名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

2012ぎふチャンラジオまつり
DSCN0205_convert_20120917092756.jpg
 9月16日、JR岐阜駅前の「じゅうろくプラザ」で行われた、ぎふチャンラジオまつりに行ってきました。昨年は仕事の都合で行けず悔しい思いをしましたので、2年ぶりとなります。Yahoo!で「ぎふチャンラジオまつり」と検索すると、岐阜放送の公式サイトに続いて弊ブログの記事が出てきます。2009年、2010年に続き、今回もその模様を画像満載でお届けします。
 このイベント最大の魅力は、写真撮影自由。番組出演者も会場内に出てきてくれますので、サインも自由に貰えることです。そして、お客さんであるリスナーがとにかく濃い!!お客さんが生き生きしている。どこまでも自由な、最強のラジオイベントだと自信を持って認定します。
 テレビクルーも取材に来ていました。もちろん、岐阜放送独占です!
DSCN0187_convert_20120917092120.jpg
 今年のテーマはみんなで「大」「感」「動」。ぎふ清流国体を背景に運動をテーマに番組対抗でゲームやクイズに挑戦する企画が盛りだくさんでした。ゲームの一つが長縄飛び。番組出演者に加え、あらかじめ募集していたリスナー代表の方が数人加わります。人数が足りないと、「誰か参加して下さい!」とお客さんに助っ人要請。すると、俺が俺がとリスナーが次々とステージに寄って来るからすごい!岐阜放送の出演者はベテランばかり。40歳代が若手扱いですから、こういう企画ではとんでもない光景が期待できます。
DSCN0196_convert_20120917092248.jpg
 月金ラジオ2時6時&昭和がらくた堂チーム。

早苗さん、本当に挑戦するのですか?

本地アナ、本当に挑戦するのですか?


 本当に大丈夫なのか??まさに限界への挑戦です。
DSCN0197_convert_20120917092429.jpg
 恐怖の瞬間。平均年齢55歳のチャレンジです。何と、1回も飛べずに終了。大爆笑の後で温情で再チャレンジするも結果は1回。すごいチャレンジでした。ちなみに、この大縄跳びで優勝したチームの記録は2回。たった2回飛んだだけで優勝です。凄まじき低レベルな争いです。
DSCN0207_convert_20120917092911.jpg
 さて、ステージで始まりましたのは「昭和がらくた堂」。私が良く聴いている「月金ラジオ2時6時」金曜日の名物コーナー。私の大好きなコーナーです。いつも通り、オカダミノルさんと茶畑和也さんのトークから始まります。すると…
DSCN0213_convert_20120917093051.jpg
 舞台の袖から千葉ロッテマリーンズのレプリカユニフォームを着てバット振り回してやって来たオッサン。決して、柳ケ瀬を歩いているチンピラや酔っぱらいのオッサンではありません。
 恐れ多くも岐阜のメディア王、岐阜新聞・岐阜放送の会長である杉山幹夫さんです。
 岐阜放送創立時から経営トップとして岐阜放送を引っ張って来た方です。この番組では月1回登場し、岐阜放送テレビ「昭和がらくた劇場」では、元新聞記者のスーさん役として登場しています。メディアの経営者って、経理畑の人が多く現場には疎い人が多いですが、杉山会長は現在も時折、生放送に乱入したり、政財界人を招く番組では司会を買って出るくらいの現場大好きなメディア経営者です。
DSCN0214_convert_20120917093204.jpg
 背中に書いてもらった元千葉ロッテ監督のボビー・バレンタインのサインを自慢し、「(ボビーとは)友達」と交友の広さを自慢。次にイチローから貰って岐阜県に寄贈したというバットを自慢。養老町にミズノのバット工場があって、プロ野球選手が多数使っているのは有名な話です。ここのバットを使っている選手として、岐阜新聞会長の口から「中日の井端も…」なんて、岐阜のメディア事情を知る者としては思わずドキッとする発言も飛び出します。会長の話は基本、自慢話中心なのですが、非常に面白いのは会長の昔話。今回も野球の話として会長自身が経験した「竹鼻町VS笠松町」いう、戦前の羽島郡内対抗のやり取りという、非常にディ~~~~プな話を聴かせてもらいました。
DSCN0233_convert_20120917095817.jpg
 コーナー終了時には、ぎふチャンラジオまつりを記念して紅白餅ならぬ、紅白饅頭を観客に投げ込んだ杉山会長。もう、完全にやりたい放題です。しかも、このイベントはラジオで生放送。まさか、饅頭を観客に投げ込む光景を実況生中継することになるとは。恐るべし、岐阜放送。
DSCN0243_convert_20120917100812.jpg
 他の出演者もしっかりと盛り上げてくれました。戸井康成さん。イントロクイズで不正解となり、罰ゲームとして往年のドリフのコントの様に金たらいを上から落とす、古典的な場面の瞬間。しかも、角に当たりたらいが凹むハプニングに大爆笑させて頂きました。
 今年春から岐阜放送に本格復帰した戸井さん。ぎふチャンラジオまつりも2年ぶりに復帰。これだけ弾けていた戸井さんを見たのは久しぶりでした。CBCでは絶対に見られない弾けっぷり。古巣に戻って来たから見られる戸井さんに、20年来のトイマニアの端くれとして「恩を仇で返す」笑いに感動させて頂きました。
DSCN0281_convert_20120917115033.jpg
 そして、最後は恒例の「ぎふチャン音頭」で締めくくりです。今回は中濃民謡協会の皆さんに加え、ぎふチャンラジオ出演者・局アナ、更にはリスナーも多数紛れてのフィナーレです。ステージに限らず、観客席にも乱入です。
DSCN0282_convert_20120917115206.jpg
 踊りの最中だというのに隊列に乱入し、踊りを強制中止させて戸井さんにサインを求める危険なKYリスナー。すごすぎる(笑)。岐阜のリスナーは本当に濃い!!CBCラジオまつりだったら、間違いなくスタッフにつまみ出されますよ(笑)。
DSCN0226_convert_20120917093346.jpg
 さて、ファンの皆様。お待たせいたしました。今回もやります。本地洋一グラフィティ。
DSCN0283_convert_20120917115453.jpg
 今回のイベントで100枚以上の撮影を行いましたが、やはり、その7割方は本地アナでした。
本地洋一ファンの端くれとして、その熱意は岐阜のベテランリスナーにも負けませんよ!
KIMG1265_convert_20120917122502.jpg
 各パーソナリティ、青春時代の思い出写真も大公開。本地アナの写真はこちら。しかしまぁ、時代を感じますなぁ。上部に「新聞」の文字があったので、新聞の全面広告又は別刷りの様ですが、媒体名が消されているところ、ちゅうに…もとい、名古屋のドラゴンズ系新聞(岐阜放送的な表現で言うと)なんでしょうね。少し調べてみましたが、昭和45年頃のモノみたいですね。当時としては珍しいカラー印刷であるのも注目です。さて、本地アナはどこにいるのかな?
KIMG1270_convert_20120917122625.jpg
 これはお宝だ!!ナウでヤングな本地アナ。本地アナにもスリムな時代があったんですね。しかし、どうしてデパートの広告に出ていたのでしょうか。おそらく、そういう活動をされていたのでしょう。さすが、本地アナ。目の付け所が違います。やっぱ、カリスマだわ。これからも応援します!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1145-c088174c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)