名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰り長野電鉄屋代線惜別の旅1・信州への道
DSCN9933_convert_20120724151519.jpg
 3月20日に行ってきました、信州日帰り強行軍レポート第1弾です。
 今回の目的は3月末で廃止になる長野電鉄屋代線の乗り納め。本当は1泊2日の予定でしたが、年度末ということもあり休暇が取れず、日帰り強行軍となりました。
 名古屋から信州。近いようで結構遠いイメージがあります。同じ信州でも松本以南であれば、日帰りも十分可能なのですが、長野市内までとなると少し工夫が必要となります。名古屋から信州、どうすれば楽に行けるか。思いついたのは夜行バス。しかし、大阪からはあっても名古屋からの夜行バスが有りそうでありません。そう思うと、数年前に廃止になった夜行列車・急行「ちくま」の廃止は非常に惜しまれます。名古屋~松本・長野間に深夜移動需要って無いのでしょうか?名古屋側の事業者と松本電鉄と川中島バスのアルピコグループタッグで、名古屋23:30発、松本翌朝5:00着、長野6:30着ぐらいのバスがあると非常に便利なのですが。
DSCN9937_convert_20120724151606.jpg
 朝5時起床。休日限定の「青空フリーきっぷ」を握りしめ、千種駅6時17分発の臨時列車「きそスキーチャオ号」薮原行きに乗り込みます。この列車、外見はいつもの快速列車なのですが、3両編成で先頭から2両が指定席、自由席は名古屋方1両のみという、結構トンデモ列車。2時間立席は勘弁願いたいところ、運良く高蔵寺駅で座席確保。
 多治見までは快速列車並みの停車駅(鶴舞・勝川・春日井は通過)でしたが、多治見を過ぎると中津川・上松・木曽福島と特急列車並みに停車駅が少なくなります。多治見を過ぎたあたりで中央線の列車では珍しい車内改札がありました。乗客の大半は松本方面までの乗り通し客のようでした。
DSCN9948_convert_20120724151648.jpg
 この「きそスキーチャオ号」、木曽福島駅からバスに乗り換え「チャオスキーリゾート」へのアクセスを考慮しているのですが、どうして薮原までなのか。車両回送のことしか考慮していないようです。本当に中途半端としか言いようがありません。トンネル1つ抜ければ木曽路の宿場町・奈良井。更に塩尻まで行けば松本・諏訪方面へのアクセスも飛躍的に向上します。JR東海はいつもそうなのですが、利用者のニーズをあまりに狭く解釈する傾向にあります。塩尻まで延ばすと特急「しなの」の客が逃げる?とはいえ、3両編成ですよ。逃げる利用者数なんて知れていると思いますけどね。JR東海の臨時列車について、その弊ブログでも「熊野古道」号でも賀田止まりの中途半端な運用について熊野市まで延長せよって書いたら、JR東海に同様の声が多数届いていたようで現在は熊野市まで延長運転されるようになりました。
 中央線の臨時快速についても、夏場の臨時快速列車「ナイスホリデー木曽路」は塩尻まで運行するのだから、「きそスキーチャオ号」も塩尻まで延長せよ!!と言っておきます。
DSCN9969_convert_20120724151807.jpg
 木曽福島到着。終点の薮原で約1時間列車を待っていては今回の目的地である長野市内到着が遅れてしまうので、ここで乗り換えます。駅にはJR東海のスキー場、チャオスキーリゾートへのバスが乗り換えを待っておりました。15名ほどのお客さんがバスに乗り込んでいきました。いまや、クルマが圧倒的なスキー客。絶滅危惧種になりつつある列車スキー客ですが、需要発掘の余地は十分にあると思います。
DSCN9971_convert_20120724151845.jpg
 今回は長野市内まで急ぎたいので、ここで渋々特急列車に乗り換えます。ここで先へ向かう乗車券をいくつか購入。木曽福島駅の初老駅員氏の応対が機敏で大変素晴らしいものでした。木曽福島8:15発の特急しなの1号に乗り込むと自由席は空席もあり、非常に快適。特急を出来る限り回避したいばかりに、朝5時起きの旅。いつか、特急で快適な旅がしたいものです。
DSCN9980_convert_20120724151931.jpg
 「青空フリーきっぷ」のフリー区間が木曽平沢までなので、木曽福島駅で木曽福島~塩尻間の特急券と、木曽平沢~松本間の乗車券を購入。車内改札時に車掌氏の目が点になっていました。こういう利用形態は少ないのでしょうか。一瞬の静寂の後、「あ~、なるほど。」と言うと、ハサミを入れてくれました。長野市内まで、更に2時間程列車に揺られます(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント
藪原止めでもいいように
暑いこの頃に冬の寒さを思い出す記事。
気分的にも涼しくなります。

きそスキーチャオ号の藪原駅止めを塩尻延長の件ですけど、私は現状の藪原止めでいいように思います。
列車設定目的がスキー客輸送で、塩尻へ抜ければ諏訪・松本方面に便利ですけど、名古屋発が早いですね。
奈良井駅までの延長は、奈良井宿散策に使えますが、冬場はやっぱりお客さん少ないでしょう。
なので、藪原スキー場がある藪原駅までで、いいと思いますけど。

きそスキーチャオ号の編成は、藪原駅到着後、回送で木曽福島駅へ。
そして木曽福島駅から再度回送で藪原駅中線(2番乗り場)、そして名古屋行きとなります。
ちなみにナイスホリディー木曽路号も、塩尻着後は回送で木曽福島まで戻ります。


ところで、チャオスノーリゾート行きのバスは大形ですね。
しかもSHD車。スキー板などを積み込むためですけど、豪勢だな。
夏場の濁河温泉行きは、マイクロ車を使っています。
【2012/09/04 18:40】 URL | kisomitake #nLqcPplU [ 編集]

Re: 藪原止めでもいいように
>暑いこの頃に冬の寒さを思い出す記事。
>気分的にも涼しくなります。
 ご配慮いただきありがとうございます。
 ただ、更新が遅れただけです。申し訳ありません。

>きそスキーチャオ号の藪原駅止めを塩尻延長の件ですけど、私は現状の藪原止めで
>いいように思います。列車設定目的がスキー客輸送で、塩尻へ抜ければ諏訪・松本
>方面に便利ですけど、名古屋発が早いですね。
 そうですね。名古屋市内在住者でも、朝6時過ぎから利用できる人は限られているように思います。また、利用客の大半はフリーきっぷであるのも予測し、わざとしなの1号への誘導を図っているのかもしれません。塩尻から木曽福島まで40kmも回送で朝夕に1往復するのも、在来線に猛烈にシビアなJR東海には許されないレベルなのでしょう。ただ、夏場の「ナイスホリデー木曽路」は実施しているので、要は需要の読みが冬場はスキー客に偏重しているのだと思われます。
【2012/09/15 14:29】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1129-8c19b10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。