名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

名古屋市営バス・2012秋の不祥事祭り1
KIMG3476_convert_20121124082731.jpg
 中日新聞市民版を読んでいると、毎週1~2回程度は必ず載っている市バスの事故報道。いまや、不祥事のデパートと化している名古屋市交通局で、またしても「ありえない」レベルの不祥事が発生しました。バス車内で運転士が座席で寝ていた女性客に気づかないまま名古屋市内を走った揚句、車庫で2時間半も閉じ込めていたという内容です(画像は2012年11月13日中日新聞夕刊より)。
 11月12日、名古屋市営バス金山25号系統の金山22:32発野跡駅行きに、金山駅から乗車した女性客が乗車。後から3番目の座席に座ると眠りこんだそうです。バスは23:08頃に野跡駅到着。しかし、ここで運転士は車内点検をせぬまま、眠り込んだ女性客を乗せたまま23:15に野跡駅発港区役所行きとして発車。夜遅いこともあり乗客ゼロのまま23:32頃に港区役所到着。ここでも運転士が車内点検をせぬまま、今度は回送車両として中川車庫まで回送として発車、23:50頃に中川車庫に到着。しかし、ここでも車内点検をせぬまま運転士は女性客を車内に残したまま引き揚げてしまった模様です。
KIMG3482_convert_20121124082834.jpg
 その後、女性客が真っ暗なバス車内で目覚め、13日深夜2:20頃に中川車庫に到着した別のバス(おそらく深夜2系統地下鉄高畑行きの回送便と思われます)が到着し、中川車庫の運行管理者が点検をしているとバスの中から窓ガラスを叩く女性を発見し、閉じ込め事故が発覚したわけです(画像は2012年11月13日朝日新聞朝刊より)。
 びっくりしたでしょうね。目が覚めたら見たことも無い場所。更に真っ暗なバスの中で一人きり。パニックに陥ったことでしょう。携帯で110番通報する手もあったでしょうが、そうすればもっと大事に発展したかもしれません。 

 今回の事故では、運転士が終着点でバス車内を巡回し、「乗客が残っていないか」「忘れ物が無いか」を点検する路線バス運転士として極めて基礎的な点検行為を怠るという、絶望的なミスに起因しています。
 運転士は56歳。おそらく正職員の運転士でベテランと思われます。ひょっとすると新人を育成する「指導運転士」かもしれません。きっと、本業については頭に無く、早く家に帰ることしか考えていなかったのでしょう。バス運転士として最低限の義務行為すら果たせない運転士が、平然と名古屋の街でバスを走らせているのです。
 女性客は交通局側による送迎を拒否し、タクシーで去ったそうです。きっと、名古屋市交通局に対して極度の不信感を抱いたのでしょう。
KIMG3487_convert_20121124083031.jpg
 名古屋市交通局では昨年1月20日に猪高営業所の運転士が女性客を乗せたまま閉じ込めてしまい、乗客が車内から110番通報して発覚する事件がありました。また、今回の事故を起こした中川営業所では、今年6月28日に乗客に腹を立てた運転士が常務を放棄する前代未聞の事件もありました。
 交通局の弁明は「車内の点検を改めて徹底する」とのこと。当たり前のことをしていれば、このような低レベルな事故など起きないのです。いかに交通局内の士気が低く、事務方と現場との乖離が顕著であることを感じます(画像は2012年11月13日毎日新聞朝刊より)。

 最後に、もし「バス車内に閉じ込められてしまったら」の話。最近のバスは窓が換気用の小窓しか開かない車両、更には窓が開かないタイプの車両も増えているので、窓から脱出というのは難しくなっています。
 その時は、携帯で110番通報する、窓を叩いて近くの人に呼び掛けるなどが効果的ですが、バス車両には「非常扉」というものがあって、それを用いて脱出する方法もあります。バス車両の右側、後から2~3番目あたりに付いています。カバーに開ける方法が書いてありますので、それに従うと簡単に開けることができ、車外に脱出することができます。
 本来は車両火災やバスジャックなど、本当の非常時にしか使用しない装置ですが、このような事故に巻き込まれた場合には、そんな脱出方法もあります。まぁ、そのお世話になることが無いようにしたいものですが、このような知識も持ち合わせておいた方が良さそうですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1180-352c50eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)