名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

熊野灘最後の渡し船・須賀利巡航船3
DSCN0502_convert_20130211043951_20130318002246.jpg
 2012年9月29日に行ってきました、三重県尾鷲市の須賀利巡航船特集の3回目です。
 遂に須賀利巡航船の出航時刻がやってきました。15:50の出航10分ほど前から乗船開始。地元の人らしき人は1人だけで、残りはカメラを首からぶら下げた同業者ばかりです。さっさと乗船すると、桟橋に乗客の姿は無し。港にも人気が無い有様でした。
 須賀利に行くのは実は2度目です。初めて行ったのは2005年6月2日。当時、郵便局巡りに熱中しており、その聖地として名高い奈良県上北山村にあった「東の川簡易郵便局」へ行くため、名古屋から夜通しレンタカーで爆走したのですが、尾鷲から東の川への近道だった国道425号線が土砂崩れで通行止めとなってしまい、この郵便局を訪ねるために尾鷲から熊野市・下北山村経由で2時間半以上かけて迂回する他に手段がなく、一筆書きルートによる探索にこだわった末に訪問を断念し、東紀州地方の郵便局巡りにテーマを変更した際に立ち寄った郵便局の一つでした。海山町から山を越えて須賀利に入ったところは覚えているのですが、どんな郵便局だったか、どんな街だったかは良く覚えていません。当時、須賀利がすごい集落だったということ知らなかったのです。
 当時と異なり、今回は事前情報を得た上で須賀利へ乗り込んでいますので、非常に興味津々です。
KIMG1465_convert_20130330105820.jpg
 15:50、定刻通りに須賀利巡航船は尾鷲港を出港しました。巡航船の廃止が報じられてから、週末には1便当たり20名程度の利用があったそうです。しかし、この日は最後の運航日にも関わらず、台風接近のため帰りの交通障害を恐れたのか、本当に寂しい最終日となりました。
 乗客はカメラを手に持つ同業者ばかりですので、狭い船内を縦横無尽に歩き回りシャッターを押しまくります。なかには、船長さん・助手さんの表情を撮影する人も。普段、こんなことは絶対に無いでしょうから、さぞ困惑されたことでしょう。私は小心者ですので、正面からの撮影は自粛しましたが。
 巡航船は2人乗務。船長さんは68歳。中学卒業後、カツオ船に乗り込み太平洋を駆け巡り、ハマチ養殖業を経て1995年から巡航船の船長になり、17年間舵を握ってきました。今回、巡航船の廃止を持って引退されるそうです。
DSCN0510_convert_20130211044101.jpg
 助手の方が乗車券の半券をもぎりに来ます。この方は61歳。本来は行きと帰りで役割分担を交代するそうですが、この日は往復とも同じ体制でした。
 須賀利巡航船は1915年(大正4年)に個人経営の定期船として就航。1982年(昭和57年)に県道が須賀利に到達するまでは、文字通り「地域の生命線」として欠かせない存在となりました。その後、クルマへの移行と過疎化が重なり、利用者が激減。1995年(平成7年)から尾鷲市と須賀利町の共同出資による第三セクター方式になりました。
 しかし、1998年(平成10年)度には年間17,208人の利用がありましたが、2006年(平成18年)には5947人にまで減少し、翌年10月からは日曜日を運休とし、赤字を減らす取り組みを続けながら存続していたのです。
DSCN0514_convert_20130211044738.jpg
 徐々に尾鷲の街並みが遠ざかっていきます。
KIMG1480_convert_20130330110432.jpg
 尾鷲港を出て10分ほど。左手に見える湾の奥の方に集落が見えてきます。アレが須賀利かと思いきや、それは紀北町(旧海山町)の引本港とのこと。実は1970年代は須賀利巡航船は須賀利を拠点に尾鷲~須賀利~引本という航路で双方への往来が可能だったそうです。これが1982年に道路が開通することで陸路での移動が可能になった引本港航路が廃止され、尾鷲港航路だけになったそうです。
DSCN0529_convert_20130211044947.jpg
 船が左に進路を変えると奥にうっすらと集落らしいモノが見え、船はその集落へ向かって進みます。須賀利の集落のようです。
DSCN0532_convert_20130211045048.jpg
 16:12、須賀利港到着。折り返し16:30発の尾鷲港行き最終便となります。たった15分ほど。この短い時間に須賀利の街を大急ぎで回ってみることにしました(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1222-b2bb9223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)