名古屋・広隆堂ブログ
名古屋から発信する、少し偏った情報と管理人の徒然なる平凡な日記。乗り物・旅・名古屋の情報・時事ネタ・テレビ・ラジオを中心にあれこれ思うことを書き綴ります!がんばろう、日本!がんばろう、東北!そして、がんばろう、自分。
広隆堂厳選!!一品入魂!!

すべて、実際に購入して試したものばかり!自信があるから、お勧めできます!Produced by 楽天市場

広隆堂 twitter 支店

最新の情報をつぶやいています。フォロー・ツイート大歓迎!!

FC2カウンター

最近の記事

プロフィール

広隆堂(こうりゅうどう)

Author:広隆堂(こうりゅうどう)
FC2ブログへようこそ!
1976年10月26日名古屋市千種区生まれ。小学校卒業まで名古屋で暮らし、中学・高校時代を岐阜の山奥で過ごす。都会へあこがれ、大学卒業後、名古屋へ舞い戻る。乗り物と旅行、そして中日ドラゴンズを心から愛する。
 子どもの頃からモノ集めに凝っていたが、最近はポイント集めに凝っており、特に航空会社(ANA・JAL)のマイル集めに熱中している。
 人と同じ事をするのが苦手。協調性が無いせいもあって集団で浮きやすい。できないことを無理にするのは疲れるので、典型的なオレ流・ワンマンだとよく言われながら、迷惑をかけないように好き勝手にやっています。
【「広隆堂」の由来】
 「こうりゅうどう」と読んでください。名前は本名の姓名から一字ずつ頂き、人が集う意味のある字「堂」を加えたものです。コミュニケーションの場として活性化されることを願って名付けました。古臭い名前ですが、本人はかなり真剣に考えて付けました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過矯正
 私、視力0.1未満の近眼でメガネ歴約20年になります。先日、酔った弾みで転んだようで、レンズに傷が入ってしまいました。外回りをする身として、傷がハッキリ見えるメガネで仕事ができません。今のフレーム「999.9(フォーナインズ)」は気に入っているので、「フレームはそのままでレンズだけ交換希望」という条件でメガネ店を訪ねることにしました。
 ところが、レンズ交換だけとなると売上に直結しないのか、チェーン系を中心に嫌がる店舗が多いのに驚き。また、引き受けたとしてもレンズ2枚で5,000~18,000円と店舗により料金格差があることが判明しました。メガネって、使う者にとっては生活必需品なんですよ。その修理でここまで差が出るのはどうかしてます。
 メガネ業界も自転車業界と同じで、競争激化の末に粗製乱造・売りっ放しでアフターケアの弱い店が多い構図は同じで、修理などアフターサービスで稼ぐ視点が欠落している業界ですね。
 そこで、お店の場所やレンズの取り寄せで納品まで時間のかかる・かからないなど諸条件を考慮し、レンズ2枚7,500円の店で決定。
yjimage2.jpg
 では、視力検査に挑みます。メガネを使わない方向けに、画像を用いて説明しましょう。まず、最も良い視力を出すにはどの程度の度数が必要か、屈折度数の計測します。数値に若干の誤差が出るので、通常2~3回繰り返して計測します。
yjimage.jpg
 はじめは絵がボケて見えているのですが、徐々にクッキリ見えてきます。その時の度数が適正な数値なのですが、やや強めに出ることが多いようです。結果はレシートのような紙に印字されて出てきます。
 ここで店員さんの表情が曇りました。その時は理由はよく分かりませんでしたが、後に理由が判明します。
yjimageCAHBBYT0.jpg
 次に、この機械で細かい部分まで計測を行います。
132_02.gif
 左の画像はレンズをあてがい、赤が明るく見えると近視、緑が明るく見えると遠視気味となります。そして、右手の放物線がどれも同じように見えるかの確認。私はいつもこれが苦手です。

 店員さんがポツリと一言。

「過矯正です。」

 店員さんはあらかじめ私のメガネのレンズを見て度数を調べており、その数値との誤差の大きさで判断したそうです。つまり、これまでのレンズは度数が強すぎたとうこと。最近、スマホをいじる際に目が疲れることが多く、裸眼で触っていると「もう老眼ですか?」などと周囲から言われることもあり、最近少し困っていたのですが謎が解けました。
 レンズの度数は強くすればよく見えるかといえば決してそうではありません。度数が弱いとよく見えませんが、逆に強すぎてもよく見えないのです。他人のメガネを借りても、よく見えないのはそのためです。その塩梅を調べて自分の状態に最も適した度数を設定せねばなりません。
 店員さんのアドバイスで、これまでの近視の度数-4.75Dから2段階下の-4.25Dのレンズに変更。レンズの度数を下げたのに矯正視力は逆に上がり、2m用の視力検査で0.8はおろか1.2までしっかり見えたのは、ちょっとした感動モノでした。これまで、1.0が見えるのがやっとでしたから。ただ、矯正視力1.2ではパソコンなどのデスクワークで目が疲れるので、近視はもう1段階弱い-4.00D、乱視の方も1段階弱い-0.25Dでレンズを決定しました。 その後の経過は良好。悩んでいた頭痛の発生頻度も少し減るなど、副産物も出ています。

 視力測定はたまにはすべきなのでしょう。しかし、メガネ店の店員はベッタリ接客する人が多く売り込もうとする気配がミエミエで非常に苦手なので行きたくないと思っていました。ただ、今回のように相談の出来る店員に出会えることができれば、そのイメージを変えることができるのかもしれません。メガネ店へのイメージを改める良い機会となりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:メガネ・サングラス - ジャンル:ファッション・ブランド

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouryudo.blog61.fc2.com/tb.php/1258-62125ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。