名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋に新FMラジオ局誕生か?
KIMG2896_convert_20121104224902.jpg
 名古屋に新しいFMラジオ局を開局させる計画があることが明らかになりました。開局を計画しているのは、東京で「Inter FM」を運営する東京の「エフエムインターウェーブ」で、来年の5~7月に総務省に開局申請を行い、2014年春の開局予定を目指すとのことです(画像は「中日新聞」2012年10月31日朝刊より)。
 しかし、この記事の後半の文章ひどいですね。
「東海地方に新拠点を置くことで外国語放送の活性化を狙う」
 中日新聞よ、よくこんなこと平気で書けるな。あの出来事を忘れたのか、そして、あの放送局から出資の手を引いたのはどこの新聞社だったんだ?
KIMG2869_convert_20121104225017.jpg
 一方、朝日新聞の報道によると、周波数には2年前に閉局した放送局の周波数を使う予定との報道も(画像は2012年10月31日「朝日新聞」朝刊より)。79.5MHzですか。あれ、一宮・岐阜・大垣では岐阜FMと混信するので困りモノだったんですけどね。
 とはいえ、これでRADIO-i(愛知国際放送)復活か?なんて憶測が出てきそうですが、私はこのニュースを喜び半分、冷やかし半分の静観で当面は成り行きを見守って行こうと思っています。
 というのは、このInterFMは最近までテレビ東京の完全子会社でした(今年の6月に木下工務店傘下のキノシタ・マネージメントの子会社になったそうです)。テレビ東京といえば日本経済新聞系列。アドバルーンを上げることが得意なメディアです。
 そこで思い出されるのは、テレビ東京のエリア拡大発言事件。数年前、当時のテレビ東京社長が定例社長会見で宮城県への新規進出、広島県における新局開局及び隣県既存系列局のテレビせとうちのエリア拡大、静岡県への新局開局もしくは隣県既存系列局のテレビ愛知のエリア拡大、そして京都府・兵庫県への隣県既存系列局のテレビ大阪の放送エリア拡大を目指す構想を発表しながら、1年後に断念する発言を行った前例もありますので、今回の報道でも、RADIO-iの復活なんて安易に言える状況にありません。
 もし、InterFMが本当に総務省に申請したら、そこから大騒ぎしたいと思います。

 RADIO-i(愛知国際放送)については、改めて説明する必要はないともいます(ご不明な方は各自で御調べ願います)。RADIO-iは今年の10月1日で閉局から2年が経ちました。弊ブログでも、閉局発表から最後の放送、そして、閉局後の動きを何度も追いかけました。

愛知国際放送(RADIO-i)放送終了へ(2回シリーズ)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-703.html
さようなら、RADIO-i(2回シリーズ)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-778.html
RADIO-iが消えてから(5回シリーズ)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-788.html

 私がいつも聴いている名古屋の某ラジオ局・朝の番組で「だったら、RADIO-iを救済しろよ!」と局アナがキレていましたが、同じMegaNetの系列とはいえ、果たしてInterFMが当時のRADIO-iを救済することが可能だったのかは疑問です。そもそも、救済する必要があったのかという指摘もできます。あのスタッフ、あの経営陣、あの親会社では補填してもダメだったのではないかと見ることもできます。なんせ、親会社は放送機器の設備更新時期を狙って、言葉が悪いですが計画倒産を図ったようなものですから。
 確かにRADIO-iの番組は、FMラジオの理想形でした。しかし、それは商業放送としては通用しませんでした。もし、復活するのなら過去の反省に基づいた商業放送を行わねばなりません。だから、ZIP-FMのようにラジオショッピングだらけになっても耐えねばなりませんし、かつて、RADIO-iに出資してくれた企業に再び依頼することもあるでしょう。また、営業も広告代理店頼みにせず中小企業や個人商店、場合によっては個人出資を行うぐらいのドブ板営業無くして成功しないはずです。なんせ、名古屋の企業はRADIO-iで懲りているのですから。
 個人の出資もバカになりませんよ。大阪のMBS(毎日放送)ラジオの報道番組「たね蒔きジャーナル」が、制作費の削減を表むきな理由(どうも、原発批判を繰り返したため、原子力利権からの圧力説が有力視されている)に打ち切りが報道されると、番組存続を求める署名の他に、リスナーを中心に1,000万円ほどの寄付金が集まったことが話題になりました。私もこの番組を時々聴いておりましたが、この秋で終了してしまったのが本当に惜しい番組でした。

