名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事業者による補助金不正受給2
KIMG0643_convert_20120819142846.jpg
 地域住民の足を守るコミュニティバス事業を運営・継続させるための行政からの補助金を、運行していた交通事業者が不正受給していたことが判明した岐阜県御嵩町。弊ブログでも過日にその模様をお届けしましたが、

交通事業者による補助金不正受給
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-1125.htmlの事件の続報 その後の情報が入りましたので、今回はその内容をお届けします。

 岐阜県御嵩町が同県多治見市のタクシー会社に運行委託していたコミュニティバス事業で、タクシー会社がバス運転士を失業者3人を新規雇用する条件を守らず、岐阜県から2009~10年度の2年間で1,848万円を不正受給した問題で、御嵩町はこれまでの受給分と加算金を合わせた2,120万円の弁済をタクシー会社へ請求するも折り合いがつかなかったため、御嵩町がタクシー会社を提訴しました(画像は2012年7月20日岐阜新聞朝刊より)。これで問題は遂に本格的な法廷闘争となりました。
KIMG0641_convert_20120819142735.jpg
 そして、御嵩町は多治見市のタクシー会社との契約を打ち切り、名古屋市のバス会社に事業者を変更してコミュニティバスの運行を継続することが分かりました(画像は2012年7月28日岐阜新聞朝刊より)。また、御嵩町内で走らせていた別のコミュニティバスも契約を解消し、多治見市のタクシー会社との関係は絶縁となりました。
 ところで、どうして遥々名古屋市のバス会社に依頼せねばならなかったのでしょうか。御嵩町やお隣の可児市で営業しているタクシー会社あたりが手を挙げそうな気もしましたが、地元事業者が手を挙げなかった(挙げられなかった)のは、条件面や事業環境の問題もあるのでしょうが、実は同じエリアで営業している多治見市のタクシー会社(可児市で事業展開中)への配慮や、その会社が名鉄系列であることから、地域で展開する名鉄電車各駅への乗り入れ不可などの制裁を恐れた「地域の柵」の影響が大きいのではないかと勘繰りたくなります。

 もう一つ気になるのは、御嵩町と交通事業者との複雑な力関係です。御嵩町は公共交通の大動脈となる名鉄広見線・新可児~御嵩間の存廃問題を抱えています。利用者は若干増加したという報道もありますが、予断を許さない状況は続いています。また、明智駅から発着する旧名鉄八百津線代替バス(YAOバス)について、御嵩町は高校生通学の足確保などを目的に名鉄グループの東濃鉄道(多治見市のタクシー会社の親会社)に補助金を出して運行を委託しています。御嵩町は補助金を出す方ですが、裁判の行方によっては今後はどうなるか分かりません。
 正直なところ、御嵩町は公共交通について不利な立場であるが、行政が地域住民の足を守るという大前提があるので、最終的には「弁済は免除される」というタクシー会社の甘い読みがあったのではないかと見ています。ただ、今回のケースではタクシー会社が運行委託契約を獲得することだけを優先し、契約の条件を遵守しなかったタクシー会社の認識の甘さについて責任が問われているわけです。タクシー会社に免責を主張する資格はないと思います。
 今後も裁判の行方を見守りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1139-5cef637d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。