名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

三岐鉄道に何が起こったか?
KIMG3213_convert_20121109123337_20121111014239.jpg
 三重県の三岐鉄道が今年に入って3度目の脱線事故を起こしてしまいました。三岐鉄道といえば貨物主体の鉄道会社であり、積載量の多い貨物列車を走らせる以上、軌道の整備や列車の安全性には細心の注意を払っている鉄道会社でしたが、相次ぐ事故の連発に三岐鉄道の管理体制が問われようとしています(画像は2012年11月8日中日新聞夕刊より)。
 今年2月と6月に東藤原駅で貨物列車が脱線、軌道に問題があったのか現在東藤原駅構内において軌道改修工事を実施しているため、来年の1月まで東藤原駅~西藤原駅間はバス代行輸送になっています。
KIMG3235_convert_20121111013616.jpg
 今回の事故の場合、安全側線に入っての脱線であることから、運転士による信号見落としという極めて単純な人為的ミスである可能性が高いと思われます。しかし、たった2人ながらも乗客がいたわけで、この事故がもし朝の通勤時間帯だったらと思うとゾッとします(画像は2012年11月9日朝日新聞朝刊より)。
 今回の事故を誘発した温床としては、三岐鉄道独自の合理化策の影響も考えられます。ローカル線において、途中駅を駅員のいない無人駅にする代わりに車掌が常時車内を巡回する鉄道は多いですが、三岐鉄道はこの逆パターンを採用し、1駅を除き、残りすべての駅に駅員を配置する半面、電車はワンマン運転という方式を取っています。朝日新聞の報道によれば、三岐鉄道のマニュアルでは信号が青になるまで電車の扉は閉めないそうです。もし、この列車に車掌が乗務していれば、運転士に伝えるなどして事故を回避できたかもしれません。
 このように事故が連続すると、思い浮かぶのは福井県・京福電鉄の運行中止命令です。2度の正面衝突事故を起こし電車の運転ができなくなり、沿線住民は代行バスで甚大な影響を受けた「負の社会実験」と呼ばれる壮絶な苦汁を味わいました。あの悪夢を二度と起こしてはなりません。
 今後、原因が究明されると思います。ATSなど安全設備の整備はもちろんですが、本来ならそれに頼らずとも安全運行するのがプロです。地域の足を守る責務を持っているのですから、今後事故を起こし地域住民に影響を与えないように安全運行に勤めて欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1174-fd7beceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)