名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

日帰り長野電鉄屋代線惜別の旅6・松代駅
DSCN0126_convert_20121003234438.jpg
 3月20日に行ってきました、長野電鉄屋代線のレポート第6弾です。屋代線の途中下車、最後の駅は松代駅です。沿線で最大の街であり、屋代線随一の観光地。更には唯一の有人駅でもありました。しかし、長野市統計書によれば、2010年度の1日当たりの乗車人員(降車客数は含まない)は僅か333人。その前年は289人だったそうです。
DSCN0118_convert_20121003204135.jpg
 日本の場合、鉄道も自動車と同じで原則左側通行です。ただ、この駅では右側通行になっており、本来と逆向きで駅構内に進入する方式になっています。これは名鉄三河線の一部駅などで存在する方式なので、特別珍しくありません。そもそも、これは本来タブレット交換を円滑に行うために島式ホームの駅で行われる手法ですが、この駅では屋代行きと須坂行きが線路を挟んだ2面のホームで列車交換を行うため、タブレット交換に支障をきたします。どうして、この駅はこの方式を採用したのかは良く分かりません。
 さらに興味深いのは、この駅の1番ホームは駅長室のある駅本屋側ではなく、駅本屋から最も遠いホームにしている点が気になります。しかも、この駅の1番ホームは朝夕の定期列車1往復以外は、臨時列車や団体列車の発着にしか使われない、存在感の薄い1番ホームになっています。
DSCN0<br />115_convert_20121003203219.jpg
 その1番ホームには、長野電鉄かつての花形電車2000系電車が臨時団体列車として運航されていました。数年前まではこの車両で特急料金を取っていたのですから、長野電鉄も強気だったようです。同じ長野電鉄の木島線が廃止される直前に乗ったことがあります。
DSCN0120_convert_20121003204612.jpg
 ホームから見た松代駅駅舎。これまで訪れた駅と構造上の根本は同じですが、この駅も渋いですね。
DSCN0124_convert_20121003230220.jpg
 改札口。渋いですね。綿内・信濃川田の両駅では、無人駅でしたので寂しかったですが、やはり駅は駅員さんがいると印象が段違いに変わりますね。
DSCN0123_convert_20121003225119.jpg
 出札口には屋代駅の乗車券を記念に購入しようとする人で大行列でした。釣り銭が無くなってしまったようで、駅員氏が一人一人に「10円ないですか?」「120円ないですか?」などと小銭を求める姿が見られました。乗り納めの際にいつも思うのですが、乗車券を購入すること自体はまったく問題なく、むしろ推奨すべきことなのですが、5千円札や1万円札を使うのは、近距離・少額の販売が軸であるローカル線の駅で使う人が続出すれば、釣り銭が無くなってしまうのは時間の問題です。もう少し配慮が必要ですね。
 また、駅員氏も全国から殺到する乗り納め客の対応でお疲れになっている印象を持ちました。これは全国のローカル線共通するのですが、普段から利用者が常連さんが多いせいか、応対慣れしていない駅員氏が多いこと。
DSCN0122_convert_20121003204831.jpg
 次から次からやってくるお客さんの対応で煩雑になってしまい、どうしても雑になりがちです。特にベテラン駅員氏に多い傾向にあります。過去帳入りした鉄道でも、のと鉄道能登線や鹿島鉄道での手荒な歓迎を受けたことを思い出しました。
 駅待合室には、屋代線の存続を訴える掲示がいくつも貼られていました。しかし、その願いは打ち砕かれました。何といっても致命的だったのは、松代地区の長野市におけるイニシアティブの弱さにありました。
 松代地区は長野市の一部ですが、長野市街とは犀川・千曲川を挟んでおり、長野市街から見れば郊外の一地域に過ぎない点が、屋代線存続運動に大きな影を落としてしまいました。また、松代地区は長野電鉄を利用するより、長野市街まで最短距離でダイレクトに結ぶ川中島バスの利便性に理があり、長野電鉄を利用する人は須坂方面や屋代方面に向かう人に限られ、長野市街~松代地区の流動は早い時点でバスに完敗だったのです。

 松代は真田十代十万石の城下町。そして、太平洋戦争末期の松代大本営が造られようとした街としても知られます。せっかくですから、街を歩いてみましょう(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

夏に行ったクセに、時間切れで皆神山に登らなかったのと松代大本営に行けなかったのを大きく後悔していますね。
また行ってみたいと思って行けなかった・からなぁ・・・。

たぶんレンタサイクルで回ったんですね、わかります(笑)。
【2012/10/06 00:19】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

Re: タイトルなし
>アレックスさん
 実は私もきちんと松代の街を回れたかというと、そうではありませんでした。真田家関係で資料館が2つあったり、地域内で観光スポットが広範囲に分散していたりで、ある程度滞在時間を確保しないと不十分になってしまいますね。

>たぶんレンタサイクルで回ったんですね、わかります(笑)。
 詳細は、また別項で。
【2012/10/10 00:28】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1156-606cde6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)