 果たして、名古屋で新しいFMラジオ局は開局できるのでしょうか。それはRADIO-iの生まれ変わりとなるのか、続報に期待しましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント
この問題、どう対応していいのでしょうかねぇ?
どう考えても、新しいFM局がRADIO-iの生まれ変わりになるというのは有り得ないと思うんですよね、これ。理想を追い求めるあまりに経営面に考えが及ばず、遂には破綻・消滅という最悪且つ何とも恥かしい経験がある以上、そのままの再興は考えられません。
だからといってラジオショッピングだらけの放送になったとして、リスナーがそれに耐えられるかというと、それもどうなのかな?というのが私の正直な気持ちです。

う~む。理想と現実のヴァランスを保つというのは一筋縄ではいかないものだ。

>79.5MHzですか。あれ、一宮・岐阜・大垣では岐阜FMと混信するので困りモノだったんですけどね。
以前の周波数で開局するなら有難いですけど。Radio80との混信が気になるのならいっその事高い周波数でいくべきでしょう。もう地上波アナログ放送もしていませんから上限の90.0MHzに近い周波数を使ってもよかろうと思います(以前は東海テレビが1chを使っていた為に86.0MHz以上の周波数が使えなかったとか)。

>しかし、この記事の後半の文章ひどいですね。
RADIO-iの存在を黒歴史としたいようですなw

>あのスタッフ、あの経営陣、あの親会社では補填してもダメだったのではないかと見ることもできます。
仰るとおりです。だからもし新規開局させるならこれらを完全に排除しなければならないでしょうけど、果たしてそれが可能なのでしょうか?

>このInterFMは最近までテレビ東京の完全子会社でした~。
株式の9割をキノシタ・マネージメントに譲渡したとはいえ、今でもテレビ東京の天王洲スタジオ内に局舎があります。それでも、「テレビ東京のエリア拡大発言事件」の時と今とでは社長が代わっておりますのでその時と同様に未遂に終わるのかどうか、何とも言えませんけど。

>もし、InterFMが本当に総務省に申請したら、そこから大騒ぎしたいと思います。
この会社にそれだけの覚悟があるのか。やるとしたら並大抵の事ではありません。
それだけに、もう一回書きますが何故他のMegaNet3局のように何としてでも存続するという事が出来なかったのか、疑問が残ります。

この問題、これからも紆余曲折がありそうですね。何とも取り留めの無い文章でスイマセン。
【2012/11/05 17:58】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

復活するのか否は置いておいて
個人的にはInterFMがやっと乗り出してくれてよかったとも思います。
RADIO-i時代のエリアだけでなく、潜在需要という点で、ソニーの工場閉鎖で大きな話題になった美濃加茂市や国内・国際的な観光地でもある高山市や伊勢市を巻き込んで東海3県+浜松でのエリア構成をしていくべきだと思います。
もちろん、日本人が聞いてくれなきゃ・・・という点もあるので、InterFMやLOVE FMのタイムテーブルの構成は大きく参考にすべきだと思います。

正直ラジオショッピングだらけになるのかもしれません。でもいい意味であらゆる垣根を乗り越えてほしいとも思います。

もしかしたら、かつて広島さんが書いていた手を上げていたという記述はInterFMとかじゃなかったのかと思っていましたが、どうなんでしょう。

RADIO-iの復活よりかは、新しい『RADIO-i』を作ってほしいものです。

ここでのコメントが上手くまとめられないので、ブログの方を読んで頂ければと。既に書いたものがありますので・・・。あいすいません。
【2012/11/07 00:22】 URL | アレックス #uclkFch2 [ 編集]

