名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

InterFM、名古屋で免許申請
 昨年秋に飛び込んできた名古屋の新FMラジオ局構想。その内容について、弊ブログでも以前に取り上げました。
【参考】弊ブログ
名古屋に新FMラジオ局誕生か?(2012/11/05)

 その後の動きについての情報が全くなかったのですが、総務省HPによると、今年の平成25年5月1日から平成25年7月31日までの間、電波法の規定に基づく再免許申請及び新たな免許申請を受け付けたところ、
>名古屋地区を中心とする外国語放送を行う超短波放送の新たな免許申請を除き、全て再免許申請でした。
という文言があり、東京のInter FM(エフエムインターウェーブ)が名古屋でのFM放送局開局に向けて、免許申請していたことが明らかになりました。
【参考】
総務省ホームページより
総務省|地上基幹放送局の免許の有効期間満了に伴う再免許申請及び新たな免許申請の受付結果より。

 昨年秋の報道通り、今年春の免許申請は予定通り行われていたようです。とりあえず、2014年春の開局に向けて動きがあることは確定しました。既に局の位置や送信所の位置などの検討も水面下で進められているかと思います。名古屋のメディアが一切取り上げなかったのは非常に気になりますが、これはInter FMの公式発表待ちなのかもしれません。
 メディアの選択肢を失うという、稀有な経験をした東海地方の特にラジオリスナーに、このニュースはどう響いているのでしょうか?私は昨年秋の記事で「本当に免許申請したら騒いでやろう」なんて書きましたが、既にあのメディア・RADIO-i(愛知国際放送)を失って約3年。その間にもラジオの世界は激変続き。果たして新局を待望するラジオリスナーがどれだけいるのか、そんな不安すら感じています。
 名古屋人は「堅実」なんてイメージが強いようですが、一方で熱しやすくて冷めやすい一面があって、一度失敗した物事についての風当たりは非常に厳しいところがあります。名古屋人的経営論では、最近はやりの「リベンジ」なんて並大抵の気持ちじゃできません。「それ見たことか」なんて言わせないためにも、今回の再上陸は絶対に失敗が許されない、不退転の覚悟で挑んでほしいと思います。
 騒ぐのは、もう少し先にしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

連休前にこの記事を他のブログで知りました。
去年の名古屋への進出発表後から今年の8月まで続報がなかったので「やはり申請されなかったか」と思っていましたが、何と本当に申請してしまいましたね!さあ、今後どうなるのかわからないですが、経営していく事ができるのか?が一番の課題になりますね。

現在、ラジオやテレビ業界は経営が厳しく、中には何とか存続てきている局もあるほどです。最近は音楽プレーヤーの普及、インターネットで世界のラジオを簡単に聴ける事から、普通のラジオを必要としない人(特に若者)が多いです。そんな時代に新たなラジオ局(しかも一度潰れたMeganet局)を復活とはInterFMも凄い事をしてくれたと思います。開局後リスナーが増えるか、スポンサーがつくのか色々と心配もあります。特に名古屋はFMよりもAMリスナーが多いような感じがします。周りはCBCや東海ラジオを聴いている人が多く、FMは殆どないです。関西、関東方面はFM人気だと聞いたことあります。

確かに最近のFMは音楽よりも喋りばかりでDJが勝手に楽しんでいる感じが否定できなくて聞かなくなりました。喋りばかりならAMの方がいい!となってしまうのでしょうかね?最近はAMも若者向けの番組が多かったり、楽しめる番組が増えている感じです。特に車の中ではトークやニュース、交通情報などを多く流すAMの方が合っているのかもしれないと友達も言ってました。

気になるのが送信所の場所と周波数です。周波数は同じ79.5MHzを使うのでしょうけど、送信所は東山タワー?テレビ塔?三国山に再度建設?色々と予想は出来ます。これも近いうちに発表があるでしょう。とりあえず10月に予備免許交付されるのでそれ以降に発表かもしれません。

番組内容は果たして?InterFMがそのまま流れる感じか名古屋の番組が殆どか、それとも深夜帯はRADIO-i時代と同じアフターダークやジャーニーを流すのか?同時にInterFMの番組も含まれるのか、色々考えられます。

何にしても2度目の挑戦ですから、2度目の失敗は許されないですね。免許申請されたという事は、今後放送を行っていきますということですから、2度目の失敗や万が一開局にまで至ることが出来なかった場合、InterFMは他メディアにまで激しく責められてしまうかもしれません。責任は重大ですからInterFMも去年の名古屋へ進出発表から現在の期間、いろんな作戦を練って何としてでも失敗させない方法でもあるのでしょう、そう信じたいです。放送のプロですから、流石に開局至らずや2度目の失敗はInterFMにとっても大きな負担になってしまうでしょう。厳しい言い方をすれば、InterFMもそれだけの覚悟はあっての申請だったのですよ。

来年春、名古屋に新たなFM放送の電波が飛んでいる事を願いたいです。
【2013/08/28 20:26】 URL | miyaby #- [ 編集]

ラジオ番組
こんばんは。新しい局が開局しても放送の内容が同じなら、つボイさんの番組やぎふラジオ音番のように奴隷リスナーをかこうだけになるのでは?
【2013/08/28 22:12】 URL | ビフォ #- [ 編集]

度々すみません
①連続します。InterFMはコメントの方も言うように東京からそのまま放送するか、独自の番組もあるのかわかりませんが、落ち着く番組もやってほしい。FMの番組でも番組の身近にいるリスナーだけ特別扱いというのが、残念ながら見受けられました。これはFM.AM民放.NHK関係なくです。その中で顕著はつボイノリオさんの[聞けば聞くほど]ですが、番組批判の人達は常連視聴者を批判する向きがありますが、常連より問題なのは、しっかり書いて投稿する人をつボイさんなりスタッフなり、番組が切り捨てていることが非常に問題です。
【2013/09/06 19:34】 URL | ビフォ #- [ 編集]

度々すみません
②正月特番をとばしたのも、そういう視聴者の投稿を覆い隠して先送りにするためです。コーナーコーナーが浮いていて、常連批判をかわすために連続読みは止めても、同じリスナーの名前がコーナーをとんで採用されているのは聞けば聞くほど事実です。常連リスナーを安全弁枠としてキープしておけば、何かあってもこの安全弁枠だけ確保しておけばいいようにしてあるのです。宣伝が多くなったのはダンピングなのでしょうか。広隆堂さんは何か情報ないですか。
【2013/09/06 19:35】 URL | ビフォ #- [ 編集]

度々すみません
③番組のリスナー集会も、始めの頃はラジオ感.リスナー集会らしさがありましたが、今は集会ビジネスになっていて、その集会に来ているリスナーだけに放送している状況です。そのへんから奴隷と敢えて言いましたが、ゾンビかもしれません。いっそお金で採用権を買うシステムにしたらいかがか。ラジオ番組より広隆堂さんのようなブログの方が面白いので、更新待っております。批評も遠慮なく下さい。
【2013/09/06 19:36】 URL | ビフォ #- [ 編集]


速報!名古屋地区の外国語FM再開局へ前進!
inter fm へ予備免許交付へ。
http://rengo-tsushin.com/modules/broadcasting/
【2013/10/15 11:26】 URL | もっさん #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/10/22 04:38】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1251-8bc0b83d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。