名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012夏 若狭湾への旅2・敦賀市内散策(上)
wakasawan_convert_20121209025017.jpg
 8月26日に行ってきました若狭湾の旅、前置きが長くなってしまいましたが、今回から本編に突入です。第2回の今回から2回に分けて敦賀市内散策の模様をお届けします。
 若狭湾には東から敦賀原発・もんじゅ・美浜原発・大飯原発・高浜原発と5つの原子力発電所が並んでいます。せっかくですから、最近話題の12時間3,675円の激安レンタカーで全部回ろうと思い、ネットから予約しようとするも、敦賀・彦根・長浜と各営業所(と言っても実態はガソリンスタンドが代理店をしているだけ)が軒並み空車無し。なんせ、計画を3日前に思い立ったのですから、こんなものでしょうか。大垣で何とか空車を見つけるも、大垣からクルマで行くなら、名古屋からレンタカーで乗り込むのと変わらず、レンタカー代金を抑えてもガソリン代で相殺してしまうので却下。どうも、激安レンタカーチェーンは一般レンタカー業者と異なり、チェーン内での空車の融通は行わないため、値段の安さもあって予約が取りにくいようです。
 したがって、公共交通で訪ねることに。しかし、敦賀原発へのバスは1日3本、高浜原発は最寄りバス路線無しと交通事情が悪く、公共交通で回れる原発は「もんじゅ」「美浜」「大飯」の3ヶ所しかないことが判明。とりあえず、本命の大飯原発は行けるので、この案を採用。ぶっつけ本番旅のスタートです。
DSCN9875_convert_20121209111117.jpg
 実は名古屋の自宅を朝4:30出発。自転車で名古屋駅まで45分爆走し、名古屋駅5:25発のムーンライトながらに乗り込めば、大垣・米原で乗り換えて7:37には敦賀駅着。更に7:40発の「もんじゅ」のある白木行き福井鉄道(福鉄)バスに乗り換えると、この便だけ普段は入れない美浜原発の正面玄関までバスが乗り込むオマケつきで、充実した原発巡りができるのですが…。案の定、寝坊しました(笑)。
 でも、名古屋の自宅を7時過ぎに出発。運良く東海道線米原行き電車に乗り込み、米原駅で北陸線9:38発の敦賀行き電車に乗り換え。2両編成。どうも、ハイキング大会がある様で、京都方面から来た12両編成の新快速からハイキング客が大量に乗り込み通勤ラッシュ並みの大混雑。しかし、長浜でハイキング客はすべて降りると、ローカル線の様な閑散とした車内に戻りました。
DSCN9882_convert_20121209111522.jpg
 10:24、敦賀駅到着。米原寄りの改札口から最も遠い、切り欠けホームに到着しました。改札口が本当に遠い。まず、福井方面にホームを縦断。しかし、敦賀駅は駅改築工事の為ホームが至る所で狭くなっており、走ることもできない以前に歩きにくい。更に階段の降りて地下通路を歩き、角を2度曲がってようやく改札口が見えてきました。ホームから改札口まで300m近く歩く、鰻の寝床の様な駅でした。
 利用者より鉄道事業者の都合が優先される、典型的な前近代的駅構内設備です。敦賀駅までの北陸新幹線延長が決定したことから始まった敦賀駅改築工事が完成すれば、もう少し利用者に優しい駅に生まれ変わることでしょう。
 しかし、前述の通りの移動工程で朝4:30に名古屋の自宅を出発しても、敦賀駅でたった3分のバス乗り継ぎは不可能で、敦賀駅前で膝をつく事態になっていた可能性が高かったのだと思うと、少し気が楽になりました。
 もんじゅと美浜原発の訪問をパスし、敦賀市内散策に切り替えます。
DSCN9880_convert_20121209111425.jpg
 まずは、敦賀市のバス事情。敦賀市では路線バスが末期状態となり、西日本JRバスの全面撤退と福鉄バスの運行する美浜町へ行く2路線を除いた全面廃止。そこで、敦賀市が福鉄バスと敦賀海陸運輸に委託したコミュニティバスにより大部分が構成されています。2路線だけ残った福鉄バス路線は駅から最も遠い場所に乗り場を(画像バスの後、6番乗り場)構えるも、運営は苦しいようで補助金に依存する路線です。
 運賃は200円均一なのですが、今回行く予定だった、もんじゅのある敦賀市白木へのバスは道路事情の悪さから美浜町を経由しないと行けないため、途中経路の美浜町民への配慮もあるのか、同じ敦賀市内でも通常のバス運賃が採用され、運賃は1,020円と跳ね上がります。
DSCN9887_convert_20121209130739.jpg
