名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

日帰り長野電鉄屋代線惜別の旅3・屋代駅
DSCN0029_convert_20120916021334.jpg
 3月20日に行ってきました、信州日帰り強行軍旅レポートの第3弾です。いよいよ、本題の長野電鉄屋代線に突撃します。
 長野電鉄屋代線は長野県千曲市の屋代駅から須坂市の須坂駅までを結ぶ24.4kmの鉄道です。松代・若穂など千曲川右岸(東側)の町々を結ぶ鉄道として、河東鉄道により1922年(大正11年)に開業。1925年(大正14年)に木島まで延伸された。当初は蒸気機関車による運行でしたが、1926年(大正15年)に早々と全線電化し、長野電気鉄道と合併し長野電鉄と社名変更。2002年(平成14年)、河東線のうち信州中野~木島間の通称木島線が廃止され、運行形態に合わせて屋代~須坂間の名称を河東線から通称名の屋代線として、地域住民の足として走り続けてきました。
DSCN0031_convert_20120916021721.jpg
 屋代線の起点となる千曲市の屋代駅は、しなの鉄道との共同使用駅です。しなの鉄道は旧JR信越本線。現在は軽井沢で行き止まりの路線ですが、長野新幹線開業までは碓氷峠を越えて高崎・大宮を経て東京・上野まで線路がつながっていました。鉄道全盛の時代だった1961年(昭和36年) からは、急行「志賀」「丸池」など国鉄から乗り入れる列車が設定され、首都圏からの観光客やスキー客で賑わっていましたが、1982年(昭和57年)11月15日に廃止され、地域のローカル輸送に徹することとなりました。
 駅構内は結構賑やかで、売店・土産物店もありました。駅構内の一部がギャラリーとして開放されているのも特徴です。第3セクター鉄道らしい経営の発想です。
DSCN0034_convert_20120916022214.jpg
 屋代駅の運賃表示板。しなの鉄道はもちろんのこと、JR線の篠ノ井~長野間は全駅表示されていますが、それ以外の路線は主要駅のみ。特に長野電鉄については、右下に小さく東屋代・雨宮・松代・須坂だけ表示するだけという適当さ。競合関係で無いのにここまで扱いが小さいということは、いかに利用者が少ないかが良く分かります。長野方面へ行く人は皆無でしょうが、須坂から先の小布施・中野・湯田中方面に行く人もいないということでしょうか。
DSCN0036_convert_20120916022339.jpg
 一応、長野電鉄も単独で表示を出していました。何だかノスタルジーを感じる掲示です。長野まで1130円。しなの鉄道経由なら330円で行けますから、長野電鉄経由で行く人はまずいないことでしょう。しなの鉄道が長野電鉄について屋代線しか表記しない理由も何となく理解できます。
DSCN0037_convert_20120916023029.jpg
 では、改札を抜けて屋代線のホームへ向かいましょう。しなの鉄道の跨線橋はどこにでもありそうな立派なものですが…
DSCN0026_convert_20120916023353.jpg
 長野電鉄側へ向かう橋は床が何と板張り。まるで40年程タイムスリップしたかのようなレトロな橋になっていました。
DSCN0040_convert_20120916023816.jpg
 階段を降りると、これまた渋いホームが迎えてくれました。映画の撮影にでも使えそうな渋さです。そのホームでは屋代線の乗り納めを目的とする地元の方や我々の様な同業者が多数集まっていました。
DSCN0045_convert_20120916024026.jpg
 ホーム上では、長野電鉄としなの鉄道が机を置いて、記念切符や鉄道グッズの販売を行っていました。
DSCN0057_convert_20120916024346.jpg
 様々な記念切符や、キーホルダー、DVDにおもちゃなど、鉄道会社もあれこれとアイデアを出しながら、増収を目的に販売を積極的に進めていますが、乗り物好きからすると、この種の切符やグッズには食指が動きません。逆にその意欲があるなら、なぜローカル線の増収策を考えなかったのかと疑問を感じます。もし、売るなら今回廃止となる屋代線各駅からの硬券乗車券を売るとか、最後の年度だけでも屋代線の収支改善に直接協力できるようなモノでないと、わざわざ長野まで来て財布の紐を緩める気になりません。
 今回は日付を印字するダッチングマシンを持って来ながら、屋代線の乗車券を用意していないことが非常に残念でした。同業者さんに金持ちもいるでしょうが、こういうところに鉄道会社の見識のズレを感じずにはいられませんでした。
DSCN0067_convert_20120916024949.jpg
 屋代線の0kmポスト。河東鉄道の頃からの由緒正しき起点も、今回の廃止で消滅します。
DSCN0064_convert_20120916024732.jpg
 国鉄列車乗り入れ時代の名残なのか、ホームは5~6両ほど止まれるのですが、ホームは半分ほどしか使われておらず、舗装もされていない幻のホームが使われないまま残っていました。
DSCN0051_convert_20120916024443.jpg
 須坂からの屋代行き電車が到着しました。折り返し須坂行きとなります。
DSCN0055_convert_20120916025725.jpg
 普段は2両編成なのだそうですが、この日は乗り納め乗車の人が多いと長野電鉄が見越したようで、3両編成になっていました。現在のホームが2両編成に対応したものの為、屋代方先頭車両の一部はホームをはみ出して、行き止まりギリギリのところで停車。扉扱いをしないようになっていました。発車時間が近づくと電車には乗客が次々と乗り込み、あと10日で廃線となる鉄道と思えぬほどの盛況でした。
 正午、須坂行き電車が屋代駅を出発しました(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1143-1deff05b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)