名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

日帰り長野電鉄屋代線惜別の旅4・綿内駅
DSCN0095_convert_20120921005852.jpg
 3月20日に行ってきました、信州日帰り強行軍旅レポートの第3弾です。長野電鉄屋代線で印象に残った駅をいくつか。今回は綿内駅の模様をお届けします。
 この駅は長野市若穂地区の中心駅でした。渋い駅舎です。雪害対策なのか屋根の角度がやや急で、屋根の傷み具合が風雪に耐えた証になっています。1922年(大正11年)6月10日、当時の河東鉄道の駅として開業。ここ数年の利用者数は1日当たり130人ほど(乗車のみ、「長野市統計書」より)だったそうです。
 この駅も含め、屋代線沿線は長野市街地とはいえ千曲川・犀川を挟んでいるため、昭和の市町村合併で長野市に合併するまでは独自の発展をしてきた地域です。
DSCN0099_convert_20120921233107.jpg
 須坂方面を望む。かつては貨物輸送が盛んだったのでしょうか、駅構内が随分広いのが特徴で、単線なのにポイントが遥か先にあります。ただ、1973年(昭和48年)2月1日に貨物営業廃止されてからは無用の土地となっており、線路脇に携帯電話の基地にスペースを割譲しているところが、時代の流れを感じます。
DSCN0100_convert_20120921233250.jpg
 屋代方面を望む。ホームは2面2線で、列車交換が可能でした。鉄道の場合、合理化策として余剰地を売却または賃貸して赤字補てんを行うことがありますが、地方の場合は土地へのニーズが少なく、地価も安いこともあって、それも簡単にはできないのでしょうね。
DSCN0<br />098_convert_20120921232954.jpg
 駅舎改札の中。これまた渋いですね。屋代線は屋代・松代・須坂以外は無人駅ですが、清掃が行き届いていました。ここにも地域に根付いていたことを感じさせられます。
DSCN0096_convert_20120921232657.jpg
 地元の方が造ったと思しき、屋代線への感謝の言葉。そして、この駅の名物として知られる時計。数字に代えて「ここはわたうちのえきです」という文字を充てています。事前情報が無ければ、何が何だかよく分かりませんが、寄贈した地元の電器店さんの地域愛の強さは感じます。
DSCN0102_convert_20120921233805.jpg
 ここにも風雪に耐えた証が残っていますね。
DSCN0104_convert_20120921234039.jpg
 古い駅で唯一浮いていた立派な看板。この地域の名所を紹介しているのですが裏へ回ってみると、
DSCN0105_convert_20120921234217.jpg
 行政からの補助金を使って設置された看板の様です。設置が平成22年9月ですから、僅か1年半ほどでその役目を終えてしまったことになります。こういうものはローカル線でありがちな設備です。地域活性化や鉄道の利用振興を目的に地域住民の要請もあったのでしょうが、看板を立てるぐらいでジリ貧のローカル線が復活するなら苦労しないですよね。地域の公共交通をどうやって守っていくべきか、その方法については前例が多数あるというのに、地域住民も行政も過去の事例を学ぶことは少なく、同じことが全国各地で繰り返される構図は変わりません。
DSCN0109_convert_20120921234318.jpg
 さて、電車が来ましたので次の駅へ向かいましょうか(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1150-bac586d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)