名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インターエフエムなごや」始動
 弊ブログでもこれまで何度も取り上げてきました、名古屋の新外国FM放送局の話題。総務省が10月25日に11月1日付で予備免許を交付することが明らかとなり、新FMラジオ局の概要が明らかになりました。

 愛称は「エフエムインターウエーブなごや」。周波数はRADIO-iと同じ79.5MHz、出力5kw。試験放送は来年2月頃より、本放送は4月からの予定とのことです。スタジオなどを置く「演奏所」は名古屋市瑞穂区北原町。瑞穂区役所から西へ5分ほど歩いたところ。下町の空気が強い、庶民的な住宅街に設置されるようです。
 送信所は名古屋市昭和区の中京テレビ脇にある「東山タワー」。受信可能範囲は「名古屋市および瀬戸市、豊田市、岡崎市、常滑市、豊橋市を含む中京圏地域」とのことですが、出力10KWのZIP-FMやFM AICHIに比べ、受信可能エリアは狭くなるとみられます。「radiko」に参加すればエリアの問題は解消できますが、東海3県にradikoを展開するためには月額40万円の費用がかかるそうで(以前、ZIP-FM関係者の話として、中日新聞が報じました)、超省コスト放送局になると思しき新局が負担に耐えられるのかという疑問も残ります。開局当初はRADIO-iの様に豊橋・浜松に中継局を設けない模様です。
interfmnagoya_convert_20131109222933.gif
(画像は総務省ホームページより抜粋)

 あとは番組編成に注目が行きます。超省コスト局として展開するはずですので、自社制作よりは東京の番組を垂れ流す公算が高いと思われますが、3年半前にラジオの選択肢を失った屈辱からラジオ難民を救済してくれる放送局として、半年後に再び名古屋で歩んでくれる新局。これまで冷ややかでしたが、そろそろ期待をし始めようかと思います。

【参考】
総務省・名古屋地区における外国語超短波放送局の予備免許
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/25/1025-2.html
木下グループ・名古屋地区における外国語超短波放送の予備免許取得に関するお知らせ
http://www.kinoshita-group.co.jp/news_all/2013/10/25_093928.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント
御無沙汰しております。
久しぶりに投稿します。
まずは御転職おめでとうございます。新しい仕事には慣れましたでしょうか。
これからの益々の御発展を心よりお祈りします。

さて、本題に入ります。
InterFM名古屋局が遂に動き出しました。予備免許の交付に演奏所・送信所の決定と、基本となる部分は固まりました。多分スタジオ設置の工事も始まっているでしょうし、あとは試験放送に本放送の開始と、期待が高まります。
しかし、RADIO-iと同じ5kwながら東山タワーからの発射とは驚きましたね。本当は嘗てRADIO-iが使用していた三国山頂上近くの送信所を使えれば良かったのですが、既に撤去されてしまいました。東山タワーから送信されている既存の3局は皆10kwですから、この辺りをどうするのでしょうか。送信の方法に何か一工夫するのでしょうか。また、中継局についても経営が軌道に乗るような事があれば設置するかもしれませんが、その場合は細かく設置したりしてね。
それから演奏所ですが、栄とか名駅といった中心部ではなく、そこから少し外れた場所に設置するとは。この近辺には学校も多いですね。この演奏所の位置には木下工務店の名古屋支店があり、どうやらこの建物の中に演奏所が設置されるようです(勿論木下工務店はInterFMの親会社です)。これも超省コスト放送局化の一環なのでしょう。ネットで拾った情報によりますと、既に看板も立っているそうですよ。
あとは番組編成ですが、多分東京の番組が中心でニュースとか天気予報・交通情報が名古屋向けに差し替えになると思います。名古屋ローカルの番組はそんなに多くないでしょう。

民間放送局が違うエリアで放送を展開するというのは、初めての事と思われます。この試みが上手くいけば、それに追随する所も出てくるかもしれません。
これからもInterFMは、今までに無い画期的な手法で展開をしてくるでしょう。
これからの動きに注目したいと思います。
ピーター・バラカンさん。宜しく頼みますよ。
【2013/11/10 09:47】 URL | massan #t2LN9IJ6 [ 編集]

送りっ放しで放送
広隆堂さん、ご迷惑ならばコメントは全て消去して下さい。僅かばかりですが、参加させて頂きありがとう。基本、放送というものは、コマーシャリズムに圧された送り放しでしょう。オリンピック狂乱.伊勢政権利用.山本バッシングと、放送はかなりまずい状況になっています。いいとも終了にみるように、カリスマの役割が終わり、存在を脅かすということで山本太郎バッシングというのはやはり放送はおかしい。山本太郎バッシングをするなら、民放連会長の言動を批判すべきだからです。ミスリードしかできていないようです。そもそも放送は、悪意がなくとも嘘をつかねばならないパラドックスがあります。それだけで既に偽装だからです。自分はつボイさんの番組批判をしましたが、その他の番組でもそういうことがありましたし、他の視聴者がそういうことになったことも聴いていました。録音データもあり、照合できます。しかし放送業界というのは、権力と業界しかみていません。だから番組批判さえ意味がもうないのかもしれません。只、インターネットの場所が、番組批判をした番組と同じになったらやはり放送以上に意味がなくなるのかもしれません。
バラカンさんかあ。FM愛知イベントで見に行ったのがも
【2013/11/11 22:34】 URL | ビフォ #Fdx4t77Y [ 編集]

続.送り放しで放送
続※もう何十年前かなあ。あの頃に比べると、INTERFMもいささかパワーは落ちるけど、やはりそれでも期待したいねえ。

広隆堂さん、ご迷惑おかけしました。及ばずながら、影ながら拝見しております。
【2013/11/11 22:47】 URL | ビフォ #- [ 編集]

資本関係
Inter FMなごやが開局するのですね。東京のInter FMは現在、木下工務店が筆頭株主ですが、以前はテレビ東京が筆頭株主でした。Inter FMなごやの本社スタジオは木下工務店名古屋支店内になるのですね。Inter FMなごやの資本金は木下工務店、テレビ愛知、中日新聞、日本経済新聞が中心になると思います。
【2013/11/20 07:26】 URL | ラムレーズン #xVp5WdKA [ 編集]


広隆堂さん皆さん、お願いします。ギフチャンですが、番組が視聴者をもうちょい大事にしてくれればと思っていましたが、堀江前社長の辞任問題で、杉山会長は辞任となりましたが、ギフチャン会長は続ける見通しらしいのですが、辞めないといけません。これらの問題で、社内や財界からおかしいのでは?と反発が出ているとのことですが、広隆堂さんや皆さんのような深い視聴者にしてみれば、やはりラジオ番組等にそれが数年前から出始めていました。オカダさんはすーさんと言っていたが、メディアの私物化をこれ以上一緒に進めてはいけないと思います。すーさんはテレビには出るべきではないと思いますが、疑問点として、こうなってしまう以前に財界にしろ、特に社内で杉山氏のワンマンを止めるべきであったと思います。まあ、でももうだめかなあ岐阜放送。
【2013/12/14 17:21】 URL | ビフォ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1257-3602d04f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。