名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東海のリニア新幹線中間駅構想1
KIMG7958_convert_20130528002527.jpg
 JR東海が岐阜県中津川市・長野県飯田市付近・山梨県甲府市付近に設置を計画しているリニア中央新幹線の中間駅の概要とイメージ図を公開しました(画像は2013年5月14日中日新聞朝刊より)。
 JR東海は「大胆に効率性と機能性を徹底して追求したコンパクトな駅」がテーマなようで、リニアを全車指定席の事前予約制として、駅には切符の販売スペースや営業専任駅員を置かない方針。更に駅の出入口は1ヶ所のみ。高架構造で長さ約1km・幅50mのホームと地上とは、階段とエスカレーター・エレベーターでつなぐ。1階には出入口とトイレを設けるだけで物販所や観光案内所などは置かず、地元負担で整備できるようにするとのことです。
KIMG8027_convert_20130528002445.jpg
 私の正直な感想は「殺風景」「国鉄末期の鉄建公団のセンス」「JR東海の嫌々感が滲み出ている」という感じです。ただ、同時にJR東海がこれまでの論調から若干譲歩した印象も持ちました(画像は2013年5月14日岐阜新聞朝刊より)。
 これまでJR東海は「東京~名古屋間に中間駅は設けない」「中間駅の設置は沿線自治体の全額負担」という、エゴむき出しも甚だしい方針で、これに利用者や沿線自治体、更には政府からもボコボコの袋叩きに遭って、「JR東海全額負担による中間駅設置」という方針に軌道修正した経緯がありました。JR東海は中間駅を造らない方針でしたから、嫌々飲んだ状況で中間駅の概要を発表しただけでも、まずは一歩前進と言えるのではないでしょうか。
KIMG8028_convert_20130528002350.jpg
 確かにJR東海の方針にはカチンとくる部分はあります。駅に切符販売スペースを設けないのは、中間駅利用者の利便性を大きく損なうという批判が出るのが、ある程度予想されます。ただ、「交差する在来線の駅係員に在来線窓口で新幹線の販売業務をしてもらう」手も残されており、そうすれば切符販売も可能になります。
 現時点で東海道新幹線では「エクスプレス予約(新幹線インターネット予約システム)」が、利用者の軸となるビジネスマンを中心に浸透しています。また、ここ数年で鉄道ICカードが全国で普及し、今年3月にはJRと一部の私鉄・地下鉄で共通化も実現しました。開通する予定の2025年にはネット予約やICカードの普及が更に進み、チケットレス化とシームレス化は更に進むことでしょう。新幹線でも自動券売機での購入が一般的になり、駅の「みどりの窓口」で並ぶ必要も無くなりつつあります。JR東海の見解はその頃を見据えているのでしょう。
 だったら、JR東海はリニアと交差する飯田線や身延線でも全線でICカード対応させろという話になりますが、現在でも在来線での導入に消極的で、飯田線の豊川・新城付近や伊那・駒ケ根付近でICカード客とのトラブルが瀕発している惨状を放置しているところ、非常に不安な要素ではあります。また、事故や天災で運休等の事態が発生した場合、モニター監視による遠隔放送だけで利用者の動揺を裁き切れるかは大いに疑問です。岐阜県中津川で「関東地方天候不良のため運転見合わせ」と言われても、東京の天候がどうかと聞かれても在来線の駅員がサッと答えられるとは思えず、トラブル発生時の情報伝達が異常なほど下手なJR東海の体質的問題から不安を払拭できません。今後、修正が行われることを期待しましょう。
 ただ、中津川市は今回の発表を好意的に見ているようです(画像は2013年5月14日岐阜新聞朝刊より)。まぁ、駅設置が決定しただけで儲けモノですからね。JR東海にモノを言える状況でないというのが正直なところなのでしょう。物販は設けないとはいえ、高架下ではなく駅周辺に造ってしまえばいいわけで、地元では既にいろいろ水面下で動き始めているようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1242-a787c079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。