名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

アルジェリアの事件に思う
 アフリカ・アルジェリアで発生した人質事件。現地の石油プラントに勤める日本人で、残念ながら犠牲になられた方が出ました。異国の地で世界のために働いてきた、日本が誇る企業戦士の皆様に心よりご冥福をお祈りします。
 ところで、この報道について「犠牲者・生存者の氏名を公表するか否か」で世論が二分しています。特に興味深いのは、犠牲者の氏名を「公開すべきでない」という意見が過半数を超えている点です。これは企業(日揮)が政府に対して「氏名を非公開にして欲しい」と要望をしたためだそうですが、残念ながらマスコミにより氏名が明らかとなると、早速遺族の元へ集結して取材合戦する見苦しさが世論の批判の矛先になっています。そもそも、氏名を公表した時点で、遺族の住所や実家が分かるという仕組みが良く分かりませんが。
 そして、企業が犠牲者・生存者の氏名を「非公開」にこだわっているのか。それは、この事件の背景にある複雑に入り組んだ関係を考える必要があるように思います。アルジェリアについて、箇条書きにまとめます。

・立地上、アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員である。
・イスラム教の影響が強い国である。
・アルジェリアでのプラント開発は1960年代から始まっていた。
・1990年代以降、内情不安が続いている。
・元フランスの植民地であり、フランスの影響がいまだに強い。
・膨大な対外債務があるが、天然ガスや石油を産出し、近年の原油価格上昇で貿易黒字が増大している。
・LNG(天然ガス)の埋蔵量世界第5位、輸出量世界第2位のLNGの輸出国。
・化石燃料(炭化水素)関連の産業が国家予算の52%、GDPの25%、貿易収益の95%を占めている。

 原油や天然ガスなど石油資源は、ニーズの高さから莫大な利益を生み出す「利権」です。したがって、石油資源に起因する紛争が現在も世界では続いています。また、原産国のなかには経済が脆弱であることから、石油資源が国の命運を担う生命線であるところもあり、今回のアルジェリアもその状況にある国の一つだと言えます。
 すると、アルジェリアのもう一つの側面が見えてきます。

・アルジェリアは石油資源の輸出が国家の生命線になっている。
・石油資源は大半がヨーロッパに輸出されている。
・プラントが破壊され生産不能になると、アルジェリアはヨーロッパから莫大な損害賠償を請求される。
・莫大な損害賠償にアルジェリア政府は弁済能力が無く、国家破たんしかねない。

 今回の事件では、アルジェリア軍が人質や反政府軍よりもプラントの保護を第一とした点で批判が出ていますが、アルジェリアが抱えていた内的問題を思うと、一方的に批判する気になれません。
 また、そこで働く作業員はプラントの管理や天然資源についての技術・情報があり、場合によっては漏洩が許されない国家機密レベルの情報も現場にはあったことでしょう。石油プラントでは、外国人ながらアルジェリア国家の生命線を支える身でもあったわけです。だから、仮に今回の生存者で別の現場に行くとなったとしても、アルジェリアでの経験があるという情報が漏洩すれば、アルジェリアの情報を探ろうとする手が追ってくる危険性があり、身の安全が保障されない恐れがあります。だから、日揮は犠牲者・生存者の氏名公表について慎重になっていたのでしょう。新聞報道では、家族ですら犠牲者の仕事内容について詳細まで伝わっていなかったようです。それほど、情報管理を厳命させられるプロジェクトに携わっていたということです。

 今回の件について、私は「犠牲者は氏名のみ公開し、生存者は氏名も非公開にする」で良いと思っています。遺族取材が問題になっていますが、遺族が拒否を示したのなら「拒否されました」で締めて、そこで取材は終了すべきです。「粘り強く交渉すれば、遺族も軟化してコメントしてくれる」と、しつこく張り込んだり電話取材を続けるマスコミがいるようですが、それは自粛すべきです。「今の気持ちは?」なんて質問する光景をTVで見ましたが、その質問は聞くまでもない愚問です。
 犠牲者の氏名公開については、毎日のように流れる交通事故や火災による犠牲者報道が許されて、今回の件で許されないのはなぜかという疑問もありますが、背景を見ると内容が理解できました。

 この種の事件、今後も続くことだろうと思います。これを回避するなら、石油に極度に依存した資源需要を改めるという、天地を逆さまにする様な価値観の変更を強いることになります。声は上げども難しい問題であり、現実のモノとなるのは相当な時間と投資を必要とします。しかし、恐れるばかりでは仕事はできません。突破せねばならない課題に挑むことこそ「仕事」であり、その先にある「達成感」を掴むために日々闘わねばならないのです。
 そこに「ヤマ」がある限り、企業戦士は各地へ飛ぶことでしょう。改めて、アルジェリア事件で犠牲になった企業戦士に合掌。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/06 09:48】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1206-49610e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)