名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学が社会的信頼を失う時代
 少子化の影響で学校が無くなる時代に突入して久しいですが、最高学府である大学は特に深刻です。かつて少子化など外的要因が述べられていましたが、最近では学校側によるモラルハザードに起因して、学校の信頼が失われているケースが増えているようです。
 文部科学省は、群馬県高崎市の創造学園大学などを運営する学校法人堀越学園(大島孝夫理事長)に解散命令を出す方針を固めたそうです。同学園は経営悪化により、昨年9月以降、教職員への賃金の未払いも起きており、この後の経営破たんは避けられないと見られるための処置だそうです。学生の保護を目的に大学に解散を命じるのは極めて異例です。
 なお、この群馬県の堀越学園は東京にある堀越学園とは全く資本や人的関係も無い学校法人だそうです。ややこしいですね。
KIMG1451_convert_20121003004940.jpg
 このようなトラブルは各地で発生しているようで、東海地方でも起きているようです。
 岐阜県各務原市にある東海学院大学が介護福祉士を養成するコースについて、7~8月にAO入試の出願要件として行われる大学教職員による予備面談を実施しておきながら、9月に行われたオープンキャンパスで来年度は学生の募集をしないと発表していたことが明らかになりました。
 学長は発表が遅れた件については謝罪しつつも、「学生側のニーズがなくなったコースので(将来的には)なくす」とコメントしているようです(画像は2012年9月28日中日新聞朝刊より)。
 ひどい話ですね。この学校を狙っていた人には致命的なダメージでしょう。私立大学間の学生確保争いは加熱する一方なのだそうです。ただ、大学側も多大な投資をして教育環境を整備しても、それを活用する学生が集まらないようでは投資を回収できないばかりか、逆に赤字が拡大してしまうかもしれませんから、中途半端に生徒を集めるわけにはいかないのでしょうね。
 法学部や経済学部なら、中国辺りから留学生を集めまくって、学生の定員割れをカバーしている大学が実際に地方を中心に相当数あるようですが、福祉系では留学生も集まりませんから、高校3年生にどの程度訴えるかで勝負が決まってしまうのかもしれません。
KIMG1605_convert_20121003005149.jpg
 かつての高校野球で「愛知私学4強」の一角を占め、甲子園にも出場経験のある「享栄高校」を要する享栄学園が名古屋と三重県鈴鹿市で展開してい中学・高校・大学の経営を分離し、独立採算制に移行することが分かりました(画像は2012年9月29日朝日新聞朝刊「名古屋」より)。各校が独立採算制によって運営されるということは、場合によってはトカゲの尻尾切りの様なこともありうるわけで、三重県松阪市の三重中京大学のようにならなければいいかと思います。
 こちらの場合、鈴鹿国際大学が相当足を引っ張っているのと、一部報道によれば学園内の内紛が勃発しているそうですね。やはり、ゴタゴタの多い学校だけは誰もがごめんですわな。志望者を受け入れるべき大学が内的問題を原因に志願者に敬遠される矛盾。今後はニュースの展開によって、志願そのモノを止めたいと感じてしまう方もいることでしょう。
 学校は通う学生・生徒・児童の目線を常に捉えていかないと、サッサと見捨てられることになるでしょう。それが志願者減少→入学→収入減少→経営危機→学費値上げ→志願者減少の負のスパイラルになるのです。
 大学案内を見ていると、どこの大学でも有名か無名かの差はあれど、ある程度のラインで教員は揃っていたりします。したがって、特に私立の場合は学校の設備や学生サポートなど、何かのウリが無いと集まってきません。既に大学は受験者に選ばれる立場になっているのです。
 自分の通っていた学校が無くなっている、これほど寂しい事はありませんよね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1158-15049080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。