名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!だから、自信をもって、お勧めします!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

熊野灘最後の渡し船・須賀利巡航船4
DSCN0538_convert_20130211045154.jpg
 2012年9月29日に行ってきました、三重県尾鷲市の須賀利巡航船特集の4回目です。今回は尾鷲市須賀利町の模様をお届けします。
 15:50に尾鷲港を出発した須賀利巡航船は、定刻通り16:12に須賀利港到着。巡航船の到着を待っていたかのように、港には須賀利の皆さんが出迎えていました。なぜなら、折り返し16:30発の尾鷲行きが最終。つまり、97年続いた須賀利巡航船の最終便だったからです。地元でのセレモニーは翌日に行われるということで、定期便としては最終便ですが、目立ったイベントもありませんでした。
 船を迎える人。その脇では釣り竿を垂れている人。非常にのどかな風景です。
DSCN0541_convert_20130211045310.jpg
 尾鷲港行き最終便出航まで約15分。殆ど時間無いですが、せっかく来ましたので、大急ぎで須賀利の街を駆け巡ってみることにしました。
DSCN0543_convert_20130211045432.jpg
 須賀利の街は30年前までクルマが入って来れなかっただけのこともあり道は細く、須賀利のメインストリートでさえ、普通車が何とか通れる程度の道幅しかありません。手前右手の建物は銭湯だったそうです。
DSCN0549_convert_20130211045855.jpg
 須賀利には海沿いにしか平地が無いことから、民家約200戸が海から山へびっしり張り付くように立っていますいています。山側へ行くには、すべて階段。須賀利の街を見下ろすために階段を駆け上ります。
DSCN0546_convert_20130211045550.jpg
 須賀利の街と須賀利港の様子。尾鷲市の統計によれば、現在の須賀利の人口は、平成23年4月30日時点で304人とのこと。普段は本当に静かな漁村なのでしょう。過疎の為か雨戸を閉めている家が多いのも気になりました。ただ、休日だけ須賀利に戻ってくるという生活形態の人もいるそうです。この時点で出航8分前。大急ぎで港へ戻ります。
DSCN0551_convert_20130211050035.jpg
 港では小学生が釣りを楽しんでいます。ちなみに須賀利の子どもは、須賀利にあった尾鷲市立の小学校が生徒の減少に伴い休校になってしまったので、現在は山を越えて紀北町の小学校へ通学しているとのことです。
DSCN0552_convert_20130211050334.jpg
 今日の釣果は?とバケツを覗き込むと、あらあら大漁じゃないですか。これなら夕飯に限らず、明日の昼飯ぐらいまで賄えるんじゃないですか!親孝行だね。そして、この須賀利の海が天然の生簀を擁する「宝の海」であるということ。この海をいつまでも守り続けて欲しいものです。
DSCN0555_convert_20130211050212.jpg
 さて、出航時刻ですので船に乗り込みます。乗客は行きより若干少なめの10名ほど。汽笛を鳴らして出航です。2012年9月29日16時30分、97年間続いた熊野灘最後の渡し船・須賀利巡航船尾鷲行き最終便の出航です。
DSCN0559_convert_20130211050505.jpg
 船は静かに須賀利港を離れて行きました。乗客は地元の人は皆無。全国から集まった同業者ばかりです。しかし、須賀利の人達は見ず知らずの旅人に向かって手を振って見送って下さいました。須賀利から尾鷲へ向かう巡航船はもう出ません。そして、これだけの観光客が須賀利を訪れることも今後は無いかと思います。
 須賀利巡航船の廃止、それは須賀利地区にとって大きな節目になると思います。感動的な風景が展開するとともに、須賀利地区が今後どうなってしまうのか、巡航船の廃止は地元須賀利地区の住民が住民投票によって選択したものとはいえ、今後の行方が気になってしまいました。
 そして、尾鷲港での最後のセレモニーを見届けることになります(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1226-856526e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)