まだ波乱含みの様子
 先日、名古屋の某ラジオ局・朝ワイド番組内で、RADIO-iの親会社だったK社によるラジオショッピングが突如始まり、リスナーの間で騒然となりました。今回の新聞報道があった同じ日の中部経済新聞で「サプリ部門に参入」という記事をぶつけたK社。これまでもRADIO-i報道に対して、広告なり記事をぶつけたK社。偶然とは思えません。
 その朝ワイド番組、RADIO-i廃局時には局アナが先頭切ってラジオの危機を声高に叫び、リスナーもラジオへの熱い意見を次々とWEB上にぶつけました。しかし、その局アナにラジオショッピングをやらせてしまった事実。ラジオ局の営業が必死の思いで取ったラジオショッピングが偶然K社だったのでしょうが、非常に意味深なラジオショッピングになってしまいました。この件が事実上のメディア操作となって、今後、あの番組で名古屋FM新局についての発言は、相当な制約を受けはしないかと懸念しています。

>massanさん
>RADIO-iの存在を黒歴史としたいようですなw
 資本を引き揚げたくせに、廃局が決まってからは取材拒否状態でしたからね。

>もう一回書きますが何故他のMegaNet3局のように何としてでも存続すると
>いう事が出来なかったのか、疑問が残ります。
 この疑問については、RADIO-iを考える上で壁になりますね。ただ、仮に新局が放送を開始してから、経営が辛うじて継続できたとしたら、いずれK社は再び追及されることでしょう。

>アレックスさん
>東海3県+浜松でのエリア構成をしていくべきだと思います。
 外国語放送局は都市単位でエリア設定ができるので、RADIO-i同様のエリア設定が望まれます。特に浜松の市場は意外と魅力だと思います。ただ、瀬戸の送信所は跡形も無く消えてしまったことや、当時無かったradikoによって、簡単にラジオ放送を広範囲で聴けるようになったことをどう考えるかでしょうね。

>正直ラジオショッピングだらけになるのかもしれません。
 毎時ラジオショッピング、早朝・深夜は30分程度のインフォマーシャルもアリかもしれませんよ。でも、それで放送局が残るなら、それで割り切る必要があるかもしれません。三重テレビや岐阜放送のように。

>かつて広島さんが書いていた手を上げていたという記述は
>InterFMとかじゃなかったのかと思っていましたが、どうなんでしょう。
 どうなんでしょうね?そして、今回のニュースをRADIO-i関係者は、どう思っているのでしょうね。
【2012/11/19 00:42】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]

そういうコトするのですか?あ、そうですか・・・。
>広隆堂さま
>RADIO-iの親会社だったK社によるラジオショッピングの件
そうする事で口封じをするのですね。これって民放のニュース番組でよくやる手段ですがな。K○W△社はそこまでしてInterFMの計画を潰したいんですな。いやぁ、やる事が如何にもこの会社らしくて陰湿ですわ。或いは何か疚しい事でもあるのでしょうか(アルニキマットルガヤ)。
情け無いのは、この番組を始めてしまった某ラジオ局の早朝の生ワイド番組です。もう何処のラジオ局の誰がパーソナリティーをやっている番組なのか、簡単に予想がつきますけど、ここは敢えて名前を隠す事にします。
いくら経営状態が「斜向かいの放送局」に差をつけられているとはいえ、こんな「曰くつきの企業」のラジオショッピングを取ってくるとはねぇ・・・。もう少し慎重になるべきだったのでは?この営業担当者は、その番組でRadio-iの問題が嘗てこれだけ取り上げられていた事なんぞ忘れてしまったのでしょうな。
それにその番組のパーソナリティーであるG氏はこれに対して意見を言わなかったのかな?それとも背に腹は代えられないのか、OKを出してしまったという事なんでしょうな。
もう情け無いったらありゃしないよ。これがもし、同じラジオ局で番組を持つ日米ハーフのタレントのJ氏がこの番組を担当したなら、この件については絶対に断るでしょう。そういうリスクマネージメント(とでも言うのかな?)がこの番組並びに放送局には欠落しているのかもしれませんね。
こんな事では、このラジオ局が「斜向かいの放送局」に追いつき追い越すなんて事は夢のまた夢でしょう。いや、その前にこの生ワイド番組が潰れる方が先かもね。

