名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

東海ラジオの2012年10月改編
 凋落が著しいラジオ。しかも、地方のラジオは厳冬の時代が続いていますが、2012年10月改編でも激震が起ころうとしています。東海ラジオが改編情報を公表しましたので、思うことを少し。
【参考】東海ラジオ公式サイト「2012年秋の改編情報【仮】」
http://tokairadio.co.jp/t_table/2012_10.pdf

【東海ラジオ深夜の自社制作大幅縮小】
 「ミッドナイト東海21」を終了。「ミッドナイト東海」以降、40年以上続いた伝統の平日深夜自社制作枠を大幅に縮小し金曜日に集約。深夜1:00~3:00は文化放送の「リッスン」をネット。つまり、月~木曜の24:00~5:00は文化放送の番組垂れ流し状態となります。
 本来なら、これを機にニッポン放送の「オールナイトニッポン」をCBCから奪還して、これまた40年以上続く放送ネットのねじれ現象を解消せよという意見も散見されますが、大人の事情の問題解消は難しいようです。なぜなら、東海ラジオが1970年代にニッポン放送からのネット要請を断っており、ニッポン放送がCBCにネット依頼していることや、スポンサー収入のあるオールナイトニッポンをCBCも簡単に手放すはずが無いためです。今はオールナイトニッポンよりTBSの「JUNK」の方が勢いがありますが、あちらはスポンサー無しですからCBCが飲むことはないでしょうね。
 ところで、10~20歳代の若者は深夜放送を聴いているのでしょうか?今はナイナイのANNとJUNK伊集院光の深夜の馬鹿力程度しか聴いていませんが、投稿リスナーが軒並み30歳代というのは、ラジオにとって非常に厳しい現実だと思います。

【「モルゲン!!」朝6時スタートに繰り上げ】
 私が熱視線を送り続けている平日の朝ワイド番組。「毎日が最終回」が裏キャッチコピーのせいもあり、改編期になると毎回「2ちゃんねる」には打ち切りの情報が流れていましたが、まさに首の皮一枚で改編突破。しかも、スタート時間が30分繰り上がるそうです。
 もともと、名古屋のAMラジオ朝ワイド番組は東海ラジオが6:30、CBCは7:00スタートでした。CBCは「歌のない歌謡曲」など箱番組を消化せねばならず、朝ワイド番組のスタート時間繰り上げができませんでした。スタートが30分早い東海ラジオは、これを武器にリスナーを確保していたのですが、近年は番組制作サイドが勘違いしており、ダラダラ曲をかけたり、生電話つないで正解者のなかなか出ないクイズをするなど、その武器の優位性を自身で否定する後向きなワイド番組が続きました。
 その間に徐々に朝の箱番組を整理していたCBCが2007年10月から「多田しげおの気分爽快!!朝からP・O・N(通称:朝PON)」のスタート時間を東海ラジオに合わせて6:30に繰り上げ。これで東海ラジオはCBCにリスナーを根こそぎ持っていかれる状況が続いていました。番組が「モルゲン!!」に変わっても状況は変わっておらず、番組での源石アナの発言によると、聴取率ではCBCはおろか、NHKにも負けているようです。
 再びCBCより30分早いスタートになる東海ラジオ。しかし、CBC同様に箱番組を内包しているかもしれませんので、あと10日ほど待って蓋が開くのを待つことにしましょう。アシスタントの原稿読みとコメント内容の薄さは改善して欲しいですけどね。
DSCN0069_convert_20120602014137.jpg
【「中村こずえのサウンドピクチャー」平日に移動】
 今回の改編で一番残念な点です。ニッポン放送制作の番組で日曜深夜に放送されている番組。曲の選曲や旅情を掻き立てる中村さんの語りが睡眠誘導剤のような効果を出してくれる、深夜の癒し系番組で個人的にお気に入りでしたが、本当に残念です。

