名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市が地下通路にこだわるわけ
KIMG1241_convert_20120920131656.jpg
 ここ10年程で、名古屋駅地区は大きく変貌し、名古屋駅を起点に歩行者の数が本当に増えました。特にささしまライブ地区の整備が本格化するようになってからは、笹島交差点周辺の混雑が深刻で自転車の通行は極めて危険な状況になりつつありました。
 そこで、名古屋市が笹島交差点から下広井町交差点までの390mに地下通路を整備し、通路には動く歩道を設置する計画があることを明らかにしました(画像は2012年9月11日中日新聞朝刊市民版より)。
 中日新聞の報道では、愛知大学名古屋キャンパスの開校や今後の整備計画を見越した上とのことですが、愛大が開校する以前から、この辺りの歩道は混雑することが多いエリアで、その歴史は2005年の愛知万博サテライト会場やZepp-Nagoyaやシネコンのオープンまでさかのぼります。
KIMG1378_convert_20121003003157.jpg
 ささしまライブから名古屋駅までは徒歩15分ほど。最近は愛大の学生が朝から常にこの道を歩くようになりました。あおなみ線や名鉄バスが集客狙いでいろいろやっていますが、それに反応している人がいかに少ないかは、この歩行者の多さで証明されています。夕方や休日はライブや映画を見に行く人で賑やかになります。
KIMG1379_convert_20121003004710.jpg
 下広井町交差点。ここの時点で自転車の歩道通行は既に危険な状態で、車道を走らざるを得ない状況は日常的に発生しています。計画では、現在笹島交差点(スパイラルタワー辺り)までの地下街から、この辺りまで地下通路を辺りに建設することで、歩行者や自転車を分離することで、少しは改善が期待できます。
 しかし、気になるのは今回の計画が「地下通路」と限定されていることであり、「地下街」の整備ではない点です。網の目のように張り巡らされた名古屋の地下街は、名古屋の名物でもあります。ましてや、時代の波に乗る名古屋駅地区ですから、更に街を盛り上げるべく地下街にすればいいのではないかと思うのですが、名古屋の地下街は1978年(昭和53年)の「セントラルパーク」を最後に新規開業はありません。そういえば、ルーセントタワーオープン時に名古屋駅地下街からつながる地下通路ができましたが、地下街でなかったのを不思議に思ったことを思い出しました。どうも、名古屋市は新たに地下街を作らないのは理由があるようです。
 名古屋市公式サイト
http://www.city.nagoya.jp/jigyou/category/39-4-18-0-0-0-0-0-0-0.html
によりますと、1972年(昭和47年)に大阪市で発生した「千日デパートビル火災」をきっかけとして、地下街の防災上の問題が指摘され、以後、「地下街の新増設は公益上真にやむを得ないもの以外は厳に抑制する」という基本方針が国から出され、これを根拠に名古屋市は地下街の拡張を止めてしまったのだそうです。なお、テルミナ(昭和51年開業)やセントラルパーク(昭和53年開業)は、この基本方針が出される前から計画されていたため、安全対策を施した上で計画通り建設されたそうです。
 つまり、名古屋市で今後地下街ができる確率は、限りなくゼロに近いということの様です。都心部の集客に、そしてスペースの有効活用に地下街は有効だと思うのですが、ただ人が歩くだけの通路、何かもったいない気がします。同時に「文化不毛の地」らしい思考を強く感じます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
もう少し工夫が欲しいね。
写真を見ても分かりますように、これだけ人通りが多いですから地下通路の計画が浮上するのも無理ありません。歩行者の安全を確保するという意味からも、この計画は歓迎すべきだと思います。
ですが、広隆堂さま御指摘のように地下通路オンリーというのはどうかと、私も思います。名古屋駅地下街とルーセントタワーとを結ぶ地下通路を通った事がありますが、雨天時に安心だなと思った反面、どこか暗いような印象があって、もう少し明るくした方がいいんじゃないの?と感じました。これが駅北ばかりでなく駅南にも出来るのでしょうかね?
地下街の建設を抑制する旨の基本方針はよく分かりますけど、何でも杓子定規にこれに従えば良いってモンじゃありません。もう少し知恵を絞ってもよろしいんじゃないでしょうか?現にこの基本方針の施行後に造られた地下街もある事ですし、そういった所から御知恵を拝借しても良かろうと思います。
尚、
>名古屋の地下街は1978年(昭和53年)の「セントラルパーク」を最後に新規開業はありません。
とありますが、大曽根駅の地下街「オズガーデン」をお忘れではないでしょうか。5店舗のみとささやかではありますが、地下街としての体裁は整っていると思います。
【2012/10/04 17:05】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]


