名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

恵方巻き2013
KIMG5861_convert_20130207095031.jpg
 節分の日に恵方巻きをほうばるようになったのはいつからでしょうか。子供の頃はなかったような気がします。しかし、いつの間にか恒例行事の様になっていました。
 恵方巻きの風習は関西発祥なのだそうです。その起源は大正時代とも明治時代とも江戸時代とも言われていますが詳細は不明。記録がある限りでは、大正時代初期に大阪の花街で節分の時期に漬けあがる新香巻を使った海苔巻きを恵方に向かって食べる風習があったものや、1932年(昭和7年)に大阪鮓商組合や海苔協会が海苔などの販売促進の目的で「節分の丸かぶり寿司」に関するチラシを配布し宣伝を行った記録があり、大正時代から昭和時代初期には既に存在したいたようです。
 これが大阪の一部地域で定着し、寿司業界がそれを利用して古くからの伝統であるという触れ込みで販売促進活動に入り、昭和40年代には大阪の海苔問屋協同組合が乗りの消費拡大を目的に起こしたのが今日の恵方巻き普及の原点になっているようです。この点ではバレンタインデーのチョコレートとよく似ています。
KIMG5866_convert_20130207095126.jpg
 しかし、恵方巻きって海苔屋さんだけでは作れませんよね。恵方巻きを構成するパーツは扱う業者さんが異なるので、各業者さんの協力が必要です。コメは米屋さん、寿司メシにするためには酢が必要で酢の醸造元、かんぴょうや桜でんぶなら乾物屋さん、きゅうりは八百屋さん、そして、寿司を巻く寿司職人。つまり、恵方巻きを完成させるためには各業者の協力が必要です。裏を返せば、相乗りできる業者さんの数が多いということ。特需を起こせば、その恩恵を受けられる人も多いということです。売り込みの輪が拡がりやすいですよね。その企画力のすごさに驚かされます。
 本格的に全国展開を始めたのは、1989年にセブンイレブンが広島市内で売り込みを始めたのがきっかけだったそうです。そりゃ、こんな美味しい商売、一気に拡大しますよね。

 ただ、恵方巻きも最近は高級志向が強くなり、本マグロ入りとか、金粉入りとか、牛肉入りとか、恵方巻きの範疇を越えた「類似商品」が多いのが気になります。そういうものは1本1,980円とか、法外な値の為相手にもされていません。 今年の節分は出先で恵方巻きを買いました。一本380円の恵方巻きが閉店間際の投げ売りで半額で購入。ついでに430円のエビ入りの巻き寿しも半額で購入。恵方巻きは質素で良いのです。空腹も満たされ、下手に高いだけの類似商品を買うより、よっぽど福を頂いたような気がします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の食事 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1215-93c20ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)