 ラジオの凋落が続いて久しいですが、特にラジオ単営局の経営はどこも苦しいようです。東海ラジオも例外ではなく、今年3月決算で2年ぶりの黒字を達成している状況です(画像は2012年5月30日中日新聞朝刊経済面より)。しかも、純利益1,100万円はギリギリの数字です。
 ラジオ局は経営が苦しくなると、自社制作番組を大幅に縮小してネット番組主体となります。近年では大阪のABCラジオが夜の自社制作番組を打ち切り、東京の番組で揃えてしまいました。自社制作路線を重視している東海ラジオもこの流れに乗ってしまいそうで心配です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント
どこもかしこも懐具合が。
そういえば、CBCは毎年夏にラジオまつりを開催しております。ぎふチャンも秋になればやはりラジオまつりを盛大に行っています(しかしまあ、このカオスぶりは何なんでしょ?)。こういったイヴェントが東海ラジオにはありませんね(名古屋城宵まつりがその代用品なのかな?)。でも、これだけ財政事情が厳しくてはそんなもんやっとる余裕などあらすか、って事なんでしょうな。そうして見ると、ぎふチャンは東海ラジオより財政的に潤っとるという事でよろしいんでしょうか。

10月からの深夜放送(平日の東海地方の中波民放)は、益々自社製作が減り(僅かにCBCの0:00~1:00のみ。これもTBSのdigのネットを打ち切って確保したものです)、殆ど東京からのネットのみになります。各局の財政事情がこれだけ悪化してはそうなるのも止むを得ないでしょうね。ABCラジオですらこういった状況ですから(MBSラジオやラジオ大阪は以前からそうなっていますね)。

「朝PON」の磐石振りが相変わらずなのに対し、「モルゲン!!」のグダグダ振りって・・・。結局の所、源石和輝って人は朝のラジオに向いていないのでは?って考えてしまいます。って言うかこの「モルゲン!!」、「流石の源石」のコンセプトをそのまんま朝に持ってきたのかというとそうでもなく、どこか中途半端なグダグダな造りになってしまっているように感じてしまいます。
もう朝の番組から潔く撤退して、住み慣れた深夜に戻って「流石の源石」を再開させた方がマシかもね。身も蓋も無いコメントでスイマセン。
【2012/09/20 08:46】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/09/20 19:41】 | # [ 編集]


個人的には「リッスン」ネットが驚きでしたね。17・8年早くやってくれれば・・・(泣)。
17・8年というのは、当時「COME ON FUNKY LIPS」(後の「LIPS PARTY.jp」だったと思う)がやってて、聞きたいパーソナリティの放送があったけど、当時は東海ラジオはネットしておらず、25時台からは文化放送でしかやってないので、泣く泣く文化放送の雑音に耐えながら聞いていた・・・という経緯がありまして。

「リッスン」に関しては、月曜が地元出身の問題児(笑)なので、伝統的にアニラジの受け皿になっている東海ラジオらしい選択とも言えますが。
ちなみに、伊集院さんの番組と拮抗しているとかいないとかいう噂を聞きますが、いかに(逆にこの時間のANNが壊滅的という噂も聞きます(苦笑))?

massanさん>
>ぎふチャンは東海ラジオより財政的に潤っとる
正直ぎふチャンも厳しいのではないかと。テレビもそうだと思いますが、ラジオでさえも終夜放送をやめてしまってますからねぇ・・・。ラジオ日本の放送がぎふチャンの社内で聞けるのなら、正直垂れ流しでも聞いてくれる人がいるんじゃないかと思うんですが・・・。
個人的にはradikoで東海3県にやってくれてるので、番販で「JUNK」やれとか思っちゃいますけど、TBSがNG出すのか、高すぎるのかなんでしょうね・・・。

>CBCの0:00~1:00のみ。これもTBSのdigのネットを打ち切って確保
後番組のネットをしなかったが正確なのではと?オリエンタルラジオの一人がやってる番組「LINDA 今夜も狙い撃ち」の枠だったはずなので。
正直CBCの自社枠も微妙だと思うのは私だけなんでしょうか?それならネット垂れ流しの方がいいとか思ってしまいますね、今は・・・。
【2012/09/21 00:33】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

