名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄内部・八王子線存廃問題1
DSCN9989_convert_20120618012120.jpg
 近鉄が三重県四日市市内を走る内部線と八王子線について、利用者の減少と毎年3億円程度の慢性的な赤字経営であることから、「運営費の補助が無いと存続が難しく、老朽化した車両の更新時期となる来年夏ごろに今後の方向性を出したい」と四日市市に申し入れをしていたことが明らかとなり、その進展によっては存廃問題に発展する恐れが出てきました。
 この情報、私はネットで知ったのですが、名古屋市内向けの新聞各紙では報道は無く、三重県向け紙面だけでの報道だったようです。しかも、先行したのは朝日と読売。1日遅れで毎日と伊勢新聞が報道し、6月10日以降の紙面を読み漁りましたが中日新聞はスルーでした(桑名市中央図書館にて確認済)。
 近鉄内部・八王子線は、四日市市中心部と郊外を結ぶ路線で総延長は2路線合わせて7.4kmのミニ路線。線路の幅が762mmしかないナローケージという特殊軌道で、全国でもここと同じ三重県内の三岐鉄道北勢線と富山県の黒部渓谷鉄道でしか見られない珍しい鉄道です。しかし、その珍しさ故に他の鉄道からの車両や設備、部品の融通ができないため経費が割高であることや、1日約1万人の利用があるとはいえ利用者は減少傾向にあり、その大半が沿線に4校ある高校生がメインで、割引率の高い定期券を利用することから増収につながらないため、慢性的な赤字に陥っているようです(画像は2012年6月15日朝日新聞朝刊三重県版より)。
DSCN9988_convert_20120618011716.jpg
 報道によると内部・八王子線では車両の更新が必要で、その費用は14億8千万円。四日市市はその1/6である2億5千万円を負担する予定だったものの、毎年3億円の赤字を出す鉄道の赤字補てんとなると、その予算は倍増するわけで四日市市は負担について懸念を示しているそうです。この構図は廃線となった鉄道沿線自治体と同じパターンを踏襲しています。
 そもそも、近鉄は大阪・奈良・京都の都市圏や伊勢志摩観光による黒字分をローカル線の赤字に充当することで路線網を維持してきました。しかし、鉄道の利用は全国的に減少傾向であり、近年では大阪・奈良・京都での黒字だけでローカル線までカバーできなくなっているようです。
 特に愛知県や三重県では統計年鑑のデータによると、近鉄沿線各駅の利用者数は減少傾向にあることが分かります。少子高齢化・クルマへの移行、競合するJRへの移行など要因が考えられ、近鉄の圧倒的なシェアも決して安泰では無い事を示しています。
 近鉄は数年前に伊賀線と養老線を本体から分離しました。そして、今度は次に成績の悪い内部・八王子線にターゲットを合わせてきたのでしょう。確かに総延長7.4kmで毎年3億円も赤字を垂れ流されては厳しいものがあります(画像は2012年6月15日読売新聞三重県版より)。
DSCN9994_convert_20120618012845.jpg
 四日市市議会で四日市市長は内部・八王子線の存続について意欲を示すも、赤字補てんなどの財政支援については否定的し姿勢なのだそうです。議会内では「県に支援を求めるべきだ」「運賃を値上げしてでも存続を」といった意見や、「今後の事業の継続性は疑問。運営費に補助するべきではない」といった声が上がっているとのこと。ただ、市長や議員さんには「1日1万人も利用者がいるのだから残るだろう」という考えが根本にある様な気がしてなりません。
 また、近鉄名古屋事務所のコメントも気になります。「駅の無人化など経営改善に努めているが、今後も利用客の減少が予測され、路線を維持するためには抜本的な経営改革が求められている」。しかし、近鉄は本気で経営改善を図っているか疑問視すべき点もあります。例えば、内部・八王子線での運営は非常に雑で、近鉄四日市以外はすべて無人駅。電車はワンマン運転で他社なら乗車券回収や運賃収受は運転士が行うものの、近鉄はこれを行わず、駅の回収箱に入れるように誘導する信用乗車方式を導入していますが、それが正しく行われているかは甚だ疑問で、常態的に相当額の運賃取りこぼしがあるとみられます。近鉄は10年以上前から閑散路線でこの方式を採用していますが、ここまでザルな状況なのが北勢線の頃からそのまま放置されているのは収益を追求すべき民間企業としては異常としか思えません(画像は2012年6月16日伊勢新聞より)。
DSCN9940_convert_20120618013436.jpg
 内部・八王子線の存廃問題。このまま存続か、伊賀線・養老線の様に近鉄主導による分離か、北勢線の様な完全分離か、更にはバス代替か、どうなるかは分かりません。しかし、バス代替は通勤通学時間帯の輸送が困難であり、更に四日市市内の道路事情の悪さもあり厳しいでしょう。一方、現状維持ではそのうち行き詰まってしまう危険性もあります。四日市の様な30万人都市なら、富山市の富山ライトレールの様に公共交通を機能的なものにリニューアルすることで復活させられはしないかと思うこともあります。
DSCN9953_convert_20120618013752.jpg
 先人たちの努力によって造られ、残って来た鉄道という財産。失ってからでは遅いわけで、どうすれば地域の足として維持できるかを知恵を出し合いながら考えて欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
何やそれ?
今回の記事を読むにつれ、「何やそれ?」と言いたくなる点が多過ぎますな。
まずは新聞です。全国紙三紙と伊勢新聞が報じたのに中日新聞が完全スルーなのは此れ如何に?私がこのコメントを書いている6月18日の紙面でも書かれておりません。普通ならこの新聞が大々的に報じて然るべきなのにねぇ。
四日市の市長や議員の反応もどこか煮え切らないものがありますし、近鉄名古屋事務所の姿勢もいい加減過ぎやしませんか?そりゃ赤字が拡大して当然だわな。
よって、
>四日市の様な30万人都市なら、富山市の富山ライトレールの様に公共交通を機能的なものにリニューアルすることで復活させられはしないかと思うこともあります。
というのは、今のままでは残念ながら期待薄ですな。何より富山市長と姿勢が違い過ぎますもの。
こんな風ではいけないのですけどね。

