名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

名古屋市「敬老パス」ICカード化へ
KIMG1303_convert_20121003002522.jpg
 これまで弊ブログで散々主張していた名古屋市交通局の印籠もとい「敬老パス」のICカード化。利用者は実質的にタダ同然である問題や、運賃を支払う行政は利用実績を個別に調べられないザルシステムの放置、需要に合わない無駄なバスの運行や過剰なバス運行回数の削減、利用実態のカウントをバス運転士の計測に頼る不正確さで名古屋市当局の部内処理の不透明な利用料金補填の実態、更には市外在住者への不正利用疑惑も浮上し、現行の磁気カードには問題があることが判明していましたが、名古屋市が2015年度より敬老パスでもICカードを導入することが明らかとなりました。(画像は2012年9月20日読売新聞名古屋市内版より)。
【参考・弊ブログの過去記事】
名古屋市敬老パス事業仕分け1(2011/10/26)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-994.html
敬老パスの不正使用(2012/2/10)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-1045.html

 これで敬老パス所持者もカードリーダにかざすだけで利用できるので便利になります。交通局も敬老パスをIC化することで利用状況の正確な把握が可能になり、バス・地下鉄の運行本数を利用実態に見合うものに改めることができます。また、デポジット(1枚500円)を利用者に負担してもらうことで交通局は名目上は預かり金ですが、デポジットの返還要求を行う高齢者は限定的であるため実質的な増収となります。現在30万人が利用しているそうですので、単純に計算して1億5000万円の増収となります。更に郵便局等へ敬老パス発行を委託する必要性が無くなり、委託手数料を軽減できます。とどめは高齢者が行方不明になった場合、市バス・地下鉄を利用していれば、ある程度の足取りをたどることもできるなどメリットが多いです。ようやく、交通局も方針転換する決意ができたようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

以前に聞いた予定では、敬老パスは来年の更新からICカードにする予定だったそうですけど、2年遅れるのですね。
予定は予定だったわけで。
結局、健康福祉局が支払う運賃相当分の費用算定に、何か協議が行われたり、或いは計算式のプログラム開発がなされるのでしょうか。

やっぱり運賃相当分の5000分の5600を交通局に支払うのは、あまりに交通局有利な算定ですね。
昼間に乗れば、地下鉄なら2000分の2400でもいいですし、バスならユリカの頃は2000分の2800でした。
そういうのを算定するために一つの利用者(カードID)で、乗車時間帯と種類別に計算するなどなど。

これ進めれば、一日乗車券制度に倣い、一日の上限額も可能でしょう。
一つの利用者(カードID)で平日850円、土休日600円が交通局支払い上限、使い方により様々ですが月間でも通勤定期券、あるいは全線定期券が交通局支払い上限額とするように。
そんなに乗るお年寄りがいるのかは別にして、現在では、乗れば乗るほど交通局への支払いが上昇しますね。

こうした日上限、月上限は通常のmanacaでもシステム的には実施可能だと思います。
ただ、こちらは個人が支払うわけですから、今のままでも宜しいですけど。


そして媒体となるICカードは、manacaを使うのか、健康福祉局として新たなICカードを発行するのか。
新たなカードでもベースとなるのはmanacaでしょうが、チャージ額が載せられるのかとか、他社線にも乗れるのかとか、こうなったらmanacaのサービスそのものですが、それらを今後、詰めていくものかと思います。
【2012/10/15 18:24】 URL | kisomitake #sFB8ICbU [ 編集]

Re: タイトルなし
>結局、健康福祉局が支払う運賃相当分の費用算定に、何か協議が行われたり、
>或いは計算式のプログラム開発がなされるのでしょうか。
 そのようですね。交通局に有利な算定で余りにいい加減などんぶり勘定となっている、現在の内部補填制度を改善し、リアルな利用実績にすると交通局が相当不利になる気がします。

>媒体となるICカードは、manacaを使うのか、健康福祉局として新たなICカードを発行するのか。
>チャージ額が載せられるのかとか、他社線にも乗れるのかとか、
 私はmanacaで十分だと思いますが、あまり規制をかけると本来のICカードとしての機能を否定することにもなり、どこまで利用範囲を広げるかは難しいところですね。
【2012/11/06 12:38】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

投入口に詰まらかす老人多発
敬老パスは、そのままがいい。

タッチして使う方が実はすごく簡単だが、あんなハイカラなカードは、よくわからん。と言って、改札機を鳴らすジジババ多発。
結局見せて通るだろうから思惑通りに行くのかな?

鳴らすのが怖い
【2014/06/22 13:47】 URL | ハレルヤ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1162-a410802a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)