名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県営名古屋空港展望デッキ一般開放
DSCN0605_convert_20120727131557.jpg
 久しぶりに県営名古屋空港へ行ってきました。ターミナルビル(旧国内線ターミナル)の3階に展望デッキがオープンしたというので、その見学が目的です。
 実は、展望デッキ自体は旧名古屋空港時代から存在していたのですが、セントレア(中部国際空港)が開港した2005年以降は閉鎖されていました。FDA(フジドリームエアラインズ)が名古屋空港に就航した2010年10月31日に1度だけ展望デッキの一日開放が行われただけで、県営名古屋空港の展望デッキは幻のモノになっていました。したがって、県営名古屋空港は搭乗口入口まで見送ることはできても、飛び立つ飛行機を見送ることができない残念な状態が7年間も続いていたのです。お隣にある「エアポートウォーク」に展望デッキはあるのですが場所が悪く、飛行機を見に行くにはあまり適当な場所ではありませんでした。
DSCN0602_convert_20120727132653.jpg
 そこで、空港運営会社が創立55周年記念事業として、見晴らしを良くするために展望デッキをかさ上げ改造して、7月19日に再オープンしたというわけです。早速、ターミナルの中へ入ってみましょう。かつては利用者でごった返していた名古屋空港もANAが撤退し、続いてJALも撤退してしまい、いまやFDA(フジドリームエアラインズ)の飛行機が毎日13便発着するだけとなりました。発着時間が集中する朝と夕方以降を除くと閑散としています。
 私は子どもの頃、当時の名古屋空港着陸航路の真下で暮らしていました。航空機や自衛隊機も混じり、朝は7時過ぎから夜9時過ぎまで10分間隔ぐらいで絶えずやってくる飛行機の音を聴いて育ちましたので寂しい限りです。
DSCN0591_convert_20120727131806.jpg
 到着ロビー脇にあるエレベーターに乗り、3階に向かいます。エレベーターは昔と同じで大型でゆっくりと移動するタイプです。大量輸送を担っていたはずのエレベーターですが、今は輸送能力をもてあそぶ程度です。
 3階に到着すると、展望ロビーに到着です。冷房が良く聴いていて本当に涼しい空間です。ロビーには1階にもある出発・到着時間を知らせるモニターがあって、出発時刻までハロービーで待機し、時間になったらデッキへ飛び出すなんてことも可能です。本当に静かで快適な環境です。
 では、出発時刻が近づいてきましたので、展望デッキに行ってみましょう。
DSCN0587_convert_20120727132141.jpg
 今回の一般開放の為に改装しただけあって、真新しいデッキでした。私も旧名古屋空港時代以来、随分久しぶりに眺望を楽しむことができました。
DSCN0588_convert_20120727131714.jpg
 県営名古屋空港の滑走路って、こんな感じだったんですね。県営になってから、ここから飛行機に乗ったことはないので、しばらく観察していました。手荷物検査終了後、荷物を持って滑走路上を歩いて搭乗するというのは噂に聴いていましたが、
DSCN0616_convert_20120727132035.jpg
 この光景はすごい。合理化というか何というか。でも、飛行機を利用するにあたって、都市部の空港では貴重な経験ができますね。
 また、県営名古屋空港の滑走路挟んだ向かいには航空自衛隊小牧基地も隣接しており、自衛隊機の観察や撮影も堪能できます。
DSCN0593_convert_20120727131949.jpg
 FDAといえば、同じ機種(厳密には2種)に同じデザインの異なったカラーとなっており、航空機マニアだけでなく、子供達やその親にも興味を持ってもらえるかもしれません。展望デッキは入場料無料ですから、県営名古屋空港だけでなく、FDAにも良いアピールになることでしょう。ちなみに、朝一番機が飛び立つ前7:40頃には、カラーの違う最大4機の旅客機が見られるようです(日程によって異なる場合もあるので要確認)。
 なお、展望デッキの開放時間は7:00~18:30となっています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1132-884c1f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。