これじゃ、ますます笹島駅の必要性がクローズアップされるんじゃないのでしょうか。
地下街が国の方針で抑制されているのならなおのこと。効率的に降ろして名駅一極を避ける点でも。
あとは歩道を拡張して自転車と歩行者の分離を図れば、ある程度の難局は打破できると思います。
無理難題になるとは思ってますが、何とか土地を絞り出して笹島にJRの駅を作るという荒業もありますが(金山~名駅に途中駅のない中央線がベターだと思いますが)。

地下鉄笹島駅に関しては、名古屋市議会の自民党の某議員がカネが掛かるとか言っていたのをここでも紹介していましたけど、国の規制方針がある点を考えれば、計り知れない効果があるように考えられるのですが・・・。
名駅から乗り換えれば(多少なりとも)ますますカネがかかるので、ケチなこの地域の気質(苦笑)から考えても合理的だと思いますよ。
【2012/10/06 00:12】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

笹島の可能性
>massanさん
>名古屋駅地下街とルーセントタワーとを結ぶ地下通路を通った事がありますが、雨天時に
>安心だなと思った反面、どこか暗いような印象があって、もう少し明るくした方がいいんじゃないの?
 あそこはデザイン上の演出もあって、余計に暗いですね。往来者数が多いだけにもう少し工夫できなかったものかと思います。中間となる旧名古屋中央郵便局の改築に伴い、地下エリアと接続するはずですから、将来は変わる可能性もありますが。

>大曽根駅の地下街「オズガーデン」をお忘れではないでしょうか。
 あっ、忘れておりました。あのおかげで大曽根での地下鉄への乗り換えが格段に便利になりました。

>アレックスさん
>何とか土地を絞り出して笹島にJRの駅を作るという荒業もありますが
>(金山~名駅に途中駅のない中央線がベターだと思いますが)。
 名古屋駅から歩く人が圧倒的とはいえ、15~20分歩くため真夏や真冬は苦痛を伴いますよね。用地が全く無さそうな感じですから厳しそうですね。でも、ささしまライブの発展に伴い、浮上するかもしれませんね。
 名古屋の致命的弱点でもありますが、特にJRは駅の配置が汽車時代のままで駅間距離が長いため、駅が無いことから発展できない地域が随所にあります。JR東海は新駅を設置しても既存駅の利用者が分散するだけと、お客さんを集めようとする気が基本的に無いようで、これと真逆で新駅設置に積極的なJR西日本を羨ましく思います。
 個人的には、建設中のささしまライブ地区から駅西に向かう道路が開通したら、名古屋駅~ささしまライブ~名古屋駅新幹線口~名古屋駅の循環路線で100円バスを走らせると面白そうな気がします。
【2012/10/10 00:23】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

Re:笹島の可能性
>広隆堂さま
>あそこはデザイン上の演出もあって、余計に暗いですね。往来者数が多いだけにもう少し工夫できなかったものかと思います。中間となる旧名古屋中央郵便局の改築に伴い、地下エリアと接続するはずですから、将来は変わる可能性もありますが。
演出と言っても、やり方次第でどうにかなったと思いますが。その辺り、惜しいなと感じますね。旧名古屋中央郵便局ビルの改築に伴い、この辺りがどの様に変化するのか、注目したいと思います。

>>何とか土地を絞り出して笹島にJRの駅を作るという荒業もありますが
>>(金山~名駅に途中駅のない中央線がベターだと思いますが)。
>用地が全く無さそうな感じですから厳しそうですね。
敢えて笹島新駅(?)を建設するなら、アレックスさまの仰るとおり中央線側に造るのが良いでしょう(ささしまライブとの位置関係から言っても東海道線よりは良い)が、そんなスペースあるのかいな、とも思っちゃいますね。でも、将来的にはこの案もアリでしょう。

