速バスとして運用されているようです。明道町で目撃しました。
【2012/05/31 02:06】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

第2弾を乞うご期待。
>名鉄観光さんには懲りずに第2弾を企画して欲しいと熱望します。
>第2弾は名飯急行線(名古屋~足助~稲武~根羽~飯田)とかどうです?
大賛成です。恵那山トンネル開通までは名古屋~飯田間のメインルートだったそうですが、この復刻版をこの復刻塗装の車輌で是非やって欲しいものです。

>観光地あり、道の駅あり、温泉あり…。寄り道しながら回れば面白いバス旅になる
足助の町並み、稲武のどんぐりの湯、それに平谷のひまわりの湯。冬になれば治部坂高原のスキー場と、観光の穴場がいっぱいありますよ、国道153号線沿線には。

それにしても、今の高速道路網が出てくる前にはこういった下道を走る長距離バス路線が当たり前のようにあったんですよねぇ。
他にも発掘すれば色々出てきそうですな。
【2012/05/31 20:13】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: 第2弾を乞うご期待。
>足助の町並み、稲武のどんぐりの湯、それに平谷のひまわりの湯。冬になれば治部坂高原の
>スキー場と、観光の穴場がいっぱいありますよ、国道153号線沿線には。
 今回の企画に参加した人の乗車記録をブログなど拝見していますと、休憩スポットが極端に少ないのが気になりました。もう少し寄り道スポットを増やしても良さそうな感じがしました。ひょっとすると、名鉄サイドで最終の名古屋行き又は金沢行き高速バスへの接続を考慮していたのかもしれません。

 名飯急行線の場合、国道153号の足助以北は改良されていますから、オール下道でも4時間程で走破してしまいますが、途中の寄り道スポットは充実していますから面白いかと思います。
【2012/06/09 14:34】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1103-db361ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。