名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニーグループの電子マネー「ユニコ」研究
uniko.png
 11月21日よりユニーグループが自社グループ内の電子マネー「uniko(ユニコ)カード」を発行し、アピタ・ピアゴ・ユーホームの直営売場での利用が始まりました。アピタ・ピアゴ・ユーホームの228店舗で利用可能らしいです。
 既にWEB上など各所で話題になっているのは、「電子マネー」と謳いながらセブンアンドアイホールディングスの「nanaco」やイオングループの「waon」のような非接触型ではなく、1世代前のプリペイド型磁気型電子マネーを導入したということです。流通では西友で導入実績がありますが、ほとんど話題にもなりませんでした。デビットカードもこの類型ですが、いまや話題にもなりませんね。
 これを「今更、磁気型で電子マネーと名乗るとは」「田舎企業のユニーらしさ」「他チェーン追随目的だけの行為」「unikoからiを取れば、unkoカード」などと揶揄する論調も一部で見られます。
 しかし、ユニーグループは非接触型電子マネー導入については、コンビニ業界では異例の速さでサークルKサンクスで「Edy」を導入し、その後アピタ・ピアゴ等でも導入した実績があり、Edyを搭載した「カルワザクラブ」という独自のカードを発行しています。電子マネーについてのユニーグループの取り組みは、流通業界では先駆者ともいえます。
 そのユニーグループが電子マネーuniko(以後、ユニコと略します)を、なぜ1世代前の磁気型にしたのかは大きな疑問ですが、中日新聞報道によれば導入に100億円もの予算をかけているそうで、そこにユニーグループの良く言えば「したたかさ」、悪く言えば「思想の貧しさ」がハッキリと見えてきます。そこを読んでいけば、ユニーの考え方が見えてきそうです。

 それでは、ユニコの概要に迫ります。
・事前に現金をチャージ(限度額50,000円)して利用する。
・カードでのチャージはUCSカードを含め、一切不可。
・店内でのチャージ機以外でチャージは不可。レジでも非対応。
・200円(税込)の買い物ごとに「ユニコポイント」が1ポイント貯まる。
・500ポイント貯まると、自動的に500円分の電子マネーが還元される。
・ボーナスポイント商品や毎月第2日曜日2倍ポイントデーの設定あり。
・5%オフ感謝デーや特別感謝デーでユニコ支払いで割引が受けられる。
・ユニーグループ以外での互換性一切なし。
・来年秋にサークルKサンクスでも導入予定。

 面白いのは、ユニコ決済をする場合は、一度店員に「ユニコ」を渡す必要があること。デビットカードと同じシステムです。もし、レジ店員のミスでカード残金全額など過剰にお金を引いてしまった場合はどうするのでしょうね。
 また、電子マネーを使うに当たって重要なチャージ機が1台しかない店舗が多く、ユニーグループが本気でこの事業に取り組んでいるのか疑わしい一面もあります。
 気になるのは、ユニーグループのハウスカード「UCSカード」客にもユニコ移行を促している点。これまで、カード会員にはカードを提示しクレジット決済でなく現金決済も可能にし、更に5%オフなど割引も適用する懐の強さを持っていました。これには東海地方独特の現金主義者の多さから、クレジット決済が伸びないと予想した当時の予測が影響しています。
 今回、ユニーグループは上得意客のカード会員に対し、現金支払いによる割引制度を廃止し、ユニコの利用で5%オフを保証することで無理矢理ユニコを持たせようとするところに、一部の既存会員から困惑の声が出ているようです。

 ユニーグループはこういうことを平然とする傾向がある企業体で、かつても東海地方で十分に浸透していた「ユニー」と「ユーストア」を無理矢理合併させて「ピアゴ」に名称変更して消費者を混乱に陥らせた事を思い出します。

【参考】弊ブログ「昔の名前で出ていますピアゴ改名初日」(2009.02.21)
http://kouryudo.blog61.fc2.com/blog-entry-315.html

 結局、「ピアゴ」という名称がなかなか普及せず、近年開店・改築した店舗では「UNY」と目立つところにロゴを啓示せねばならないほどの体たらくぶり。

 「垢抜けない」こんなところに、名古屋の企業らしさを感じずにいられません。ただ、この「ユニコ」にはユニーらしいしたたかさを感じる部分があります。
 その最たるものはユニーが「ユニコ」を壮大な集金システムにしていることです。電子マネーはデポジット料金(=預り金)を運用する話は有名ですね。しかし、その相互利用化の進行は導入企業間での金銭のやり取りをより煩雑にしつつあります。一方、「ユニコ」には互換性がないため、集まったデポジット料金(100円)に限らず、チャージされたお金も基本的に自社グループ企業に集まる、極めて合理的なシステムになっています。その方針は普通の囲い込みのレベルではないのです。
 2014年秋には全国のサークルK・サンクスでも利用できるようになり、ユニーでは2013年2月度末までに会員数90万人、5年後の2018年には会員数430万人、カード利用率55%を目指すそうです。しかし、イオングループのwaonに比べポイントとしても魅力が薄いので、もう少し手を加えてもらわないと「使えないカード」になるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1256-b6eb83d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。