>このまま存続か、伊賀線・養老線の様に近鉄主導による分離か、北勢線の様な完全分離か、更にはバス代替か、どうなるかは分かりません。
私は「北勢線の様な完全分離」がベターだと思います。「近鉄主導による分離」ですが、伊賀線や養老線はあの様な形で良いのでしょうけど、内部・八王子線に対するあの姿勢では心許無いです。
ならば、北勢線を運営する「あの企業」(敢えて名前は出しませんが)の出番か?
今後の動向に期待しましょう。
【2012/06/18 11:21】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: 何やそれ?
>全国紙三紙と伊勢新聞が報じたのに中日新聞が完全スルーなのは此れ如何に?
 せめて三重県版や北勢版に掲載があるものと思っていたんですが、スルーでした。中日新聞も四日市市当局と見解が同じで、1日1万人も利用者がいるのだからと舐めているのでしょう。

>何より富山市長と姿勢が違い過ぎますもの。
 公共交通について理解のある首長って、本当に少ないですからね。三重県が何とかしてくれるという期待もあるようです。その背景には北勢線も全廃でほぼ確定のところ、三重県が50億円の支援を決めて大逆転がありました。昨年はJR名松線でも1日たった90人しか利用しない区間を復活させることを決めました。1日1万人も利用する路線を切ってしまうようでは、岐阜の路面電車同様、世紀の蛮行と笑われてしまうことでしょう。

>北勢線を運営する「あの企業」(敢えて名前は出しませんが)の出番か?
 そう行きたい所ですが、あの企業にお願いしても内部・八王子線が四日市市内で孤立してしまうため、今のままで既存の路線を継承しても再び苦しくなるように思います。内部・八王子線を残すためには、沿線ならびに四日市市中心部の公共交通網を抜本的に大手術することが必要ですが、それだけの決意が四日市市当局にあるかは疑問です。大手術の内容については、機会を見て書いてみたいと思っています。
【2012/06/25 00:20】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

Re2: 何やそれ?
>広隆堂さま
>岐阜の路面電車同様、世紀の蛮行と笑われてしまうことでしょう。
「蛮行」と言うよりは「愚行」、「笑う」と言うよりは「嗤う」でしょうね。
あの街についてはもう見捨てています。あのレヴェルの市民にしてあの程度の市長あり。もはやこの街につける薬無し。このまま緩々と衰退してゆくのでしょう・・・。

>三重県が何とかしてくれるという期待もあるようです。
北勢線やJR名松線が上手くいったからと言って内部・八王子線も、といけるとは限りませんけどねぇ・・・。ま、三重県が様子を窺っているのは間違い無いと思います。

>沿線ならびに四日市市中心部の公共交通網を抜本的に大手術することが必要ですが、それだけの決意が四日市市当局にあるかは疑問です。
こんな事ではいけないのですけどねぇ。何でも県や近鉄、それに三交任せというのは通用しなくなっている筈ですけど。
ここは一つ四日市市当局の奮起を期待したいです。
愚行は断じて許されません。
【2012/07/01 11:06】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re3: 何やそれ?
>あの街についてはもう見捨てています。
 あの街は行政もバス会社もダメダメですからね。バス会社は郡上に続き、某市からも引き揚げるとの噂が出てきましたね。バスカードの歴史的改悪からバス離れがそろそろ表面化するものと見ています。今年は国体輸送で誤魔化しても、翌年には逆に落差がハッキリするはずです。

>北勢線やJR名松線が上手くいったからと言って内部・八王子線も、といけるとは限りません
 トップも変わっていますから、方針次第では…もあるのは事実です。

>何でも県や近鉄、それに三交任せというのは通用しなくなっている筈ですけど。
 交通機関を利用するのは地元住民ですから、四日市市民の意識が問われると思います。
【2012/07/25 00:51】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1123-8305154f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。