>名古屋の致命的弱点でもありますが、特にJRは駅の配置が汽車時代のままで駅間距離が長いため、駅が無いことから発展できない地域が随所にあります。JR東海は新駅を設置しても既存駅の利用者が分散するだけと、お客さんを集めようとする気が基本的に無いようで、これと真逆で新駅設置に積極的なJR西日本を羨ましく思います。
本当にそうですよね。
それでも、東海道線の名古屋~豊橋間には新駅が結構出来ておりますけど、これは沿線自治体の力が働いたお陰でしょう。反対に名古屋~岐阜間はここ50年ほど新駅が出来ておりません。西三河と違って西尾張や岐阜地域の自治体の力が弱っているという事なのでしょうか。個人的には、枇杷島~清洲間の清洲城の辺りとか、木曽川~岐阜間の笠松町か岐南町内のどこか(出来れば両町の境目辺りが望ましい)に新駅を造ればと思います。特に後者については、この辺りに駅が無いのが不思議に感じてなりません。
それにしてもJR東海という会社は、新幹線とリニアの事しか頭に無いのかと思うくらい在来線には無頓着過ぎますな。新駅建設とか車輌投入についてはJR西日本に負けておりますね(特に新型特急車輌なんかは)。こんな事で良いのでしょうか?
【2012/10/10 21:46】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re2:笹島の可能性
>massanさん
>敢えて笹島新駅(?)を建設するなら、アレックスさまの仰るとおり中央線側に造るのが良いでしょう
 う~ん。その案は1つだけ問題がありまして。名古屋駅地区は東海道線沿線(尾張平野部・三河・岐阜など)からの集客力が甚大であり、それに敢えて背を向けるのが得策なのかと言われると疑問が残ります。中央線沿線は相変わらず千種駅から栄へ向かう流れがメインですので輸送力に余裕があるでしょうが、東海道線からダイレクトで行けないとなると、不満が出ないかという懸念はあります。
 あと、需要の絶対数が少ないのですが、笹島新駅~尾頭橋間の利用に際し、名古屋又は金山のいずれかを遠回りしないと行けないという現象が出るのも困りものですね。

>東海道線の名古屋~豊橋間には新駅が結構出来ておりますけど、
>これは沿線自治体の力が働いたお陰でしょう。
 JR東海が自ら動い事例が皆無で、建設費用を自治体等が全額負担したパターンばかりですからね。

>西三河と違って西尾張や岐阜地域の自治体の力が弱っているという事なのでしょうか。
 弱っているというか、元から考え方がケチなんですよね。この地域。確か岐南町はJRに1度要請して断られたことを新聞で見た記憶があります。私は個人的に、
・清須市の清州城から国道302号の間(現在の清州駅を移設)
・稲沢市井之口四家町付近(同上)
・一宮市妙興寺付近
・一宮市今伊勢町(名鉄今伊勢駅~石刀駅の間)
・一宮市北方町(北方小学校付近)
・岐南町国道21号との交点付近
 この6ヶ所ぐらいは現実味ある気がします。特に一宮市の妙興寺と今伊勢は絶対に化ける!と思いますよ。ただ、これがすべて完成した暁には名鉄電車が壊滅的なダメージを受けることでしょう。
【2012/10/23 23:59】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

地下街新設
こんにちは
私は池袋を(半ば)拠点としています。
地下鉄新線(副都心線)池袋駅ができた後、それまでの池袋の地下と連絡する地下通路ができていますが(もとからあったかも)、そこにはショップが整備され、地下街となっています。
大規模ではありませんが、比較的最近できたものです。
名古屋は、国のいっていることになんとか正直にしたがっているのか、口実にしているのかわかりませんね。
地下通路や、地下街の是非はわかりません。
【2012/11/11 13:18】 URL | nakataka #bIDk/X0Y [ 編集]

Re: 地下街新設
>nakatakaさん
 東京は地上も地下も更に進化をつづけていますね。その最大の要因は民間主導であることだと思います。一方、名古屋の場合はお役所主導という性格が災いしているような気がします。お役所ですので前例重視になりがちで、その結果が地下街でなく地下通路という残念な方向性になってしまうのでしょうね。また、大阪の地下街「クリスタ長堀」の経営破綻という悪しき前例の存在も影響していると思われます。

>地下通路や、地下街の是非はわかりません。
 必ず地下街でなければならないという根拠は無く、適材適所なのだと思います。地方都市なら地下より地上を活性化させた方がいいですから、地下通路が適切となりますよね。静岡駅前の地下通路が良い例です。
【2012/11/27 21:56】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

R:笹島の可能性
上でJRに新駅を作る場合、中央線か東海道線かというのがありましたが、中央線の千種、大曽根方面への速達性を阻害せずにこの地区の穴を埋めるという観点からは、東海道線が良いと思います。東海道線の速達性は頻繁に走る快速電車で確保されますし、金山ー名古屋間にほぼ等間隔に、尾頭橋、笹島という駅が並びます。
用地の確保については、名鉄名古屋本線の名古屋駅地下区間を南に伸ばせば(ついでに名鉄も笹島駅を開設)島ホームひとつ分ぐらいは確保できます。
【2014/03/24 15:33】 URL | 通りすがり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1155-fb9709e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。