名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰り長野電鉄屋代線惜別の旅2・信州の鉄道
DSCN9981_convert_20120724152011.jpg
 3月20日に行ってきました、信州日帰り強行軍旅レポートの第2弾です。
 木曽福島で乗り換えた特急しなの1号は8:57塩尻着。9:01の松本行きに乗り換え。JR東日本の車両になって旅情が引き立ちます。9:17松本着。「まつもと~~、まつもと~~」のおなじみアナウンスで旅情が更に引き立つ。松本駅でJR東日本が発行している「北信濃回遊パス(¥2,500)」を購入。長野県北信・東信エリアの回遊に便利で、JRの姨捨~長野~妙高高原・森宮野原間と、しなの鉄道全線・長野電鉄全線と川中島バスの長野駅~松代間と長野駅~善光寺間のバス「びんずる号」が乗り放題の切符。日帰りでも十分元が取れるので、今回の旅では大変役に立ちました。
DSCN9986_convert_20120724152051.jpg
 時間があったので、松本駅ホームの「山野草」という店でで立ち食いそば。メニューが並と特上の2段構えで驚き。並を注文しましたが、冷凍麺の並はそば処の信州にしては味がイマイチ。150円増しでも生そばの特上にすれば良かったと反省するも時すでに遅し。ちなみに、松本では駅近くのイイダヤ軒という立ち食いそば屋さんがおススメです。
 松本9:35発の長野行の電車が来たので乗り込みます。せっかく信州まで来たのにJR東海の車両でガッカリ。しかも、「みすず号」という名称がついていますが各駅停車。どうして何の特徴もない各駅停車なのに列車愛称が付けられているんでしょうね?ただ、乗客の声を聴いていたら「新しい電車で良かった」の声も。地元の方に喜ばれているなら、それでいいのでしょう。しかし、寒冷地の半自動扉車両は本当に暑い。
DSCN0015_convert_20120901145952.jpg
 姨捨駅のスイッチバックも数年ぶりに経験し停車時間に善光寺平の眺望を撮影。山を一気に下って10:46長野着。名古屋から4時間半かかりました。時間があったので、長野電鉄長野駅を見物。
DSCN0016_convert_20120901150259.jpg
 昭和56年に完成した長野電鉄長野~善光寺下間の地下鉄化。都市部でも高架にする鉄道が多いなか、1970年代に建設費用が高い地下を選択した長野電鉄の事例は非常に興味深いですね。切符売り場の配置や改札の雰囲気、そして照明の適度な暗さ。いずれも、東海地方では長野より一足早く完成した一昔前の名鉄瀬戸線の栄町駅に非常に良く似ています。長野電鉄といえば、元小田急ロマンスカー1000系「ゆけむり」や、元成田エクスプレス2100系「スノーモンキー」など他社の優等列車車両を新型車両として積極的に導入しています。ここから本命の長野電鉄屋代線に乗ってもいいのですが、屋代線は1時間半に1本という運転本数なので、列車の待ち時間を考慮し須坂駅ではなく、屋代駅から乗り込むことにしました。
DSCN0017_convert_20120901153301.jpg
 「ありがとう屋代線」日本酒を発見。早速、ワンカップを購入。
DSCN0018_convert_20120901153742.jpg
 長野11:09発小諸行きで屋代へ向かいます。同じ列車でもJR東日本としなの鉄道では、塗装によって見栄えが随分違うものですね。明らかに同業者さんと思しき人もチラホラ見つけながら、11:28屋代着。ここでお目当ての長野電鉄屋代線とご対面です。
DSCN0024_convert_20120901162507.jpg
 しなの鉄道に比べ明らかに雰囲気の違う長野電鉄ホーム。これは何か期待できそうな予感。早速、長野電鉄屋代線に突撃です(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1144-84ebf17c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。