久しぶりに横レス失礼します。
>アレックスさま
>個人的には「リッスン」ネットが驚きでしたね。17・8年早くやってくれれば・・・(泣)。
私なら「COME ON FUNKY LIPS」よりも「ミスDJリクエストパレード」ですな。ノイズを気にしながらもよく聴いていたものでした(それを言うと歳がバレそうw)。

>>ぎふチャンは東海ラジオより財政的に潤っとる
>正直ぎふチャンも厳しいのではないかと。
ちょっと私のコメントに語弊があったかもしれません。確かにぎふチャンも財政的に厳しいでしょう。ただ、ぎふチャンのラジオまつりが岐阜新聞グループの主催なのに対し、名古屋城宵まつりは名古屋市や中日新聞社、それに東海ラジオ等の団体による実行委員会の主催なので、その点を見て「潤っとる」とコメントした次第であります。言葉足らずですみませんでした。
「JUNK」のぎふチャンでのネットはどうでしょうか。CBCがニッポン放送の、東海ラジオが文化放送のそれぞれの番組を垂れ流すのならぎふチャンでも、という事でしょうが、ちょっと厳しいでしょう。「高すぎる」というのはあると思います。
それにしても、ネットがどこか捩れているよね。

>後番組のネットをしなかったが正確なのではと?オリエンタルラジオの一人がやってる番組「LINDA 今夜も狙い撃ち」の枠だったはずなので。
あれま。digの深夜営業は取りやめになったのね。これは知らなんだ。失礼しました。尚、その後番組をやっているのはオリエンタルラジオではなく、アンタッチャブルの「ザキヤマじゃない方」ですので、悪しからず。
CBCは自社製作番組を確保する為に色々と時間を遣り繰りしていて、それがこの編成に表れていると思います。「中身が微妙」というのはそうでしょうが、ネット垂れ流しをした方が良いのかといえば、どうなんでしょうか?一度聞き比べて見ないと何とも言いようがありませんね。
【2012/09/23 12:33】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

ラジオについていろいろと
>massanさん
>こういったイヴェントが東海ラジオにはありませんね
 局全体でのイベントは夏の名古屋城宵祭りぐらいですね。以前は春に栄で「名古屋わんぱく祭り」というのがありましたが、無くなってしまいました。東海ラジオは番組単体ではイベントを行うのですが、最大の特徴は原則「有料」であることです。セントレアでの公開イベントは例外的に無料ですが、恒例行事である宵祭りや秋に犬山(明治村やリトルワールドなど)で行われる「かにタク」の公開録音や「聞いてみや~ち」の公開放送、更には尾張温泉での公開録音…。いずれも、会場への入場料が必要(ステージ見学は無料)です。
 東海ラジオは「初めに収入ありき」でイベントを計画する傾向にあるようです。一昨年、リトルワールドで「かにタク」のイベントに行ったことがありますが、リトルワールド入場料と各種試食&お土産付きで1,000円でした。一応元は取れた感じでしたが、敷居の高さを感じる方もいるでしょうね。

>ぎふチャンは東海ラジオより財政的に潤っとる
 岐阜放送、相当厳しいみたいですよ。本来ラジオ・テレビ兼営局でありながら、売上額は奈良テレビなどと並んで全国最小レベルですから。ただ、協賛スポンサーとの日常的な関係は強固な印象は持ちます。先日のぎふチャンラジオまつりでもスポンサーが企業ブースを出したり、ビンゴ大会の商品も山積みでした。

>TBSのdigのネットを打ち切って確保したもの
 これは、TBSが「Dig深夜営業」を終了させたもので、CBCが打ち切ったものではありません。「JUNK ZERO」の頃は面白かったのですが、どうもTBSの24時台は短命枠のようで、番組がコロコロ変わります。

