名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市営バス・2012秋の不祥事祭り2
KIMG3971_convert_20121203005922.jpg
 不祥事のデパートと化している名古屋市交通局で、またしても「ありえない」レベルの不祥事が発生しました。以前、乗客にキレて乗務拒否してバスを置いて逃げてしまった名古屋市営バスの運転士がいましたが、今度は乗客を恐怖のどん底に陥れた運転士がいたとのことです(画像は2012年11月29日毎日新聞朝刊より)。
 11月8日の夕方16:50発の名駅25系統豊公橋経由の名古屋駅行きバスで、名古屋駅で乗客約10人を乗せて発車。ところが、発車直後から急な車線変更や急発進・急加速などの乱暴運転を次の鷹場町バス停まで6分間繰り返し、この間に運転士から「ふざけるな」「やめてやる」の言う乱暴な言葉を発し続け、マイクを通じて車内に聞こえていたとのこと。異常を察したのか、恐怖を感じたのか、乗客は三つ目の中島町バス停までに、ほとんどの客が下車してしまったとのこと。乗客4人から同じ内容の苦情が相次ぎ、事件が発覚したとのことです。更に運転士の在籍する稲西営業所は、苦情を受けながらも運転士との連絡を取らず、バスの運転を続行させていたそうです。

 営業所帰着後に事情聴取したところ、出発前に乗客の一人からキツイ調子で行き先を聞かれ、感情が高ぶったとのこと。これらに対して本庁の弁明では「代替の運転士を停留所の先回りさせたが間に合わず、結果的に終点まで運転を継続させてしまった」とのことで、今後運転士の処分を検討しているとのことです。運転士は28歳、勤務2年目の嘱託運転士だそうです。
KIMG4034_convert_20121203005810.jpg
 なんか、呆れてモノが言えないレベルですよね。むしろ、その精神状態で良く交通事故が起きなかったものだと感心するばかり。バスの運転士って、慢性的に不足していると聞きます。でも、公営交通事業者では、安定した身分と報酬を求めて嘱託でも良いからと民営バス会社から移籍する運転士さんが多いと聞きます。しかし、その実態はお客さん応対もろくにできない、バスの運転しかできない運転士さんが多いようです。交通局はどんな人選をしているんでしょうね(画像は2012年11月30日朝日新聞朝刊より)。
 以前より気になるのは、同じ交通局でも営業所ごとで運転士のカラーに差が出るのでしょうか。私の住む地域では猪高・御器所・浄心の各営業所のドライバーのバスを利用するのですが、猪高は大人しくソフトな対応の運転士が多い半面、御器所・浄心のドライバーのクセの強さや運転の荒さは気になります。特に浄心は三重交通の委託になってから、名古屋の道路事情に疎いドライバーの多さに驚かされます。また、中川・稲西のドライバーの運転の荒さに閉口することもしばしば。交通局の問題点が見えるような気がします。
 ところで今回の報道、毎日新聞が先行報道し、朝日新聞・読売新聞が翌日に報道しましたが、中日新聞は完全スルーでした。ホント、中日新聞は交通ネタとなると出遅れやスルーが目立ちます。記者がこの分野に弱いのでしょうね。
KIMG4058_convert_20121203005321.jpg
 更に驚いたのは、11月30日にメ~テレ「ドデスカ!」がこの問題を取り上げ、名古屋市交通局に取材したところ、交通局は「(今後は運転士の採用について)心の強さを重視する」という、的外れも甚だしいトンデモ回答をメ~テレによこしたそうで、朝から大爆笑させて頂きました。
 どうも、交通局は経営側・事務方と現場で意識の乖離が表面化しているようです。莫大な累積赤字を解消するために進められた経営健全化計画で市バス部門は2006年(平成18年)度以来黒字を達成、地下鉄も2008年(平成20年)度に27年ぶりの黒字を達成させた名古屋市交通局。しかし、それは人件費削減や運転本数削減という、現場職員や利用者の犠牲の上に成り立った黒字であって、根本的な問題である利用者の増加は進んでおらず、本質的な経営健全化にはまだ達していない状況です。
 現場を知らない本庁の事務方が現場に相当なプレッシャーが掛かっているようで、それが運転士にもモチベーション下がることばかりの施策や指示がなされると、ストレスも自然と貯まっているのかもしれません。しかし、お客さんの前ではそれを殺してでも接客に尽くす、これこそプロの対応です。そこに正社員、正職員、嘱託社員、契約社員の差はありません。お客から見ればどの人も同じバスの運転士です。感情を露わにして、お客さんに恐怖を与えているようではバス運転士失格です。
 交通局がこんな採用方針では、今後も名古屋市交通局からネタを提供してもらえそうな気がしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

ストレスも自然と貯まっているのかも。しかし、お客さんの前ではそれを殺してでも接客に尽くす、これこそプロの対応です。そこに正社員、正職員以上社員、契約社員の差はありません。お客から見ればどの人も同じバスの運転士です。感情を露わにして、お客さんに恐怖を与えているようではバス運転士失格です。>

暴走してはいけないですが、雇用形態(報酬)によってかなりの不公平感があるのは事実です。バイトがクレームを受けて職務を放棄するのと、社員いjyがするのとでは訳が違います。
【2013/04/12 12:36】 URL | #- [ 編集]


それくらい報酬に差があり、同じ業務をこなしているのに客側から見て均一なサービスを求めること自体に無理があります。営業所の経営難は他の何処でもなくハンドルを握るドライバーに負担を強います。ドライバーの待遇改善、均一化こそが重要ではないでしょうか。
【2013/04/12 12:46】 URL | #- [ 編集]

Re: タイトルなし
>そこに正社員、正職員以上社員、契約社員の差はありません。
>お客から見ればどの人も同じバスの運転士です。
 まったく、その通りです。市バスに乗っていると、契約だからダメで正職員だから立派というわけでは必ずしもない様で、「指導運転士」なんて名札をかけている運転士が逆に旧来の無愛想な応対に終始するケースもあるのも、また事実です。

>ドライバーの待遇改善、均一化こそが重要ではないでしょうか。
 特に契約の運転士に相当なプレッシャーがかかっている印象を、応対や車内アナウンスを聞く度に思います。名古屋の市バスは浄心営業所の三重交通に移管された頃から、運転士のミスやトラブルが顕著になっており、バスに乗っていても運転士さんの応対が神経質になって、人としての余裕が無いと伺える状況が見られるようになりました。
 この背景には交通局が財政健全化計画を盾に、一部の事務方や関係者が名誉主義に走っているところがあり、現場の疲弊や利用者サービスの縮小などの新たに浮上している問題は拡大する一方。組織が末期の国鉄の様になっています。交通局の経営は劇的な改善が進んでいるそうですが、もし、経営に余裕が出たとしても、公営故に柔軟な発想や行動が許されず、運転本数の増発など利用者サービスの改善は、今後は行われなくなる可能性が出始めています。
 企業の財務体質改善や人件費削減という名目で、正規雇用・非正規雇用による格差が内部で生じ、ギスギスした職場内環境にある現場が、社会全体に蔓延してしまいました。バスに限らず、これは由々しき問題だと思います。
【2013/04/29 00:55】 URL | 広隆堂@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1181-c9891553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。