>仮に新局が放送を開始してから、経営が辛うじて継続できたとしたら、いずれK社は再び追及されることでしょう。
そうなる事を熱望します。いや、絶対にそう持っていって貰わねば。
この度執行役員に就任されたピーター・バラカン氏、並びにInterFMの経営陣には是非とも頑張って戴きたいと思います。
応援しますよ!
【2012/11/19 11:18】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

Re: そういうコトするのですか?あ、そうですか・・・。
>massanさん
>やる事が如何にもこの会社らしくて
 そうですね。これまでの経緯を見ても、FMラジオの話題に別件で新聞記事にぶつけるタイミングの良さは本当に気になりますね。

>いくら経営状態が「斜向かいの放送局」に差をつけられているとはいえ、
>(略)この営業担当者は、その番組でRadio-iの問題が嘗てこれだけ取り上げ
>られていた事なんぞ忘れてしまったのでしょうな。
 たぶん、ぬるま湯体質の東新町・某ラジオ局一般社員にその認識は無いのでしょう。あそこ、黒字達成の報道がありましたが、経常利益の額を見ると経営は苦しいみたいですし。深夜は文化放送の垂れ流し。朝ワイド番組の30分繰り上げも、早朝にあった5~10分のハコ番組が激減したため「穴埋め」という噂もあります。

>番組のパーソナリティーであるG氏はこれに対して意見を言わなかったのかな?
 言えないのでしょう。所詮、社員ですから。表面上は異端を装っても社の命令には逆らえないわけで、これは宿命ですよね。あの人は1日でも長く、現状のポジションにしがみ付かねばなりませんし。

>同じラジオ局で番組を持つ日米ハーフのタレントのJ氏がこの番組を担当したなら、
>この件については絶対に断るでしょう。
 そういえば、RADIO-iにスポンサー付きで移籍を申し出たら「局のイメージに合わない」と断られたと、以前J氏は番組で散々愚痴っておられました。あの方、随分問題もあるようですが、スポンサー付きで番組を売り込む人は、ミッキー安川さん亡き今ではJ氏ぐらいですよ。

>こんな事では、このラジオ局が「斜向かいの放送局」に追いつき追い越すなんて事は
>夢のまた夢でしょう。いや、その前にこの生ワイド番組が潰れる方が先かもね。
 そうですね。既に先細り傾向です。局アナの伸びしろが無くなり、自分の見解のゴリ押し(しかも決まって4回行う)や太鼓持ちやヨイショするリスナーに迎合する醜態も顕著になりました。これまで深夜放送ばかりなので、帯番組・相方のいる番組をこなした経験の薄さも響き始めています。上辺で誤魔化しても底が浅いので言葉に奥行きが無くなっているのも、あの局アナの気になるところです。筋向いとの差は広がる一方でしょうね。

 この話題、新年度に入ってから動くかもしれません。気長に待ってみましょう。
【2012/12/09 01:33】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


Interfm申請しましたね。無理だろうな~と思ってました
送信所はどこになるんでしょうかね~? 

このまま順調に進んでほしいですね!
【2013/08/07 22:52】 URL | j #- [ 編集]

免許申請
名古屋地区を中心とする外国語放送を行う超短波放送の新たな免許申請が既に報じられてる通り、東京のinter fmがおこなった模様。申請受付結果を見てください。掲載記事:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000070.html
【2013/08/09 22:48】 URL | もっさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1169-3d135e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名古屋に外国語放送局の灯が再び灯るのか

新しい外国語放送局はどうなるのか?かつてあったRADIO-iの説明と共に読み解いていこうかと。 Game Company イメージキャラは赤魔道士【2012/11/07 00:25】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。