>結局の所、源石和輝って人は朝のラジオに向いていないのでは?
 ご本人も最近は行き詰まり感を持っておられる気がします。得意な固有名詞や小難しい言葉の羅列で表面上はテンポ良く見せていますが、それでもカバーしきれない部分があって、最近は明らかな手抜き行為や言葉の端々に思考の委縮、更には「自分は何やっても許される」慢心が見え始めているのは事実です。それを棚に上げて、最近はアシスタントの批評や苦情を募集するあたり、やり方がフェアじゃないなと感じます。周辺にブレインやモノを言う人がいないのでしょうね。

 どうも、今月の東海ラジオ番組審議会で「モルゲン!!」が取り上げたようですが、
http://www.tokairadio.co.jp/bansin/
>「後半、年代的についていけないボキャブラリーが複数出て来て、その点が気になった」
>「アシスタントがパーソナリティに対して、相槌や笑いだけで遠慮している雰囲気が感じられ残念だ」

といったコメントが出たそうです。これまでの東海ラジオ朝ワイドのカラーを払拭しているため、年齢が上がるほど抵抗感が強いのは事実かと思います。番組審議委員というのは会社の社長や大学の先生など、普段ラジオなんて聴いていないような連中ばかりですから、その面々にハッキリとモノを言われるのは、よっぽどのことだと思います。ただ、改まった形跡は見られませんけどね。あくまで形式的なものですからね。こういうのって。

>朝の番組から潔く撤退して、住み慣れた深夜に戻って「流石の源石」を再開させた方がマシかも
 40歳になって、まだ深夜番組というのもねぇ。ただ、「朝PON」との差は広がる一方ですね。既に振り向けばZIPだったりして。

>アレックスさん
>「リッスン」に関しては、月曜が地元出身の問題児(笑)なので、伝統的にアニラジの
>受け皿になっている東海ラジオらしい選択とも言えますが。
 「ANN」のネットができない以上、これ以外の選択はできなかったのでしょう。最近、関東における深夜の聴取率はTBS「JUNK」の圧勝で、次はNHK「ラジオ深夜便」だそうです。ANNも木曜以外は壊滅的なんだとか。ましてや文化放送は…。

>ラジオ日本の放送がぎふチャンの社内で聞けるのなら、正直垂れ流しでも
 最近はラジオ日本の深夜帯が熱いと聞きます。ただ、岐阜放送は純粋にカネが無いのと、若年層はラジオを聞いていないという判断を下しているでしょう。本来なら、昼ワイドやっていておかしくない、平野さわこさんや小松肇さんが今も深夜放送やっているぐらいですからね。
 「JUNK」流せの声も散見されますが、根本的にJRN回線が無い以上、ネットできないのでしょう。逆に岐阜放送はニッポン放送制作の「中村こずえのみんなでニッポン日曜日!」を同時ネットしているので、NRNについては何とかなるような気がします。ラジオ関西でも実際に「オールナイトニッポンR」とかネットしているのですから。
 岐阜放送はradikoのおかげで、ラジオは活性化している気がします。現に豊川や鈴鹿など、地上波エリア外のリスナー投稿も目立ち始めています。

>正直CBCの自社枠も微妙だと思うのは私だけなんでしょうか?
 リスナー共通の認識かと思います。制作ノウハウの継承が一旦途絶えた夜間自社制作番組の伝統を復興させるのは、錆びた機械を再稼働させるようなもので相当大変だと思いますよ。
【2012/09/24 12:01】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1147-a2e7482c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【動画あり】人気キャスター丸岡いずみアナにAV出演疑惑?!有村昆が結婚 画像あり

【動画あり】人気キャスター丸岡いずみアナにAV出演疑惑?!有村昆が結婚 画像あり 奇跡の38歳と言われていた丸岡いずみアナ(41)にスキャンダル疑惑【2012/09/25 21:58】