名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

松阪競輪廃止へ
KIMG4926_convert_20130114123329.jpg
 三重県松阪市にある「松阪競輪場」。赤字経営が続いていることから、松阪市が民間に競輪場運営を委託して3年間で黒字転換させる為の補正予算を市議会に提出したものの、12月28日の臨時市議会で否決。この議案は11月議会でも否決されていることから、松阪市長が「競輪場を廃止の方向で進める」と述べていることが明らかになりました。2012年の競輪最高峰を決める「KEIRINグランプリ」前日に飛び出した残念なニュース。競輪ファンに限らず、地元商業の衰退、百貨店撤退、大学の撤退…と地盤沈下が目立つ最近の松阪市にも暗い影が降りようとしています(画像は2012年12月29日中日新聞朝刊より)。
 松阪競輪場は1950年に開設。三重県中南部の競輪ファンを楽しませていました。三重県には北部に四日市競輪場もあり、レースの開催は四日市競輪場と交互に行われ、四日市競輪場開催時は松阪競輪場で場外発売を行い、住み分けを行っていました。しかし、2007年度から四日市競輪場が特別競走を除くレースをナイター競走による開催に移行した為、松阪での場外発売ができなくなると収益が大幅に悪化してきたそうです。
 そもそも、三重県の競輪事情は結構シビアで、松阪競輪は四日市競輪場にほど近い川越町に「川越場外」を設置し、県北部のファン獲得を行う、事実上の「領海侵犯」を暗黙の了解で守り抜いた事情があります。
KIMG4940_convert_20130114123511.jpg
 競輪・競馬・競艇・オートレース。いわゆる公営競技は、戦災からの復興支援を主な目的として開催され、長年にわたり地方財政の健全化に大きく貢献してきました。しかし、バブル経済崩壊による1990年代以降の不景気、パチンコ・パチスロの隆盛及びレジャーの多様化の影響などにより収益が年々悪化し運営が赤字に転落すると、公営競技事業に公費を投入(赤字補てん)せねばならないお荷物となると、各地で廃止の話が飛び出すようになりました。いまや、中央競馬でもウィンズ(場外馬券売場)の廃止が浮上しています(画像は2012年12月29日朝日新聞朝刊より)。
 特に厳しい状況であるのが地方競馬と競輪です。全国規模で見ると地方競馬は廃止になったところがいくつもありますし、競輪でも去年も滋賀県の大津びわこ競輪場が廃止になったばかりです。東海地方でも、笠松競馬と名古屋競馬は存廃が議論されています。一昔前に存廃論が浮上した豊橋競輪は、「ふるさとダービー」(かつて、各競輪場持ち回りで行われた競輪のGⅡ競走)の誘致や経理改善で乗り切りましたが、一宮競輪は負債が多いそうで存廃議論が起こっています。
KIMG5121_convert_20130114122904.jpg
 年が明けて、松阪競輪場の開催は今年の9月まで行うことが明らかになりました。既に来年度上半期のレース開催予定が決まっており、3月末での廃止を行うのが不可能であることが理由だそうです。競輪事業は以後は他の競輪場のレース車券を販売する「サテライト」として残す方針であるそうです(画像は2013年1月10日中日新聞朝刊より)。
 競輪場でのレース実施(本場開催)を廃止し、場外車券販売専門の「サテライト」に移行した前例としては、香川県にあった観音寺競輪場の例があります。2012年3月7日で本場開催を終了。場外車券発売が終了する3月30日をもって競輪場としては閉場となり、同年4月5日から競輪場外車券売場のサテライト観音寺として営業を開始しています。
 松阪競輪場は建物は古いけど、無料スタンドの真ん前・目の前を選手が駆け抜ける感じで、レース全体を遠望・達観するにも丁度良く、出走前のスタンディングも選手の一喜一憂が手に取るように解るのだそうです。一度、旅打ちにでも行きたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:競輪 - ジャンル:ギャンブル

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1201-01859590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)