名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江南市・曼陀羅寺の藤棚
DSCN2475_convert_20130506142449.jpg
 4月某日、愛知県江南市の曼陀羅寺(まんだらじ)の藤まつりを見に行きました。ここの藤棚がローカルニュースで何度も取り上げられていましたので、どうしても気になりまして。名古屋から名鉄犬山線で江南駅まで行き、江南団地行きバスに乗り換えて現地到着です。所要時間約1時間。
 現地に駐車場が少なく、江南市があらかじめ郊外に駐車場を確保しシャトルバスを運行していたことから、渋滞らしいものも無く、スムーズに行くことができました。
DSCN2479_convert_20130506142520.jpg
 曼陀羅寺は西山浄土宗の古刹で、尾北地方における最も格式の高い霊場なのだそうです。寺域は1,300坪、檜皮葺の正堂を中心に庫裏、大書院、小書院、曼陀羅堂、地蔵堂、鐘楼、宝蔵、続いて中門、南門(矢来門)が甍を連ねています。山内にはさらに塔頭の8か寺があり、尾張徳川藩より寺領231石余りを給地されていた名残りをとどめています。
 1329年(元徳元年)後醍醐天皇の命により、天真乗運を開山として創建されたと伝えられ、かつては円福寺と称していたのですが1462年(寛正3年)に現在の寺号になったそうです。現存する正堂は1632年(寛永9年)に当地出身で、後に徳島藩祖となった蜂須賀家政(小六)によって再興されたものとのこと。
 当日は本堂にも入ることができ、別料金(500円)で普段は非公開にしている秘仏を見ることもできました。
DSCN2501_convert_20130506155802.jpg
 曼陀羅寺の周りに更に寺が隣接しており、その寺も庭園の管理が見事でした。では、本丸の藤棚へ行ってみます。
DSCN2494_convert_20130506155741.jpg
 藤棚は藤の甘い匂いに包まれていました。園内には12種類約60本の藤が植えられており、早咲きのモノ・遅咲きのモノ、色も紫・紅・白も様々。房の長く優雅な花房や短く可憐なもの、そして八重咲きのものと、多種多様な藤が色鮮やかに咲き誇り、藤の甘い香りを楽しみながら癒されます。
 藤まつりの歴史は、昭和の戦後復興が落ち着いた1953年(昭和28年)に境内を藤の名所にしようと地元の人が思い立ったことに始まります。1958年(昭和33年)に藤棚が完成。1966年(昭和41年)に第1回藤まつり開催。1970年(昭和45年)に境内約43,000㎡(13,000坪)の内、約10,000㎡を提供し、江南市は曼陀羅寺公園として整備。その後愛知県の協力も受け、更に隣接地3000㎡を購入。屋外ステージも併設する公園として1986年(昭和61年)に完成し、現在に至っているそうです。
DSCN2490_convert_20130506153621.jpg
 最近、歳のせいでしょうか。花を見て「きれい」と思う感覚がようやく分かってきた気がします。
KIMG7683_convert_20130518182359.jpg
 藤同様に多種多様だったのは露店商。今回の藤まつりで特に印象に残ったのは、こちら。「この方角に南天の木を植えなさい」「ここに〇〇を置いてはならない」って感じで、延々と風水の話を聞かせてくれます。「今帰っていった方、本人の前で言えなかったけど、○○で…」とか、人を引き付ける話法は相当なベテランさんですね。口上が名人芸のレベルで聞き惚れていますと、あっという間に30分近くが経過。一体、この人は何を売るつもりなのかと思いきや、最後に風水の本を1冊2,000円で売るというオチ。
 ここの事情までは説明しつくせないから、あとは本を読んでねということらしい。本に専用の相談用紙が挟んであって、何かあれば1回限りで相談無料だそうで、見物人が続々と買い求めていました。人生を変えたいと思うことがあります。結構単純かつ簡単な心がけ一つで道が拓いていくものです。それを実現させるために一歩踏み出すことができるかどうか、それを信じるか信じないかは個々の自由。
KIMG7682_convert_20130518182013.jpg
 いろんな発見がありました。一見の価値ありです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1239-fd321447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。