 順序がズレてしまいましたが、敦賀市の概要を。敦賀市は、福井県南部(嶺南地方)を代表する都市で、古代より港湾を中心に栄え、北陸道と畿内を結ぶ位置から近代以降は鉄道や道路の要衝としても栄えた街。明治時代末期からはウラジオストク航路(ロシア)に接続する欧亜国際連絡列車が新橋(1914年からは東京)~金ヶ崎(後に敦賀港に改称)で運行されたことから、国際港としての役割も果たしており、現在フェリーや国際コンテナ船が行き交っています。昆布など、海産物が特産である人口6万人の都市です。人口は意外と少ないんですね。
 敦賀駅前の立派な駅前通りには、朝10時過ぎでも人影はありません。どうして、敦賀市街地の道路は立派なのかというと、敦賀は軍需工場の存在や港湾拠点という理由で太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)7月以降に3回空襲を受け壊滅したためだそうです。
DSCN9888_convert_20121209133328.jpg
 駅前にある昭和の香りがする土産物店数軒を除くと、シャッター通りと化している駅前通り。道路の広さがより寂しく見せてしまいます。駅前コンビニすらありません。最近は駅のキオスク(売店)を鉄道会社がコンビニ風に拡張すると、中小都市でも駅前コンビニが消えてしまう街が増えました。少し歩くと「銀河鉄道999」のモニュメントがいっぱい(画像はメーテル)。しかも、歩き続けると、そのストーリーの概要が分かる仕掛けになっています。別の場所には「宇宙戦艦ヤマト」のモニュメントもありました。
これらの共通点は作者が共に松本零士氏である点。松本氏は出身が福岡県のはず。敦賀市と松本氏、どんな関係があるのでしょうか。
DSCN9940_convert_20121209131106.jpg
 敦賀市のコミュニティバスにも「銀河鉄道999」の画が、ほぼすべての車両に描かれています。では、なぜ敦賀市は松本氏の協力を依頼したのか。
 調べてみると、敦賀市が1999年に行った敦賀港開港百周年記念事業の一環として、「敦賀港が古くから貿易や交通などで重要な役割を担ってきたことや、明治時代に欧亜国際連絡列車が東京から同港まで運行されていたことなどから、港の街と鉄道の街の連想で、鉄道と船が登場する銀河鉄道999と宇宙戦艦ヤマトの像がイメージに合う」とのことで、作者の松本氏に打診し快諾を得たとのことです。この背景を知ると、イメージの点と点がつながりました。
DSCN9911_convert_20121209131431.jpg
 コミュニティバスの停留所までもが「銀河鉄道999」。敦賀市の気合の入れ様は半端じゃありません。敦賀と同じようなイメージを持つ街としては、下関や新潟もそんな空気がありますね。賛否両論あるでしょうが、これはこれでアリなのかもしれません。「銀河鉄道999」。私は再放送世代でしたが松本零士作品には名作も多く、濃いファンの方もいますから、これを街起こしの一環として、その場限りではなく継続していくこと。それが最も肝心なことだと思います。
DSCN9909_convert_20121209131702.jpg
 敦賀の街で驚くのがアーケードの充実ぶり。敦賀駅前から国道8号線を経て気比神社近くまで2㎞近く続くのは、6万人都市にしては異例の規模です。おそらく、冬場の積雪を考慮した設置なのでしょうが見事な設備です。
 そして、国道8号線本線に垂直に進入する駐車スペース。これまた、非常に珍しい構造ですね。8号線のバイパスが郊外に開通し、通過車両が市街地を通過しなくなった背景もあるのでしょうが、今でも下手にバック入庫しようものなら、事故の原因になりますよね。この設計意図が気になります。
DSCN9908_convert_20121209131619.jpg
 「越前市」。一瞬悩みました。少し前までの武生市のことですね。どうも、平成の市町村合併に伴う新自治体名の中には、あまりにも漠然とし過ぎた名称が増えてしまい、困ることが今でも結構あります(個人的には、さくら市・南アルプス市・中央市がトップ3勝手に認定)。
 敦賀市街地をフラフラ歩いたのは、ある施設を訪ねるためだったのですが、ここまでで随分長文になってしまったので、一旦ここで切ります。敦賀は結構面白い街ですね(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1182-9cf67d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。